3分でできる!英検の合否をウェブサイトで閲覧する方法




英検の合否をウェブサイトで閲覧しよう

英検を受験したらもちろん合否が気になりますよね。

つまり合格か不合格かということです。

しかも、英検では二時試験の面接がありますから、合否によって試験日程をおさえたりする手間も発生します。

なるべく早く一次試験の合否を確認したいところですね。

 

ありがたいことに、

英検ではウェブサイトで合否を閲覧できるサービスが提供されています。

合否のハガキが自宅に届く一週間前ほどに、ウェブサイト上で合格不合格を確認できるるのですから、これは利用しない手はないですね。

今日はそのやり方を紹介します。

 

「英ナビ!」に登録する

英検の合否を確認は「英ナビ!」というサイトでおこないます。

「英ナビ!」とは、英検を主催している「日本英語検定協会」と「株式会社 教育測定研究所」が運営する会員サイトのこと。

まだ登録していない方はこちらから会員登録しましょう。

すでに会員登録済みの方は、登録ステップを飛ばしてログインした状態で待機。

 

会場の種類を選ぶ

ウェブサイトで合否閲覧ができる時間になったら「英検合否閲覧サービス」を訪問します。

合否が閲覧できるようになる時間は級数・試験日にもよりますが、僕の場合、

10月11日に英検準一級を受験し、 約2週間後の10月26日の12時にウェブサイトで合否閲覧ができるようでした。

合格発表のタイミングは受験票の「本人確認表」の一番下に記載されているので確認にしてみてください。

 

まずは会場を選ばねばなりません。

  1. 準会場
  2. 本会場

の2通りがあるんですね。

「準会場」は、学校などで団体受験した方向け。

一方、本会場は英検が公式に設置した試験会場で受験した方対象です。

僕の場合、普通の一般人でオンライン経由で英検に申し込んだので「本会場」を選択。

 

英検ID・パスワードを入力

すると次のようなログイン画面が出てきます。

英検IDとパスワードの2情報を入力。

これらは英検にオンラインで申し込むの時に発行されるIDとパスワードのこと。

受験票の本人確認表の一番下に「英検ID」は記載されています。

パスワードは米印で隠されていますが、こちらはオンラインで英検に申し込む時に設定した「半角英数6文字」のパスワード。

何とか思い出して入力してみてください。

 

合否結果を閲覧する

すると、こんな感じの検定合格結果が見られます。

まず検定に合格しているかどうかをチェックできますね。

素点を基に算出された英検独自の「CESスコア」が出てきます。

そして、そのCESスコアが

  • 自分のテストスコア
  • 合格基準スコア

で表示されます。

 

また、リーディング・リスニング・ライティングそれぞれのCESスコアも別々に確認できます。

 

どのスコアどのセクションのスコアがどれくらいあったのか?

まで知れるので、テスト結果を元に反省できるでしょう。

 

詳細を見ると、リーディング、リスニング、ライティングそれぞれの素点まで見られます。

「素点」とは、CESスコアを算出前の根拠となる正解数のこと。

ここまで詳細なデータが閲覧できるとは!!

 

というわけで、僕自身、久しぶりに英検を受験して、なんとか準一級の一次試験に無事合格。

いよいよスピーキング力が試される二次試験に進むことに。

これから二次試験の対策も始めていきたいと思います。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す