一発合格できた!英検準1級おすすめの参考書・テキスト




先日、英語検定準一級を受験してきまして、無事に一発合格!

CESスコア「2597点」という合格基準を大幅に上回る好スコアで合格できたんです。

もちろん、一次試験だけではなく、コミュ力を発揮して二次試験も突破。

晴れて正式な「英検準一級ホルダー」となりました。

 

一発合格できた!英検準1級おすすめの参考書を紹介します

今日はその圧倒的な好成績で英検準一級に合格してきたわたしが、試験前に購入したおすすめの参考書を紹介します。

 

一次試験対策

わたしが一次試験突破に使ったのが『7日間完成 英検準1級 予想問題ドリル』。

この書籍は問題演習に特化していて、筆記試験(リーディング・ライティング)&リスニングでプログラムが7日分収録。

1日目〜4日目まで筆記とリスニングを交互に学習し、それ以降の5〜7日目はリスニングとリーディングの混合問題が問題演習できます。

この問題集の良きところはやはり、

実際の本番形式に近い、いや、近すぎたこと。

もはや過去問といっても過言ではないほど本番テストが、この問題集の形式で出題されました。

 

また「解答集」が「問題冊子」が分離しているので丸つけやしやすい点も地味に気に入りました。

CDももちろん付いていますので、リスニング対策もこの1冊で十分。

加えて、筆記パートに「ライティング」も含まれていて、ライティングのお題が5つ収録されているので、ライティング対策もこの一冊で成し遂げました。

しかも、二次試験の概要、二次試験問題が1題含まれているので、ぶっちゃけ頑張れば二次試験もこの一冊で頑張れたかもしれません。

 

この問題集のいいところは演習問題が充実しすぎていること。

さらに形式が本番に近いことが利点として挙げられます。

そのためあってか、この問題集は英語でアウトプットする練習をして、問題形式に慣れる、という目的ではもってこいです。

逆に、1から英語力を向上させて合格レベルまで持っていきたい、という方には不向きかもしれません。

インプットよりもアウトプット重視であることが最大の特徴なのです。

 

二次試験対策

しかし、わたしは上記1冊だけではなく、二次試験対策として次の『14日でできる!英検準1級二次試験・面接完全予想問題』を購入しました。

対人能力に若干不安があったということと、それから英語を喋る機会に恵まれず、アメリカ留学をして英語をバンバン使っていた頃からは9年経っています。

英語スピーキング試験である二次試験は一次と比べると格段に不安でした。

 

そこで二次試験対策として「二次試験専門の参考書」を導入してみたんです。

この参考書には驚くべきことに二次試験の問題が「14パターン」収録されていて、本番に近い形式で模擬試験を受けられます。

そして、本番と全く同じ「面接カード」が付属されています。

最大の特徴は「DVDがついている」ことであり、この記録媒体には、なんと、

  • 実際の二次試験の映像
  • 面接官と一対一で面談する体験映像

が収録されています。

このDVDをテスト前に試聴したおかげで「May I come in?」の存在を知り、本番前に心の準備ができました。

合格した今振り返れば、二次試験対策を侮らずしっかりやっておいたことが安定の合格につながったと振り返ります。

 

 

以上、わたしの英検準一級対策の参考書のチョイスでした。

この事例を参考にしながら、ご自身で合格に近づける1冊を選んでみてください。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す