指定できないけどどうにかなる! TOEIC L & R で座席を変更する方法




TOEIC L & R で座席は変更できるの??

ども、Kenです。草原、走ってきました。

 

ビジネスパーソンの間で英語力を測るテストして人気の TOEIC L & R。

もう受けてみたでしょうか??

このテストはリーディングとリスニングによる二部構成になっておりまして、リスニングが50%の配点を締めるのでリスニングで力を発揮できるかがスコアを左右します。

そんな重要なリスニングテストでは試験教室の前方におかれたラジカセから音源が流れてきます。

つまり、教室先頭のラジカセから近い座席の方がリスニング音源を聴きやすいことになるのです。

 

toeic 座席 変更

 

しかしながら、TOEIC試験での席順は完全ランダム。

受験番号ごとに座席が割り振られており、運によって前方になったり後方になったりするのです。

自分でコントロールできないのが現状なので、ぼくら受験者は天に身を委ねるしかありません。

 

そんな中、この前 TOEIC を受験した時に、

座席を変更する

という荒業を可能にした人を目撃しました笑

その人は最終的にラジカセに近い、真ん中、しかも前から2列目のポジションでテストを受けることに成功したのです。

今日は僕が目撃した TOEIC で座席を変更する方法をお忘れないうちにメモしておきます。

 

Step1. 音源のテスト(試運転)で「きこえない」という

12:30で受付が終了し、12時35分ぐらいになるとリスニングの音源が教室全体に聞こえるかどうかの音源テストが行われます。

その際に、TOEIC試験官が

試験官
後ろの方聞こえますか

と尋ねることになります。

ここまでは全てのTOEIC試験会場で共通の流れです。

 

その時に、間髪入れずに、臆せず、

きこえません

と主張しましょう。

ちょっと手をあげるのは恥ずかしいですが、ここはTOEICの座席変更の第一歩になります。

 

Step2. もう一度「きこえない」という

次に音量を変更してもう一度ラジカセの試運転が行われます。

ここでも

試験官
きこえますか

と聞かれますので、ここで再び強気に、

きこえません

と告げると次のフェーズに行くことができます。

 

Step3. 「席を移動しますか?」にYES

2回目のリスニングテストで No を突きつけると、

試験官
座席を移動しますか

と試験官から提案を持ちかけられます。

この時、リスニングテストがきこえなかった受験者は、

TOEICテストを棄権した受験者の席に移動できるのです。

 

TOEICでは完全に受験者が埋まるということは珍しく、ぼくが受験した日もちらほらと席に空きが見られました。

この2回目のリスニングテストにNOを突きつけた受験者の方は棄権した受験者の席の、

前方から2列目の好ポジション

に移動することを許されているようでした。

しかも、

ラジカセのど真ん中。

まさに全てのTOIECerたちが羨む絶好のポジショニングです。

 

ぼくは前方より3列目に座っていたのですが、一番後ろのコンディションの座席からオーバーラップされて、

「こ、この人やるな・・・・」

とちょっと感心したというか、このハングリーさを見習いたいと思った次第です。

 

さあ、TOEICでは諦めずに座席を変更してみよう!

TOEIC の座席は指定されていて変更できないのがデフォルトですが、この方のように、

音源テストにNOを2回叩きつければ棄権したプレイヤーの位置に移動できます。

ただし、やはり会場で目立つことになるので、

度胸

が必要になってくるでしょう。

 

座席変更するときは目立ちますが、ぶっちゃけ、

TOEIC テストが始まってしまえば席移動のことは忘れてしまいます。

みんなテスト問題に必死になりますからね笑

この度胸がある方は TOEIC で座席が1番後ろになってもチャンスに変えることができると思います。

いざという時はこのTOEIC座席変更の裏技を活用してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Ken Sawai

KENGLISHにて編集・執筆担当。 TOEIC L&R915点、TOEFL iBT94点ぐらいの実力を持つ英語オタク。中高大学で10年英語を勉強しても何も英語が話せなかった経験からアメリカ留学を1年経験。オハイオ州のフィンドレーという土地でコーン畑とともに英語を学び帰国