咳でも鼻血でもバッチこい!TOEICのトラブル対応集




TOEIC受験には トラブルはつきもの??

どうも、Kenです。それ、開封済みです。

 

テレビジネスパーソンの英語力を測る英語テスト TOEIC。

かれこれ大学生の頃から今に至るまでたぶん10回ぐらい受けてきたような気がしますが、その10回の受験を経験する中で、

数々のTOEICトラブル

に巻き込まれてきました。

今日はそのTOEICテスト受験で見舞われたトラブルと、そのトラブルをくぐり抜けた解決策を書いておきます。

 

ぼくが遭遇したTOEICのトラブルとその解決策

ってことで、ぼくがこれまで遭遇したTOEICトラブルを紹介していきましょう。

 

リーディング中に鼻血が出た

TOEIC を受験している途中で、鼻血が出てしまったことがありました。

あれは確か僕が大学生だった頃です。

季節は3月で、花粉症の時期の真っ只中でした。

 

僕は重度の花粉症に悩まされていて、 TOEIC の途中で鼻水が垂れてくるのを防ぐため、

テスト前に鼻が通りやすくなる薬

これまでか、というぐらいは鼻に注入してテストに臨みました。

 

その甲斐もあってか、リスニング中は鼻が絶好調で、全然詰まる様子もなければ、鼻水も垂れてきませんでした。あまりにも調子が良すぎて

「今回のTOEICはもらったわ」

とすら思っていました。

 

しかし、リスニングが終わり、リーディングセクションに入ると鼻に異変が!!

何やら、鼻の中を何かが流れてくる気配を感じました。

恐る恐る自分の鼻に手をやってみると、

手が真っ赤に染まっているではありませんか!!

 

英文を読んでいた途中で血を見てしまったので大パニック。

どうしたらいいかわからなかったので、手を上げてテストの試験管に助けを求めたところ、

「うっわ、ちょっと待ってくださいね」

と試験官の方はトイレットペーパーを持ってきてくれました。たぶん、トイレから持ってきてくれたのでしょう。

残りのリーディングテストは、そのトイレットペーパーで鼻を塞ぎながらの受験となりました。

何とか途中リタイアは避けられたものの、鼻を押さえながらのリーディングの回答だったのでなかなかスピードが出ませんでしたね笑

鼻血の原因としては、リーディングで興奮していたこともありますが、やはりテスト前に

花粉症の薬を鼻にさしすぎた

ということなんじゃないかと振り返ります。

鼻の薬の扱いには要注意です。

 

写真サイズがはみ出していた

TOEIC では受験票に証明写真を貼るというタスクが生じますが、僕は大学生の頃ものすごくいい加減な奴だったので、

「まあ、これぐらいだろう・・・・」

と写真サイズをそれほど厳密に合わせずに受験票に貼っていました。

 

TOEIC の写真のルールでは、

横3 cm 縦 4 cm

のサイズで写真を貼らなければなりません。

 

が、僕は若干、そのサイズより1mmぐらいボコッとはみ出していたのです。

この微小な違いなら通せるはず・・・・・

と思っていたところ、これがまさかのNG。

 

TOEICテストが終了し、問題・解答用紙を回収後、解散かなと思って荷物をまとめていたところ、

試験管の方に取り囲まれました。

「あっこの人だ」

「ひっ」

「あなたの写真がサイズが間違っています」

と言われ写真をカットしてもいいですか、という感じで、問いただされることになりました。

教室の中の受験者は、僕の写真サイズミスによって解散できず、周囲から冷たい目線を感じていたことを覚えています。

このように、TOEICの写真サイズは厳密さが求められます。

ちょっと間違うと試験管に取り囲まれることになりますので、厳密に写真サイズは

3x4cm

と守っておきましょう。

 

咳をする人が現れた

TOEIC のリスニングが終わり、リーディングの問題を解いている最中のこと。

リーディングテスト序盤で、

咳をするプレイヤー

が現れました。

定期的な間隔をあけ、耳障りな咳をしてくるではありませんか。

確かあれは6月ぐらいのテスト。

ちょうど春から夏への季節の変わり目でエアコンを使い始めた時だったかもしれません。

この季節の変わり目のテストで多いのが

エアコンが原因で咳をしてしまうプレイヤーです。

 

リーディング中は集中したいのは山々ですが、このような咳をするプレイヤーが現れるとどうも咳に集中力を取られ気が散ってしまうことがあります。

このトラブルはプレイヤーの咳を止めることは不可能なので、

心の持ちようを変えていく必要があります。

咳をしている受験者を見ても、

「わざとやっているのではない。あいつもあいつで辛いんだよ・・・」

と咳をするプレイヤーに逆に同情することで、咳をする人に対して怒らなくなり、そのような慈悲深いマインドを持てば、自然と咳が気にならなくなりました。

 

独り言をいうプレイヤーが現れた

リスニング・リーディングに渡り、

独り言をごにょごにょと喋りながら問題を解くプレイヤーが出現しました。

しかも、ぼくのすぐ後ろ。

 

何を言ってるかさっぱりわからないのですが、確かに何か喋っていて、

なぜか知らないが気になってしまうということがあるでしょう。

 

このような事態に遭遇してしまった時は、

「たぶん、自分も独り言をいっている」

と、自分が独り言をしゃべっていることを疑い、

咳と同じように

「あいつも無意識で独り言を言っていて、悪気はないんだろう。あいつもあいつで辛いかもしれない」

と相手に自覚症状がないということを受け止め、逆に相手に同情しているとその人のことが気にならずテストが受けられるようになると思います。

 

問題用紙を配られた後にトイレに行きたくなった

受験会場によっては、受験前にトイレに長蛇の列が出来ていて、テスト前にトイレで用を達せられないという時があります。

ぼくが受験した会場もその類で、テスト前にトイレに行けずに本番を迎えることになりました。

 

しかし、試験の音のテスト、問題用紙配布、解答用紙に名前アンケートを記入する、という作業を行い徐々に本番が近づいてくると、

緊張のあまりトイレに行きたくなってしまいました。

 

TOEIC 試験では、

12時半で集合受付終わってから途中退室ができない

というルールがありますが、このままではテスト中に漏らしかねなかったので動きました。

手をあげて、試験官を呼び寄せ、

「トイレに行きたい」

と告げると、途中退室できました。

このようにTOEICでは12時半以降でも希望すればトイレに行けますので、勇気を持って試験管に尿意を伝えましょう。

 

TOEICにトラブルはつきもの

以上がこれまで僕が遭遇してきたTOEIC中のトラブルでした。

自分が原因のものから、外部要因まで様々なトラブルが存在していましたね。

ひとつ言っておきたいのは、

TOEIC はトラブルがつきもの

ということです。

トラブルを含めて、世界中のみんなは戦っていますので、

自分一人がトラブルに見舞われたんだ・・・・

とか言って、悲劇のヒロインになっている場合ではありません。

大事なのはトラブルをトラブルとして受け止め、その中でも最善を尽くしてコツコツとマークシートを完成させること、これがTOEICファンたちに求められることでしょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す