【英検の二次試験】入室前にMay I come in? と言わないといけないのか




英検二次試験では「鉄板フレーズ」があった

英検の二次試験の待ち時間、あることに気が付きました。

それは、

ほぼ全ての受検者が入室前に「May I come in?」と発していたこと。

具体的にいうと、自分の番になったらドアをノックし、

May I come in?

と言っていたんですね。

 

これはもちろん

入ってもいいですか?

という意味の英会話表現。

面接官に「入ってもいいか」「準備ができているか」と聞いているんですね。

実はこれ、前日に読んでいた『14日でできる!英検準1級二次試験・面接完全予想問題』でも活用されていた表現です。

面接練習DVDにおいて、受検者の少女が「May I come in?」を使っていました。

確かにこれ、間違った英会話表現ではありません。

むしろ超適切な表現で、代替案が思い浮かばないほど。

 

ただし、ただし、です。

みんながみんな May I come in?なので、天邪鬼のわたしとしては、

別の英会話表現で入室したかったのです。

ただし1人は Hello!で入室していた

 

そこで待ち時間に「May I come in?の代替表現」を考えてみました。

 

Can I come in?

「May I〜?」ではなく「Can I〜?」 で許可をとる方法を考えてみました。

が、しかし、助動詞を「can」 にすると丁寧さが減ってしまいます。

試験官に丁寧に接したいですから、これは不適切。

 

Do you mind if I come in?

許可をとる表現に「Do you mind if~?」があります。

Do you mind if I smoke here?

(ここでタバコを吸ってもいいですか)

という鉄板表現が知られますがが、これを応用してみました。

 

が、しかし、

Do you mind if I come in?

は違和感が残りますね。

こんな表現使ってる場面は見たことがありません。

しかも、May I come in?より表現が長いので、これを使う意味がわかりません。

 

Are you ready?

May I come in?の本質は

試験官に心の準備をさせることです。

したがって、質問の本質を言葉にし、

Are you ready?

と聞く代替案が浮かびました。

ただし、こちらも表現から「丁寧さ」が欠けるのが難点です。

 

Hello!

たった1人の受検者が 「Hello!」で入室していましたが、確かにこれも間違っていません。

ただし、あまりにもシンプルすぎるがゆえ、使うのがはばかられました。

 

Are you there?

試験官の在室を確かめるため、

Are you there?

(きみ、そこにいる?)

も考えましたが、これも少しおかしいですよね。

受検者は試験官が中にいるのわかっていますから。

 

以上、 May I come in?の代替案を考えてみましたが、なかなか見つからず。。

ついに自分の番がきました。

もう腹をくくって、普通の英会話と同じように、

何を言うか事前に考えるのはよすことに。

くよくよ考えず、その場面に出くわした際、口から自然に出てくる表現を使うことにしたのです。

 

ドアの前に歩いていき、立ち止まり、ノック。

この時、口から出てきたのは、なんと、

May I come in?

でした。

あれほど嫌っていたMay I come in?が自然と出ちゃったんですね。

おそらくこの表現がベストなのでしょう。

社会的にも英会話的にも。

 

初めて二次試験を受ける方は、余計なことをあれこれ考えず、

ドアの前に立ってみましょう。

その時、自然と口から出てきた表現があなたの正解ですよ。

 

それでは!

Ken

コメントを残す