TOEIC L&Rで900点を超えるためにやった6つのこと・勉強法




やっとTOEIC L&Rで900点をこえられた!

どうも、Kenです。サービスランチ、一丁。

 

TOEIC を受験するものならば一度は達成してみたい TOEIC 900点超え。

学生の頃からこれまで何回か TOEIC を受験してきましたが、900点の壁を越えられずくすぶり続けていましたが、ようやくギリギリ900点を超えることができました。

2018年6月24日の TOEIC L & R の試験で

915点

をマークし、ようやく堂々とTOEIC900点スコアラーとして胸を張れるようになりました。

toeic 900点 勉強法

その後の7月29日のテストでも安定して915点を獲得できたので、900点ぐらいの力はゲットできたのじゃないかなと思ってます。

toeic 900点 勉強法

2018年に受験した3月から7月まで4回 TOEIC を受験して次のようなスコア推移になっています↓

日付 リスニング リーディング 合計スコア
2018/3/11 455 430 885
2018/5/20 455 400 855
2018/6/24 490 425 915
2018/7/29 495 420 915

TOEIC 自体の勉強は特にしておらず、しようと思ったけれども一夜漬けでできなかった経験もありました笑

今日はTOEIC 自体の勉強をしていないのになぜ900点を超えられたのか?ということをまとめてみました。

僕がその900点を超えるためにやった勉強法というか、やったことをお伝えできればと思います。

 

 

TOEIC L&Rで900点を超えるためにやった6つのこと

今となって振り返ってみると、次の6つのことがTOEIC900点ごえに繋がっているんじゃないかと思います。

 

その1. ビジネスパーソンになった

トイックは

ビジネス環境で使われる英語能力の試験

でありますので、もちろん試験の英語も会社や実生活で生きて行くために使う英語が出てきます。

学生の頃もTOEICを受けてきましたが、900点を超えられませんでした。

おそらくその理由としては、

ビジネスパーソンではなかった

ということが挙げられます。

 

トイックはビジネス場面での英語運用能力を試す英語試験でありますので、一度も社会人として働いたことがないと、その英語が使われる場面というものが存在想像できないのです。

2018年3月に初めて社会人を経て、 TOEIC を受けてみたのですが、全然英語に対するなじみやすさが違いました。

1年半という短い期間でしたが会社で働いたことがありましたので、会社で使われる英語のシーンを実際に想像しやすかったですね。

例えば、

「次のミーティングはどこだっけ?」

「〇〇会社の△ですけどxxさんいますか?」

「次のプロジェクトリーダーはMikeでよかったっけ?」

みたいな英語が流れてくると、そのリアルな活用シーンをイメージできるようになりました笑

冗談を言っているようですが、これは割と真実で、

TOEICのスコアをあげたければ会社で働く経験をするといいと思います。

「えっ、俺、学生だし無理」

という方でも大丈夫。インターンシップなどで会社で働いてみることも昨今可能ですのでぜひ試してみてください。

 

その2. TOEFL iBTを勉強した

6年前ぐらいになりますが、アメリカに留学をしたくて学生の時にTOEFLという英語試験の勉強をしました。

TOEFLはトーイックと異なり、大学などのアカデミックなシーンで使われる英語の試験となります。

実際に TOEFL を受験してみるとわかるのですが、地獄、人によってはPunishment(罰)と表現している方もしました笑

 

正直、肌感覚ですが、

TOEFL は TOEIC の5倍ぐらい難しいテストです。

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能を試される試験で、しかもを全てとビックが大学の授業で行われるような本格的な学術的な内容になっています。

そのため、この地獄のようなテストでスコアをあげるためにもがき苦しむと、

自然と英語能力が向上します笑

 

今振り返ると、TOEFLというテストで苦しい思いをした経験が、TOEICテストの枠を超えて自分の英語力を伸ばすことにつながったのではないかと思います。

さっきのことにもつながりますが、

学生の方はTOEFL の方が取り組みやすいですね。

大学の授業で使われる英語ですので、ビジネス経験は必要なく、アカデミックな内容の英語の試験になります。

内容はクソムズイですが、 TOEIC で伸び悩んでいる方がTOEFLでもがき苦しむとスランプを脱出できるかもしれません。

ぜひ一度TOEFL iBTを受験してみてください。

 

