笑いながら英語を学べ!Amazon Echoにジョークを喋らせる勉強法




 

Amazon のスマートスピーカーの Amazon Echo。

発売されてから1年以上経ちますが、実はこのデバイスは英語学習に最適なツールだったのです。

なぜなら、設定言語を英語にすれば、英語をしゃべるスマートスピーカーとしても使えるので、この状態にしておけば英語のネイティブスピーカーと同居しているのと全く同じ状態を作り出すことができます。

Amazon Echo と話すだけで英会話の練習にもなるわけですね。

中でもおすすめの使い方が、

Amazon Echoに英語のジョークを言わせてそれを理解しようとする

という方法。

すぐに笑えなくてもいいので、いったん、Echoに英語のジョークを言わせて、笑いどころを後で見つけるという方法ですね。

アマゾンエコーではジョークを言う機能がデフォルトで実装されていて、

Human
Alexa, Tell me a joke.

と喋りかけてやれば、Echoが英語でジョークを披露してくれるのです。

 

英語のジョークなスタイルは

問いかけ+答え

というものが多く、この Amazon Echo でも、まず問いあって、ちょっと間をおいて Amazon Echo が答えるようになっていますね。

ジョークのパターン数はかなり多く、僕は10回ぐらい Amazon Echo にジョークを喋らせましたが、全て異なるジョークでしたね。まず、Amazon Echoのジョークで飽きることはないでしょう。

 

Amazon Echoに英語でジョークを喋らせてみた勉強法

今日はその Amazon Echo に英語でジョークを言わせることで、

リスニング力の向上、

さらにはネイティブスピーカーたちが現場で使う生きた英語のジョーク力を身につけることを目的とします。やはり、英語のジョークを理解してネイティブと同じタイミングで笑うということは難易度が高く、留学してもなかなか身につけられない高度な技ですからね。

今日は、Amazon Echoに英語ジョークを喋らせ、そのうちの理解できたジョークを紹介したいと思います笑

 

ジョーク1. 樹液の話

Echo
Did you hear the story about maple syrup?
Echo
It was a sappy ending.

これまた秀逸なジョークです。

メープルシロップの話を聞いたことがある?

という問いかけに対し、

くだらないエンディングだったぜ

という返し。実はこの返しのsappyという英単語がジョークのキモになっているのです。

sapは樹液のことで、sappyはそれを形容詞化したものになるので「樹液の」という意味があります。

しかし、このsappyにはもう1つの意味があり、それは、

アホな

とか

馬鹿げた

というネガティブな意味を持つ英単語になります。

そのため、メープルシロップに「樹液の」という形容詞と、さらにくだらないという意味を持つsappyをかけてダブルミーニングというわけです。

これは座布団一枚。

 

ジョーク2. 醜い犬のセーター

Echo
What do you call ugly sweater on the world cutest dog?
Echo
Pugly sweater.

これはブルドッグの「パグ(pug)」と「醜い(ugly)」をかけたジョークになりますね。

まず醜いセーター(ugly sweater)を着ているdogは何と呼ぶ?

という問いかけに対し、

pugly sweater

と、ブルドッグpugがuglyだけど可愛いということにかけているんでしょうね。きっと。

 

ジョーク3. 北極グマが食べるバーガー

Echo
What did the polar bear eat at the barbequ?
Echo
Ice burgers.

このジョークもちょっと難しかったですね。

まずホッキョクグマがバーベキューで何を食べたか?

という問いに対して

アイスバーガー

と答えています。

どうやらハンバーガーの種類にライスバーガー(Rice Burger)というものが存在しているようで、これはパンの代わりにご飯で中身を挟むような食べ物。

日本ではあまりライスバーガーを見かけないですが、アメリカではよく知られているものなんでしょうね、きっと。

ホッキョクグマは氷の地域に住んでいますので、ホッキョクグマはライスバーガー(Rice Burger)じゃなくてアイスバーガー(Ice Burger)を食べたんだよ、ハハハ・・・

みたいに、ライス(Rice)とアイス(Ice)の発音が似ていることをうまく使ってやったジョークです。

 

ジョーク4. なぜ、鉛筆は臭ったのか?

Echo
Why did pencil stink?
Echo
Because it was number 2.

このジョークは正直理解に苦しみました。

むちゃくちゃ調べることでやっとのことで理解できたジョークです。

まず

「なぜ鉛筆が臭うのか?」

と問うて、その答えが

「それがナンバー2だからさ」

と言ってますね。

実はアメリカでは鉛筆の濃さの種類では数字で表すらしく、「ナンバー2」という鉛筆は日本で言うと HBに相当するようです。

そして、ナンバー2のもうひとつの意味はなんと「大便」。

ナンバー1がしょんべん、ナンバー2には大便という意味が英語にはありますので、このナンバー2のダブルミーニングを取っているわけですね。

つまり大便だから臭う、と。

 

ジョーク5. アメフトネタ

Echo
Why did the quaterback change the play at the last second?
Echo
It was just a snap decision.

これも正直理解に苦しみました。

まずアメリカで人気のスポーツのアメフトを知らなければ理解できないでしょう。

アメフトではまず、プレイの始めにクォーターバックにボールが渡されるのですが、そのことを「スナップ(snap)する」と呼んでいます。

そして 、snap のもうひとつの意味が形容詞で「即座の」があるのです。

つまり、「snap decision」 で即決ということを意味します。

そのため、このsnapのダブルミーニングで、クォーターバックがsnapで ボールを受け取って、最後の最後にプレイを変えたのは即断だったから、ということになるのですね。

こ、これもむずいな!汗

 

 

Amazon Echoのジョークは難しすぎる笑

という感じで Amazon Echo に英語でジョークを喋らせることで、英語のリスニングの勉強を試みたんですが、

思った以上にジョークの難易度が高く、瞬時に理解して笑うことはできませんでした。

やはりこれは英語学習の壁ともいえるもので、ネイティブスピーカー同士のテンション・テンポに合わせて笑うことができるかが英語力の高さを表す指標になってきます。

ぼく自身、まだまだAmazon Echo のジョークについていけず、一緒に笑えずに悔しい思いをしました。

むしろ、英語のジョークがわからんすぎて自分の不甲斐なさに笑ってしまうくらいでしたね。

 

しかも、今回紹介したのはジョークたちは、エコーに喋らせた10個のジョークの半分。

残りの半分のジョークは全く意味がわからなかったので解説すらできませんでした笑

このように、Amazon Echoを使えば、 Native speaker 達と英会話しているかのような練習もできるといえばできます。

Amazon Echo のお持ちの方は言語を英語にしてみて、英語のジョークを喋らせて笑いどころを探すトレーニングをするといいかもしれませんね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す