英語の別れ際の挨拶はとりあえず Have a good day → You tooで攻めろ!




英語の別れ際の挨拶は何がおすすめ??

どうも、Kenです。夢、記録してます。

 

英会話でよく使う表現としてあげられるのが

別れ際の挨拶

だと思います。

英会話は人と会って話すことで生じて、さらに話が終わって別れると同時に英会話が終了することになります。

そのため、英会話において大事になってくるのが、

いかに心地よく別れ際のさようなら

ということなのです。

 

そんな 英語の別れの挨拶の表現は、

  • Good bye!
  • See you!
  • Take care!

などなどいっぱいあると思いますが、僕がおすすめしているのが

Have a good day!

You too!

という会話のセットです。

Have a good day! で

「良い一日を!」

と別れを告げ、さらにそう言われたほうが

「お前もな!(You too!)」

と返す会話のセットになってます。

つまり、もし、相手にHave a good day!を先出しされたらYou too!と返せばいいわけです。

 

これさえ覚えておけば、別れ際がかなりスムーズに、しかも若干かっこよく終わることができるので非常におすすめで、まず最初に覚えておきたい英会話表現です。

 

ぼく自身、何も英語が話せないままアメリカ留学に行った時に、一番最初に覚えたのがこの表現でした。

アメリカの現地の人々も、アメリカに留学してきている留学生たちもこの表現を多用していたのです。

この表現が使われる現場を目の当たりにしすぎて、ぼくも彼らを真似てこの表現を使いまくりました。

多分1日20回ぐらいは使っていたんじゃないですかね笑 嫌でも覚える英会話表現でした。

 

 

なぜ、 Have a good day → You tooがおすすめなのか?

なぜ別れ際の挨拶ががオススメなのでしょうか??

それには次の3つの理由があります。

 

別れの挨拶がお互い被らない

一つ目の理由としてはお互いに使う別れの挨拶の表現が被らないということでしょう。

Have a good day!

と片方がいったら、もう片方は

You too!

と返しますので、お互いの表現が見事に被りません。

 

もし、 別れの挨拶で、

Goodbye!

と言ってしまうと、相手もGoodbye!と言うしかないので、お互いの表現が被る被る。

そのため相手の切り返し表現が確定しているHave a good day! を使ってやると、相手も答えやすく、しかも自分と被らない表現で打ち返してくれるので英会話がスムーズに行くと思います。

 

2人で完成させる挨拶である

2つ目の理由としては、自分だけで完結しない「不完全さ」を持っている表現だということです。

1人がHave a good day! と言っても別れの挨拶が完結せず、

相手が間髪入れず

You too!

と返して別れの挨拶が完成するという感じです。

言ってしまえばこれは「あうんの呼吸」。相手が「あ」といったら「うん」、こっちが「あ」と言ったら相手が「うん」と返してくれるのです。

共同作業的な面もある挨拶なのでコミュニケーションの深みが違います。

 

時間帯によって表現を変えられる

Have a good day! という表現は時間帯によって表現を変えられます。

例えば、夜に別れ際の挨拶をするならば、dayをnightに変えて

Have a good night!

といえばいいですし、まさに寝る寸前に別れることになりましたら、

Have a good sleep!

と言えばいいのです。

また、休日前に別れる時には

Have a good holiday!

と言ってみることも可能です。

 

このように、Have a good day! は

「相手がこれから何をするのか??」を想像して表現を変えてやると幅が広がりますので、それだけで

英語話せるぞ感

を醸し出せます。

 

 

英語の別れの挨拶はHave a good dayからのYou tooで攻めよう

とまあこんな感じで、

Have a good day!

You too!

という別れの挨拶の流れさえ押さえてしまえばオッケー。

別れ際にはこの表現を多用していけばいいので、去り際の不安が軽減されて、英会話のハードルがものすごく下がるはずです。

まずはこの別れの挨拶から練習してみましょう!

 

 

Have a good day!

Ken

コメントを残す