新型コロナウイルスがTOEICを劇的に変えるかもしれない




 

先日、1年前に書いた「TOEICのマークシートの塗り方」の記事を編集しました。

そのときふと、

これからTOEICは大きく変わるかもしれないな

と思い当たりました。

 

鉛筆やシャープペンシルで回答するマークシート方式は今後採用されない可能性があると思うようになったのです。

大量の受験生を1つの会場に集めて、同じ時刻にテストするオールドスタイルは、もはや新型コロナウイルスが蔓延した世界で不可能。

三密の中の二密をみたしちゃってますからね。

 

おそらくマークシートによるテストは終わりを告げ、オンラインテストが主流になっていくでしょう。

現に、2020年度のTOEICテストは

  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月

と現時点で4回のテストが中止を決定しています。

 

 

まだ新型コロナウイルス流行後にTOEICのテストを開催できていません。

この状況では、今後もどうなるかわかりませんね。

TOEICの会場では東京エリアだと一か所に2000人ほどを集めて、2時間ぶっ続けで閉鎖された空間で試験を受けるので仕方ないです。

 

 

僕がイメージする新しいTOEIC

そこで、ぼくはこれを機にTOEICは次のように変化するとみています。

 

まず、同じ日時に一斉テストするのは変わりません。

ただ、完全にオンラインに移行。

ネットに繋がるパソコンまたはスマートフォンで受験できるようになるでしょう。

 

リスニングはもちろんパソコンやスマホ上で聴けるようになり、リーディングもパソコンやスマホの画面を見ながら選択肢から回答します。

このTOEICオンライン化で要となるのが、

  1. 身分確認
  2. 不正防止

の2つ。

 

身分確認はこれまでのように、身分証を提示するのではなく、生体認証が主流になるでしょう。

  • 指紋認証
  • 声紋認証
  • 顔認証

など、受験者が持っているバイオデータを活用すれば、今よりももっと替え玉受験が難しくなるかもしれません。

なんせ、今のTOEICは人間が身分証を見て本人確認するわけですから取りこぼし、エラーは0にはできません。

 

ただ、難しいのは不正防止。

オンラインテストとなると、どのように不正を防止するのでしょうか?

1つのイメージとして、ドライブレコーダーのように常時テストを受けている様子をレコーディングして監視されるようになる未来が想像されます。

その受験者の様子を遠隔でチェックするスタッフがいて、常時オンラインで監視されながらテストを受けるようになるのです。

もしくはドライブレコーダーのように、テストの時間の様子をすべて録画録音して、不正が疑わしき時にその記録を見てちゃんとテストを受けていた確認するようになるかもしれません。

 

あと、このオンライン化に伴い、スコア結果が出るスピードが著しく改善するでしょう。

マークシート形式ではないので、結果が出るのもかなりスピーディーです。

テスト当日とまでは言わずとも、翌日にはスコアが出ちゃうかもしれません。

今までのTOEICだったら結果が出るまでに1ヶ月、さらにスコア証明書が届くまでには2ヶ月かかっていましたから。

ぼく的にはあのスコアを待っている時期も好きだったのですが、オンライン化すればこの受験からスコア受け取りまでのスパンは確実に短くなるでしょう。

 

 

TOEICのオンライン化に伴い発生する影響

それではTOEICのオンライン化による影響はどうなるのでしょうか?

おそらく、TOEICのスコアの価値に影響が出ると思っています。

それは、TOEIC L&Rのスコア価値の低下です。

それに伴い、TOEICS&Wの価値が高まっていくでしょう。

 

TOEIC S&Wとは、スピーキング・ライティングの能力を試すアウトプット版のTOEICです。

コロナの前も実施されていましたが、TOEIC L&Rほど主流ではなく、TOEICと言われればL&Rを指していました。

なぜ、TOEIC L&Rの価値は落ちるのかっていうと、オンライン受験の不正疑惑が0にはできないからです。

スコアを英語能力の証明として見る側とすれば、オンラインでテストを受けた場合は、そんな変わらないとわかっていながらもスコアの価値が下がって見えます。

いくら不正防止をしていたとしても、です。

これはしょうがないですね。

 

逆に価値が高まるのはTOEIC S&W。

これまで注目されていませんでしたが、こちらのテストは元々パソコンで受ける形式のテストです。

今まではパソコンがある会場でテストしていましたが、自宅のパソコンやスマホで受けられるようになるでしょう。

「オンラインで遠隔受験できる」という点はL&Rと同じですが、S&Wの場合、

不正がしにくい

という特性を持っています。

 

なぜなら、アウトプットの内容はググっても答えられないからです。

最終的に自分で答えを出して回答していくしかありません。

まぁ隣にネイティブスピーカーを置いたり、替え玉に成功したら不正はあるかもしれませんが。

 

ただ、L&Rより不正するのは難しいことはたしか。

もしかしたら、今後は今までメジャーだったTOEIC L&Rの価値が没落し、S&Wに注目が集まる可能性もあります。

なんせ、実践的な英語力を測るならL&RよりもS&Wでアウトプット力を計測した方が、ビジネスに役立つ英語力を見るなら効果絶大ですから。

 

ただ、ここまではすべてぼくの推測に過ぎません。

ぶっちゃけどうなるかわかりませんが、TOEICを含めた資格検定業界は、新型コロナウイルスの影響を受けて大きな変化が求められていくでしょう。

 

しかし、です。

英語はウイルスが流行しようがなかろうが英語です。

こういうときだからこそ、腐らず英語力を高める鍛錬を続けていきましょう。

 

 




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す