その3. 5年前にした9ヶ月のアメリカ留学

僕は帰国子女でもない純ジャパニーズですが、5年前に9ヶ月間、アメリカのオハイオ州のフィンドレーという小さな村に留学していました。

留学期間は2012年の8月から2013年の5月までの9ヶ月。ちょうど2セメスターですね。

現地のフィンドレー大学というところで英語のクラスに入ったり、現地の自動車ブレーキ工場でインターンシップなどをしていました。

そのため、この留学9ヶ月の留学でより実践的なスピーキング能力を鍛えることができたのはやはり大きい。

英語テストだけでなく、実生活の修羅場を乗り越えた経験がこの TOEIC 900点ごえに貢献していることは間違いないです。

 

その4. 朝英語の習慣を続けることができた

英語はスポーツのようなものでしてやらないと衰えてしまうようものです。

数年前に留学した方がいいですが、何とか英語力をキープしたかったので朝英語の習慣を続けていました。

これはリーディングとリスニング力をキープするためのもので、シンプルに言ってしまうと、

起きて初めに聞くのは英語、読むのも英語

というルールを自分に課したのです。

 

具体的に言うと、まずは起床したらNPR Newsのニュースを数分間聞くようにしています。目をさましてから実際に立ち上がるまでの時間ですね。おそらく10分弱だと思います。

そのポッドキャストを聞いて起き上がり、顔などを洗って椅子に座ると、まず一番最初にするのは英語の小説などを読むことです。

難しい小説ではなく、簡単で子供向けでも読めるような小説ですね。

今僕は「Pachinko」という在日韓国人一家に関する小説を読んでいて、毎日、これをまず読むようにしています。日本語の文章を読む前にですね。

このリーディングとリスニングの朝一番習慣がずっとつけられたので、帰国後も英語力をキープできた要因かもしれません。

 

その5. 洋画を見ている

また僕は映画好きで、特に洋画の映画を見ることにしています。

洋画の映画が好きということもあるのですが、それと同時に英語の勉強のためでもあります。

かと言って特別なことはしておらず、

日本語字幕で英語音声で見ているだけです。これなら映画館だろうが家だろうがどんな洋画だろうが大抵できますからね。

 

日本語字幕が音声よりも割と先に出てくるので、その日本語字幕を見て

「この人こう言うだろうな」

ということを想像して、次の音声を聴く、という感じで見るようにしています。がっつり字幕を見ているのではなく、半分ちらっと字幕を目に入れる感覚です。

このようにある程度リスニング力がついてくると、

映画を見るだけ英語のリスニングや表現の勉強になるのです。

つまり、映画を見るだけで、2時間ぐらいのリスニングをできますね。

 

その6. テスト慣れ

アメリカ留学から帰ってきて5年。

社会人になって3年目に久しぶりに2018年3月11日に TOEIC を受けてきました。

そこから4回連続で TOEIC を受験してきたので、もはや、

TOEIC の受験という行為そのものに慣れた

ということもあります笑

 

例えば 、TOEIC リーディングテストにおける時間の使い方、リスニングのパート3、パート4のリズム(問題文を先読みしてリスニングする)は完全にテスト本番の慣れでマスターしました。

やはり短期間でスコアを上げたければ、トイック試験の本番を経験しまくるのが一番。

浴びるようにTOEICを受験しましょう。

 

TOEIC L&Rの900点をクリアしたので次は満点!

という感じで、なぜ僕がTOEIC900点を突破できたのか、ということをいろんな視点から振り返ってみました。

ここまで来たらやはり目指したいのは、

TOEIC 990点の満点です。

 

僕の現状としてはリスニングが満点近くで、リーディングがまだまだ低くこの4回の受験を経ても全く変化してないのが現状です笑

テストを受ける回によっては、最後のリーディング問題までたどり着けないこともあるので、やはりまだまだ文章問題が苦手なのかもしれません。

TOEIC参考書や問題集でトレーニングして、テクニックというものを身につける必要があるなと痛感しています。

今後はリーディングを中心に勉強時間を割いていきたいと思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Ken Sawai

KENGLISHにて編集・執筆担当。 TOEIC L&R915点、TOEFL iBT94点ぐらいの実力を持つ英語オタク。中高大学で10年英語を勉強しても何も英語が話せなかった経験からアメリカ留学を1年経験。オハイオ州のフィンドレーという土地でコーン畑とともに英語を学び帰国