英検二次試験はコロナ対策はどうなっていたのか?




 

先日、英検準一級の二次試験を受けてきました。

受験にあたりコロナ対策が気になっていたのを認めましょう。

なんせ、英検の二次試験は「面接試験」なので、face to faceで試験官と向き合って英語を話さねば合格できません。

しかも、密室の教室で面接が行われますので、「密閉・密接」の「二密」をクリアしてしまっているんです。

ただし、実際に面接試験を受けてきたところ、

二次試験のコロナ対策はバッチリ施されていて安心して帰ってこれました。

 

受験者はマスク着用

まず受験者はマスクを着用せねばなりません。

試験前に届いたメールに次のように書いてありました。

二次試験を本会場受験される皆様へ

本会場では、試験当日の来場前のヘルスチェック・マスク着用等をお願いしております。
会場へ出発される前に、ウェブサイトの以下のページからヘルスチェックを必ず行っていただき、完了画面(スクリーンショット、印刷でも可)を試験会場でお見せください。

マスクをしなければいけないので、口元が見えず、自分の喋った英語の音波がマスクに遮られることになります。

したがって、二次試験でも高得点を叩き出すためには、

マスクをつけていない時よりも「気持ち大きめの声」を出して英語をしゃべりましょう。

 

ヘルスチェックシートを記入する

先程もちらっと出てきましたが、当日の朝にヘルスチェックのアンケートに答えなければなりません。

こちらのアンケートNIスマーホトフォンで答えて、その結果をスクショ保存しておけばOK。

ここでは体調に関する質問がいくつか聞かれますので、それに正直に答えるだけでいいんです。

ヘルスチェックシートがないと受付できないので、必ず当日の朝に答えましょう。

 

試験官はフェイスシールド

そして、注目の試験官はというと、

フェイスシールドを着用していました。

ただし、マスクはつけていませんでした。

したがって、試験官の口元はシールド越しに見えるので、マスクよりも英語の聞き取りやすさは上がります。

 

そして、音波も純マスクより遮られず、わりと明瞭に聞こえます。

試験官から聞こえる英語はぐぐくもることはなく、平和な時代とほぼ変わらない条件で受けられたのです。

 

このように、英検の二次試験ではコロナ対策がバッチリ施されていました。

しかも、受験者が不利益を被らないように「絶妙な配慮」がなされていて、さすがジャパンだなあと唸らざるをえませんでした。

ただ、受験者はマスクを着用するので、大きめの声を出してハキハキ英語をしゃべって試験官を圧倒していきましょう。

 

それでは!

Ken

 




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す