【英文法基礎】名詞・動詞・形容詞・副詞とは一体何者か?




名詞・動詞・形容詞・副詞とかよくわからん

どうも、Kenです。ポストまで、ダッシュしました。

 

英文法を最初に勉強する方が知るべきものとしては、

  • 名詞
  • 動詞
  • 形容詞
  • 副詞

という四つの種類の単語の違いだと思います。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

英文法を勉強していく中でもっともこの四つの種類の単語がよく登場して、新しく習う文法を説明する際にもこの四つの単語がキーワードとなってきます。

そのためまずはこの4種類の単語の基礎を抑えようではありませんか。

 

名詞・動詞・形容詞・副詞とは??

まず大前提として英語の文章は名詞・動詞・形容詞・副詞などの単語が組み合わさってできます。

英語の文は一種の「舞台」だと思っていいでしょう。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

この舞台の上で何か物体が動いたり、言いたいことを言ったり、概念を表したり、考え方を伝えたりできるわけですね。

そんでよくこの舞台に出てくる登場人物として、

  • 名詞
  • 動詞
  • 形容詞
  • 副詞

という奴らがいるわけです。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

 

名詞

まず一番大事になってくるのが「名詞」というやつです。

名詞とは「人や物や事をさらに概念などを表す単語」でして、これは舞台における登場人物のようなものですね。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

ロミオとジュリエットという舞台ならロミオやジュリエット、リア王ならばリア王というわけです。

この「名詞」というキャラクターが英語の文という舞台で何をするのか?

ということを決めていくのがこれから出てくる動詞の役割になってきます。まずは登場人物を舞台に設置するところから始めましょう。

 

動詞

先ほど設置した名詞という主人公がどういう動きをするのか??

ということを表すのが動詞の役割です。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

例えば、名詞が動いたり、名詞の状態を表したり、過去にあったことを表したり、などなどをいろんな動きを動詞でつけられるわけですね。

大原則として覚えて欲しいのが、

基本的に英語の文章において動詞は英語の一つの文において1つ

ということ。

複数動詞がある例外もありますが、この大原則は最も大事になってくるので覚えておきましょう。

 

形容詞

続いて、名詞を具体的にももっと深く描写できるのが形容詞の役割ですね。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

文法用語で言うと「名詞を修飾する単語」が形容詞というわけです。

例えば「りんご」という名詞があった時、このりんごがどういうりんごなのかをあらわせるのが形容詞。

「大きいりんご」のか「小さいりんご」のかそれとも「腐ってるりんご」なのか??

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

これらの、りんごの前につけた

  • 大きい
  • 小さい
  • 腐ってる

は全て形容詞。なぜなら、「りんご」という「名詞」をもっと詳しく描写して表現してくれているからですね。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

形容詞は別に英語の文章において必要ではなく、つけたかったらつけるものです。

何か表現したいことがありましたら必要に応じて名詞につけるような感じになります。

 

副詞

続いて副詞です。

今度は名詞ではなく、名詞以外の単語(形容詞、動詞など)をもっと細かく伝えることができるのが副詞の役割ですね。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

文法的に言うと「名詞以外を修飾するのが副詞」というわけです。

例えば「走る」という動詞があったとしましょう。

この「走る」という動詞を副詞を使ってあげれば、例えば、

速く走る

とか

遅く走る

とか「どのように走っているのか」をより細かく説明してくれてるわけです。

英語 名詞 動詞 形容詞 副詞

それが副詞の役割。

 

さあ、名詞・動詞・形容詞・副詞を使っていこう

ここまでで「名詞・動詞・形容詞・副詞」のイメージはついたでしょうか??

最後に復習しておくと、名詞は「物や事概念などを表す英単語」で英語の文においてキャラクターのような登場人物のようなもの。

動詞は英語の1つの文に必ず1つ入っていて、2つあったり3つあったりしてはいけないのが特徴。

さらに形容詞は「名詞をより具体的に細くを表してくれる単語」、

名詞以外の単語(動詞、形容詞など)を細かく表してくれるのが副詞となっています。

英文法を勉強する上での4つの種類の単語はの理解は必須なので今のうちにマスターしておきましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す