TOEIC テストの帰り道の混雑を回避する方法




TOEIC テストの帰り道の混雑が疲れるんだけど

どうも、Kenです。毛穴、掃除してます。

 

TOEIC テストの特徴として一つ挙げられるのが、

帰り道がむちゃくちゃ混雑する

ということです。

TOEICは一箇所に大量の受験者を集め、かつ、同時刻に試験が終了するテストになっています。

テストが終了するやいなや、一斉に受験者を放出するので、会場周辺の道、最寄り駅に大量の受験受験者が集まってしまい混雑することがあります。

toeic 試験会場 東大駒場キャンパス

これまでに成蹊大学、東大駒場キャンパス、明治大学など受験者数が多い受験会場では特に混雑が発生してとんでもないカオス状態になっていました。

TOEIC テストで疲れた身体を余計に混雑によって疲弊させてしまうという現象が起こっているのです。

 

TOEIC テストの帰り道の混雑を回避する方法

そんな TOEIC テスト後の混雑を避ける方法としては次の対策があります。

それは帰りの時刻にタイムラグを設けるということですね。

10〜15分ほどでいいので、他の受験者よりも遅く受験会場出たり、最寄駅で時間をずらすと驚くべきことにテストの混雑が避けられるのでテストに疲れてしまった方におすすめの方法です。

 

タイムラグをいつ作るのかという事が問題になってくると思うのですが、主にタイムラグが作れるタイミングがあると思います。

 

試験会場にて

まず一つ目が試験会場現地でタイムラグを発生させるということです。

試験会場に、ラウンジや待合室が設置されている場合に限られるのですが、試験が終わったらその会場で頭10〜15分ほど休むと帰りの混雑を避けることができます。

その間、スマホでインターネットサーフィンしたり瞑想したりテストで疲れた体を癒すことに専念します。

会場から駅までの道のり混雑が避けられ、快適に帰ることができるでしょう。

 

ただし、この方法はベストではありますが、必ずしも実行できるわけでないのが現状です。

ラウンジなどの待合室がなかったり、試験日が日曜日でラウンジが空いていないなどのケースも考えられますからね。

 

駅前のカフェ、ファーストフード店にて

試験会場でタイムラグを作れない場合、駅前のカフェまたファーストフード店を狙って行きましょう。

これらの店舗で飲み物を注文して疲れを癒すと言う方法があります。

この方法は、最寄駅までの道のりは混雑に巻き込まれることになりますが、最寄り駅周辺でタイムラグを設けることにより、 TOEICラッシュによる列車の混雑を避けることができるでしょう。

僕はコストが安めのカフェのドトール、ファーストフード店のマクドナルドでコーヒーまたは紅茶などを注文し、さらに砂糖を入れて TOEIC テストので消費した糖分をここで摂取するようにしています。

駅のホームが人でごった返している場合はこの方法を試してみてくださいね。

 

さあ、TOEICテスト終了後は時間をずらして帰ろう

という感じで、意図的にタイムラグを発生させれば他の受験者と同じ時刻に一斉に帰らなくて済むのでテストで疲れた体を休めることができると思います。

ただし、試験会場にラウンジがなくて、駅前にも珈琲店がないという場合があると思います。

僕も実際、東京大学駒場キャンパスの時にこの状況に陥りました。

 

この時はあえて電車に乗らないで大きな駅(渋谷駅)まで歩くということになってしまったので、やはり何としてで駅前もしくは試験会場において休める場所をを確保したいところですね笑

 

それでは!

Ken

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Ken Sawai

KENGLISHにて編集・執筆担当。 TOEIC L&R915点、TOEFL iBT94点ぐらいの実力を持つ英語オタク。中高大学で10年英語を勉強しても何も英語が話せなかった経験からアメリカ留学を1年経験。オハイオ州のフィンドレーという土地でコーン畑とともに英語を学び帰国