【徹底検証】スリランカで英語はどのくらい通じるのか??




スリランカって英語通じるの??

どうも、Kenです。ゴキジェット、稼動しました。

 

スリランカ旅行に行く時に気になるのが、

スリランカでどれくらい英語が通じるのか??

ということですよね。

スリランカ 英語 通じる

日頃から勉強して勉強している英語が役に立って、スリランカ旅行が楽しくなればいいですし、逆に、英語が通じなければなんとかしてボディーラングイッチを駆使しながら死に物狂いで旅行しなければなりません。

今日は実際にスリランカに旅行に行ってきた僕が

スリランカでは英語は通じるのか??

ということを実体験をもとにしながらを紹介していきます。

 

 

スリランカの言語事情の概要

まずはスリランカの言語事情を振り返ってみましょう。

スリランカの歩き方によると、スリランカの言語は、

インド・アーリア系のシンハラ語、ドラヴィダ系のタミル語が公用語。都市部では英語もかなり通用する

と書かれています。

民族構成比率を見てみると、

  • シンハラ人:72.9%
  • タミル人:18%
  • ムスリム:8%

となっていて、マジョリティがシンハラ語を話すシンハラ人、その次にタミル語を話すタミル人となっているわけですね。

したがって、シンハラ語とタミル語がスリランカの公用語と言っても過言ではないでしょう。

ただ、スリランカでは英語が第3の公用語として使われているためか、街の看板には

  • シンハラ語
  • タミル語
  • 英語

がありました。

スリランカ 英語 通じる

新聞も英語で書かれていますし、

スリランカ 英語 通じる

実際にスリランカ旅行に行ってみてほとんどの人が英語が堪能でした。

英語が話せなかったのはホテルの警備員の方とかたまに見かける程度でしたからね。

英語で喋りかけても拒否感などは全く示さず、当たり前のように受けれいてくれます。

 

実際にスリランカで英語はどのくらい通じたのか??

ただし、スリランカで話されている英語はやはりスリランカ訛りがあります。

アメリカ英語で英語を勉強した人がスリランカで英語を使うと、

一方通行のコミュニケーションになることが多いと思います。

 

これはどういうことかというと、

自分が言っていることは理解してもらえるけど、相手が入っていることはちょっとよくわからない

ということです。

 

スリランカの方は英語は独特のアクセントを持ち、なおかつ、日本語と同じように母音 を強く発音する傾向にあります。

そのため、彼らの英語は何か日本語を喋っているかのように聞こえてしまうこともあります。

 

例えば、僕が入ったコーヒーショップ店でのこと。

アメリカンコーヒーを注文した時に店員さんが

「おっとこ?」

とつぶやいたように聞こえました。

母音をはっきりと発音し、アクセント強くなかったのでまさに日本語のように聞こえました。

日本語の「男」と聞こえてしまいました。

日本人だと見破られ、さらに、男性を僕に紹介してしようとしているのではないか??

とよくわからないシチュエーションに笑

いや、しかし、そんな闇取引は街中のコーヒーショップでおこなわれるはずがなかったので

「Sorry??」

と聞き返してみると、どうやら

「Hot or Cold?」

と行っていたようでした。

確かのこのフレーズの母音を強めに発音すると「おっとこ」のように聞こえてしまうかもしれないな・・・・と。

 

このように、スリランカ旅行中は

ぼくの質問や発言に対して理解を示してくれるものの、相手の言ってることがよくわからない

という一方通行になってしまうケースが多々ありました。

おそらくスリランカの人々はありとあらゆるパターンの English を吸収してコミュニケーションしてきたので、日本人の英語にも対応できたのかと思います。

一方、ぼくは初めてスリランカの方の英語に触れたので、聞き取るのがなかなか困難でしたね。いや、これはぼくのリスニング力不足なのかもしれません笑

 

ただ、やはり英語での数字表記などはほぼ全てのスリランカの人々が知っていたので

買い物での価格交渉、移動手段の確保は楽だったと思います。

このようにスリランカでは英語が通じますので、常日頃から英語力を鍛えてスリランカ旅行に備えておきましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す