在日韓国人一家の生き様の描いた「Pachinko」は洋書の多読におすすめ




Pachinkoという洋書を読んでみた

どうも、Kenです。タケ、伸ばしてます。

 

毎朝、起きてから一番初めに読む文は「英語」

という日課を続けていて、キンドルペーパーホワイトで洋書を読むのが日課になっています。

先日、半年間にも及ぶ継続的な朝読書の結果、

Pachinko

という小説を読破しました。

朝にちょくちょく読み続けて、多分6ヶ月ぐらいかかったと思いますね笑 意外にも壮絶なストーリーでやっと読めた・・・・

今日はせっかくなのでこのPachinkoという小説の概要、あらすじ、さらに感想などを簡単に書いておきます。

 

Pachinkoとはどんな小説なのか??

このPachinkoという小説は、アメリカの韓国系の小説家 Min Jin Leeさんによって書かれたものです。

2017年の National BOOK awards for Fiction という賞でファイナリストに残ったほどの実績があるようでして、確かなんかのニュースでちらっと見かけたのをきっかけにこの本を知ることになりました。

お話は、

在日韓国人の一家の生き様

が描かれているストーリー。

時代は太平洋戦争前から1990年から2000年ぐらいまでの物語を壮大なスケールで描いています。

英語が比較的簡単で読みやすく、さらに日本が舞台になっていますので、情景などが想像しやすいのが良かったですね。

 

Pachinkoのあらすじ

簡単にPachinkoという小説のえあらすじに触れておきましょう。

時代は1930年代だったと思います。

まだ朝鮮半島が大日本帝国の植民地だった時代。

 

韓国のとある村にSunjaという少女が生まれました。

SunjaはBoarding Houseという肉体労働者が宿泊する施設を母親とともに切り盛りしていて、かなり貧しい生活を送っていました。

そこに、Hansuという韓国の金融業を営むリッチな男性が現れます。

そのHansuはSunjaを好きになってしまい、アプローチしてついに結ばれてしまいます。

しかも、Hansuの子供を身ごもってしまったのです。

 

しかしながら、このHansuという男は結婚済み。

日本に家族が既にいるらしく、Sunjaを愛人として迎えようとしました。

しかし、Sunjaはその道を選ぶと一生恥ものとして生きなければならなそうだったので、それを拒否。それ以降、Hansuと会うことはありませんでした。

 

そこへ、Isakと言う良い家庭で育った 牧師の青年がBoarding Houseにやってきました。ただ、体が少し弱く、病気を持っていて血を吐いたりしていました。

そのIsakはSunjaを見ると、彼女が妊娠していることに気づき、Sunjaの母親に

「自分が結婚することでSunjaが恥ものになることを阻止したいんだ」

と願いでました。

 

そのため、Sunjaはこの病気のIsakという若者と結婚することになり、彼らはより良い仕事がある日本へ移住することにしました。

日本にはIsakの叔父とその妻がいたので、彼らのもとに身を寄せることに。

・・・・続く

 

とまあこんな感じでストーリーが進んでいくのですが、SunjaとIsakが日本に移り住んだ後太平洋戦争が始まり、彼らが住んでいた大阪が空襲にあって大変なことになったりしたのですが、・・・・・

もうここから先は読んでください笑

 

では、

なぜ、小説のタイトルがPachinkoなのか??

それはSunjaとHansuの子供が産まれ、さらにSunjaとIsakの子供も生まれ、その子供たちが大人になった時にタイトルに納得します。

この韓国で生まれて日本で育った一家の歴史が小説とともに刻まれていくことになります。

 

小説Pachinkoを読んだ感想

という感じで、太平洋戦争の前後を通して在日韓国人となった一家の生き様が描かれています。

なぜ、在日韓国人と言う人が生まれるようになったのか??

という経緯と、あとは終戦後の今も受け続けている日本での不遇などがめちゃくちゃリアルに描かれています。

日本に生きるものとして、今も残り続ける問題に対し、ストーリーで向き合うことができたのはすごい良い機会だったと思います。

 

在日韓国人の生き様を描いた小説といえば金城一紀さんの「GO」というものがありますよね?

映画もされたこの小説は、現代に生きる強くてかっこいい在日韓国人の主人公が恋したりする話なのですが、あくまでもストーリーは現代のみ焦点を当てています。

しかし、このPachinkoという小説はもっと長いスケールで在日韓国人の生き様を描いているので、またGOとは違う視点で楽しめると思います。

この小説は割と簡単な英語で書いてくれていて、かつ、舞台が日本と韓国で身近なので想像しやすいので多読に向いていますね。

英語の多読教材を探している方はぜひ読んでみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す