【レビュー】ビジネス洋書「Bullshit Jobs」を読んでみた感想




ビジネス洋書「Bullshit Jobs」を読んでみた!

先日「Bullshit Jobs」という洋書を読了しました。

 

読もうと思ったきっかけは、確か橘玲さんのどっかの本を読んでいた時です。

「最近、本当は役に立たない仕事が増えてきている」

みたいな話が出てきて、参考図書で「Bullshit Jobs」が挙げられていたのです。(ちょっと記憶があやふや笑)

 

2019年4月4日から朝読書でちまちま読み続けること8ヶ月。

12月の初旬にやっと読破したのです。

紙だと347ページでなかなか読み応えがありました。

あと、理解が難しい箇所もあって時間がかかったのかもしれません。

 

 

Bullshit Jobsとはどんな本?

簡単にこの本を紹介します。

タイトルになっている「Bullshit Jobs」とは一体どんな「Job」なんでしょうかね?

「Bullshit Jobs」は書籍内で次のように定義されています。

a bullshit job is a form of paid employment that is so completely pointless, unnecessary, or pernicious that even the employee cannot justify its existence even though, as part of the conditions of employment, the employee feels obliged to pretend that this is not the case.

Graeber, David. Bullshit Jobs (pp.9-10). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

日本語にすると、

意義がないけど給料が貰える仕事で、

かつ、

本人がその仕事の存在を正当化できないもので、

かつ、

労働者自身はそんなことない、と知らないふりをして働いている

というJobです。

2文字で略して「BS」と呼ばれることがあるようです。

 

Bullshit Jobsの定義によると、ヒットマン(hit man)の仕事はBSではないようです。

なぜなら、ヒットマン自身が、密かに自分の仕事の無意味さを認めませんから。

The hit man is not personally convinced his job should not exist.

Graeber, David. Bullshit Jobs (p.8). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

 

本の中で、BSの例として、

  • 人事コンサルタント(HR consultants)
  • コミュニケーションコーディネーター(communications coordinator)
  • 広報研究者(PR researcher)
  • ファイナンシャルストラトジスト(financial strategist)
  • 企業弁護士(cooperate lawer)

などが挙がっていました。

Everyone is familiar with those sort of jobs that don’t seem, to the outsider, to really do much of anything: HR consultants, communications coordinators, PR researchers, financial strategists, corporate lawyers, or the sort of people (very familiar in academic contexts) who spend their time staffing committees that discuss the problem of unnecessary committees.

Graeber, David. Bullshit Jobs (p.xiii). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

こういう肩書きって日本の会社にもありそうw

また「社会の役に立っている度数」が仕事ごとに数値化されているパートも笑ってしまいました。

researchers +9

schoolteachers +1

engineers +.2

consultants and IT professionals 0

lawyers –.2

advertisers and marketing professionals –.3

managers –.8

financial sector –1.5

Graeber, David. Bullshit Jobs (pp.210-211). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

僕自身、以前インターネット広告会社で働いていたので、「advertisers and marketing professionals」でした。

今振り返ってみれば、かつての仕事はBullshit Jobだったと感じます。

ウェブ広告は基本的に好ましくないものです。

広告を無理やり人々のスマートフォンやパソコンに表示させて飯を食っていたのです。

仕事内容に後ろめたさを感じて、仕事の意義を疑ったことは何度かありました。

でも、社内にそんなことを言っている人はいません(新入社員以外)。

みんな必死に仕事の意義を正当化し、気付かないふりをしているようでありました。

 

著者がBullshit Jobsの繁殖で警鐘を鳴らしているのが、

本当に社会に役立っている「評価されるべき仕事」に対価が払われていないこと。

現実は、BSであるほど高給取りになっているのです。

そして、BSをしている労働者の精神を食い荒らし、精神衛生上良くないのだとか。

They are forms of spiritual violence directed at the essence of what it means to be a human being.

Graeber, David. Bullshit Jobs (p.134). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

 

昨今、仕事で精神を崩す人が増えてきているのは、もしかしたらBullshit Jobsが蔓延してきているからかもしれません。

給料の額も大事ですが、仕事の「意義」が失われるのは良くないことです。

Even in relatively benign office environments, the lack of a sense of purpose eats away at people.

Graeber, David. Bullshit Jobs (p.123). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

 

このBS現象の一因として、著者は、

サービス業の台頭をあげます。

Since the 1980s, all conversations on changes in the structure of employment have had to begin with an acknowledgment that the overall global trend, especially in rich countries, has been for a steady decline in farming and manufacturing, and a steady increase in something called “services.”

Graeber, David. Bullshit Jobs (p.147). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

農業、工業など第1次・第2次セクターから、謎の「サービス業」という第3次セクターに従事する労働力が増えているのだとか。

その結果、金融業、広告会社などが発展してきたのです。

 

うーん、とまあ、こんな感じ。

語彙はそれほど難しくありません。

ただ、経済や歴史の深い話も出てきて、知識のバックグラウンドがないとついていけないところがちょくちょくありました。

ビジネス洋書にチャレンジしたい方に、Bullshit Jobsはおすすめです。

ぜひ挑戦してみてください。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す