勉強するきっかけになった!英語が話せなくて悔しかった3つの体験談




英語を学び始めるにはきっかけが必須

どうも、Kenです。飴、仕入れます。

 

英語を勉強するためには何かしら「きっかけ」が必要ですよね??

仕事で必要になったり、好きな人が英語しか話せなかったり、誰かを見返してやりたかったり・・・などなど。

何かしらのハプニングが起きなければ英語を勉強することはないでしょう。

 

僕自身、今では留学を経験したこともあって、英語にはある程度自信が出てきました。

自己満足できるレベルまで達し、TOEICテストでは念願の900点を超えられました。

そんなぼくは、なぜ英語の勉強を始めたのかというと、

高校生時代に英語が話せなくて悔しい経験があったからなのです。

その屈辱をバネに、大学でも英語を勉強し、さらに留学をしたいと思うようになりました。

今日はその英語が話せなかった悔しい体験を起床直後に思い出したので書いておきます。

 

英語が話せなくて悔しかった3つの体験談

ぼくの体験した英語が話せなかった経験は次の3つ。

 

eighteenしか話せなかった事件

僕が最初に英語を話したのは高校3年生の時です。

山の上にある高校に通っていたため、農業の授業があり、いつも通り先生と畑を耕していました。

その時、不意に、

米国からの留学生の集団が畑にやってきたのです。

英会話クラブが国際交流のために連れてきたのかもしれません。

 

畑を見ながらフラフラとしていた留学生のうちの一人が、手にしていたビデオカメラをぼくに向けて、

「How old are you?」

と農作業中のぼくにたずねてきました。

 

人生で初めて日本語が通じない相手に話しかけられたので、かなり戸惑った覚えてますね。

その結果、口をついてでできた言葉は

Eighteen

という1単語。

 

その後に何も言葉が出てこず、苦笑いしかできず、初めての英語のコミュニケーションは終了しました。

中学生の頃から英語が得意で、文法問題は敵なし状態だったのですが、英会話はまさにゴミレベル。

eighteenの1単語を呟いて息切れしていました。

こんなにも話せなくて、焦って、一単語しか喋れない、という悔しい経験をして、

「英文法だけ勉強しても話せないんじゃないか・・・・」

と悟ったのでした。

 

北京での筆談交流

さらに、高校3年生の時に修学旅行があり、行き先はなぜか北京。

現地の高校生達と国際交流させられることになり、北京の高校生と一対一で話す機会を強制的にすべての生徒が持たされました。

当時は英語が話せず、聞き取れず、あちらの言ってることが全然わからなかったので、お願いして

紙に英語を書いて筆談でコミュニケーションをしていました。

あちらは話せるのに、こちらは話せないので筆談

というかなり不甲斐ない状況。

ほんと、これ、やばいだろ・・・・

 

ふと、自分の英会話力のやばさを自覚して周囲を見渡してみると、

筆談しているのは僕だけではありませんでした。

他の生徒達もそろってみんな、対面しているにもかかわらず書き言葉でコミュニケーションしているではありませんか。

この頃から、

「日本の英語教育はやばいんじゃないか・・・・」

と危機感を覚えていました。

この時にすでに、日中の教育格差を目の当たりにしていたのです。

 

Do you speak English?事件

高校生の時、父は単身赴任で1人アメリカに滞在していました。

そのため、高校3年生時に家族で日本からアメリカの父を訪ねに旅行にいく機会があったのです。

中でも印象的だったのが、

ホテルの職員との接触。

 

コンコンという音が部屋にありましたので、僕が代表で出てみたところ、そこにはブロンド美女の従業員が。

僕に英語で話しかけているらしいのですが、何を言っているかわからなかったので立ちすくんでいると、父が後ろから助け舟を出してくれました。

父が代わりにコミュニケーションを取ってくれたところ、どうやら、

チェックアウトするかどうかの確認を取りに来たみたいですね。

(全然わからんかった・・・・)

しかも、父曰く

「ははは、お前 Do you speak English? ってきかれたぞ」

と。

 

「英語を話しますか」さえわからない、というやばい英会話力。

本当に情けなく、

「いつか父のように平然と英語を話してみたい」

「ブロンド美女と笑って話してみたい」

と思うようになったのはこの頃だったと思います。

 

 

英語が話せなくて悔しかった経験から立ち上がれ!

このように、僕は偶然かわかりませんが、

高校生時代に英語が話せない屈辱的な経験を3回しました。

その苦い経験もあったからなのか、

「英語を勉強して絶対話せるようになりたい」

と思うようになりました。

「英語が話せなくて悔しい」と思うきっかけは人それぞれ。

ただ、その悔しさをバネに勉強していくとモチベーションを維持したまま続けられるでしょう。

英語学習には終わりがありません。

僕もこの悲劇を思い出しながら、英語の鍛錬をつんでいくと誓いました。

 

それでは!

Ken




無料でe-Bookをプレゼント!
TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す