10年続けてわかった!英語の多読を継続するための4つのやり方・コツ




英語の多読のやり方・コツって??

どうも、Kenです。弁当、入手予定です。

 

英語力アップの勉強方法として王道なのが「英語の多読」というやつです。

「多読」とは文字通り多くの洋書を読む行為でありまして、英語の文章を読み続けるとリーディング力がアップすることはもちろん、読解力が上がるのでリスニング力も同時に向上することが知られています。

「英語耳」の著者として知られる松澤さんも英語の発音をマスターした後に他得をすることをすすめており、

読書の効果は語彙と理解力が得られるだけではありません。リスニング自体にもよい影響があるのです

といってますね。

 

ある程度、発音力を身につけて英語聞き取れるようになってきたら、後はたくさんの洋書を多読するだけ。

そして、多読を継続することで英語の英語の文章の理解力を上げていくことができるのです。

今日は朝の多読の習慣を続けて10年ぐらいになるぼくが、

英語の多読のやり方・続けるコツなどをまとめておこうと思います。

 

 

10年続けてわかった!英語の多読のやり方・コツ

それでは英語の多読の多読のやり方・コツを紹介しましょう。

 

簡単な洋書を読む

多読の洋書をする時に気になるのが、

多読教材の選び方

ですよね?実は多読の教材として選ぶときのコツは1つで、

自分の英語レベルよりも少し簡単に思える本を読める

ということです。具体的なレベルとしては、

たまにわからない単語が出てくるけど、問題なく苦しくなく読める

というレベルですw

 

もし、難しい洋書を選択してしまうと、多読自体の行為が苦しくなったり、多読を続けることができずに辞めてしまうことになってしまいます。

「苦しいことは良いこと」という義務教育の教えを脇においておいて、英語の多読においては、

多読を楽しむ

ということを目指しましょう。

多読を楽しむためには、自分が読んで理解できる本ではなくてはならないので、必然的に自分の英語力よりも少し簡単な程度のレベルの洋書を選択する必要があります。

 

ネイティブ用の書籍を選べ

先ほど簡単な洋書と言いましたが、簡単と言ってもただの簡単ではありません。

ズバリ、

ネイティブ向けの本の中で簡単なもの

を絶対に選んだ方がいいです。

英語を第二外国語として学んでいる人のための洋書(例えば、ペンギンシリーズ、ラダーシリーズなど)がありますがこれはあまりおすすめできません。

なぜなら、

不自然な具合に語彙レベルが調整されていて、ネイティブスピーカーが使う自然な英語を吸収できないと思うからです。

ということで、これらの、

 

を踏まえると、多読に入門に最適な書籍は、

ネイティブの幼児向けの本

ということになります。

 

多読の入門者の方にオススメしているのがルイス・サッチャー氏のMarvin Redpostシリーズです。

こちらはMarvinというえ赤毛の少年の話なのですが、学校でのことであったり、友達と遊んだり、問題を起こしたり、喧嘩したりなどMarvinの日常が描かれています。

シリーズもので1巻から確か7巻まで存在していたと思いますので、まずはマーヴィンシリーズを読破することを目指しましょう。

 

単語はなるべく調べない

英語の多読していると、たまにわからない英単語が出てくることがあると思います。

ぼくがオススメしているのは、

なるべく辞書を使わずに読み続ける

ということです、

わからない英単語が出てくるたびに読書を中断し、辞書で意味を調べたりするのは正直だるいです笑

そういうネガティブな体験を多読に持ち込まないように心がけることが大事だと思っています。

どうしても知りたい単語だけ辞書で調べるようにしましょう。

「それだと英単語力がつかなくないですか?」

と思うかもしれませんが、語彙力をつけるトレーニングは別で行うといいですね。

あくまでも読書と語彙増強を分けて行うと、どちらも挫折せずに継続的に続けられる可能性が高いと思います。

 

後戻り NG

英語の文章を読んでいるとたまに、意味がわからず、

読み進めるのをやめて後戻りし択たくなりますよね?

これは英語の多読においては NG です。

英語の多読で大事なのは、耳から英文を聴くがごとく英文を読んでいくということ。

 

多読がリスニング力アップにも繋がるので、ネイティブと話しているが如く、上から順番に後戻りなしで選んでいく必要があります。

この後戻り NGルールを心がけていると、意味がわからなくても次の文章を読む癖ができますので、これがリスニングで意味が分からなくても気にしないで情報を処理できるようになります。

 

ちょっとずつ読む

英語の多読は1回あたり少しでいいんです。10分でも20分でも自分が苦しくない時間多読するといいです。

多読においてはその「ちょっと」を「長く」継続できるかが英語力アップに繋がってきます。

例えば、1 paragraph ずつでもいいですし、1ページずつでもいいですし、とにかく少しでもいいので同じことを毎日続けているとそれが習慣化となり、多読が苦にならないと思います。

 

毎日同じ時間帯に多読

これも多読を習慣化させるためのコツなのですが、

英語の本を読む時間帯を毎日固定して習慣化させると継続しやすくなります。

ぼくの場合、毎朝起きてから一番初めに目にする文章を英語にする、というルールで多読をしており、

朝起きてから頭が覚醒してくるまでの10分から20分、洋書を毎日多読するようにしています。

このように決まった時間に多読の時間を作っておくと、毎日考えずに、歯磨きをするがごとく多読できるようになるでしょう。

 

多読にはKindle がおすすめ

英語の多読をするためには、

  • 洋書を購入する
  • 英単語わからないところを辞書で引く
  • 登場人物を整理する

などなどの必要が出てきますのでちょっとめんどくさいです。

そういった多読に必要なことはすべて、

Kindle ペーパーホワイトという電子端末1台できちゃいます。

 

詳しくは「キンドルペーパーホワイトが英語学習に向いている理由」という記事を参考にしていただきたいのですが、 Kindle を使えばええこれらすべての機能を網羅できます。

英語の多読をしたいという方はまず Kindle Paperwhiteを手に入れるところから始めてみるといいかもしれません笑

 

さあ、英語の多読を始めてみよう

以上が英語の多読のやり方、継続するコツでした。

 

英語の多読を習慣ができて、長期間続けていると、

英文の起伏が見えるようになっています笑

これはぼくだけなのかもしれませんが、バラバラに見える英単語たちがいくつかの塊で認識できるようになってきて、それぞれの単語に高低差が見えてくるようになります。

このレベルに達すると、英語の洋書を読むことが楽しくなり、また英語の文章の組み合わせがロジカルであるということを感じ、英文を読解する喜びなどを感じ始めると思います。

また、多読は英語力アップに繋がることはもちろんですが、

英語の本を原文のまま読める

というメリットもあります。

翻訳本を読むこととはまた違った体験になりますので、是非英語の多読を習慣化し、リーディング力・リスニング力を鍛えていきましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す