【英文法基礎】be動詞とは一体何者なのか??




be動詞とは一体何者??

こんにちは!この記事を書いているKenだよ。滑って、きたね。

 

英語を勉強すると最初に出てくるのが

be動詞

だね。

「be動詞」とは簡単にいうと、

イコール(=)の意味を持つ動詞のこと

 

[A] + be動詞 + [C]

とすると、

 

 

[A] = [C]

という意味になって、

 

 

[A] は [C] です

という文を作れるわけだ。

 

 

例えば、「ジュディは美しいです」という文を作りたいなら、イコール関係にしたい

  • ジュディ(Judy)
  • 美しい(beautiful)

をbe動詞「is」で挟むんだ。

 

 

Judy is beautiful.

としてやれば、「ジュディは美しい」という英文ができるのさ。

 

 

これがbe動詞の使い方だよ。

 

 

なぜ be動詞が必要なのか?

でもでもでも、ちょっと待って。

別にbe動詞なくてもいいんじゃないか

って思わない??

 

確かに、be動詞抜きで、

Judy beautiful.

という英文を作っても、

「あっ、ジュディって美しいんだな」

と意味が通じるかもしれない。

 

ただし、これは英文法の世界では間違いになるんだ。

なぜなら、英文法の超基本ルールである、

1文に動詞は必ず1つ必要

に反するからなんだ。

 

 

さっき作ってみた

Judy beautiful.

には「動詞」がない。

あるのは「名詞」のJudyと、「形容詞」のbeautifulのみ。

動詞がどこにも見当たらないぜ?

 

 

英文として成立させるため、be動詞という「動詞」をぶち込んで、

Judy is beautiful.

とすれば万事解決。

英文の超基本原則を守り抜いているわけだ。

 

 

今後、英語文法を勉強するにあたって、

1文に動詞は1つ必要

という大ルールは何回も出てくる。

覚えておくといいね。

 

be動詞を使うときは「意味」を知ることも大事だけど、

なぜbe動詞が必要なのか?

という「be動詞の存在理由」までしっくりしておこう。

 

そんじゃねー

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す