【英検】二次試験の日程が決まるルールとは?




 

英検に申し込んだらチェックしたいのが、

二次試験の日程

です。

もちろん、一次試験敗退はあり得ますが、もしものために、二次試験の日程を押さえたいところ。

 

2020年度までは、

  • A日程
  • B日程

の2つの日程で二次試験が組まれていました。

ただでさえややこしいルールでしたが、なんと2021年度から

  • A日程
  • B日程
  • C日程

で組まれることに。。

しかも「個人」と「団体」でルールが全く異なる、という複雑さも併せ持っています。

今日は、2021年度以降の二次試験日程ルール(個人)を整理してみました。

 

 

二次試験の日程のルール(個人編)

以下のルールです。

 

2級・準2級・3級の場合

上記を受検される方は、問答無用で、

B日程。

例外はありません。

B日程は空けておきましょう。

 

1級の場合

なんと1級は「生まれた年」、つまり

年齢仕分けされます。

ずばり、

20歳以下(2000年4月2日生まれ以降)ならば「A日程」。

一方で21歳以上(2000年4月1日以前に生まれた方)は「C日程」。

 

準1級の場合

最も複雑なのが準1級です。

1級と同様に「生まれた年」で仕分けされることは同様で、

20歳以下ならばA日程

 

しかし問題は21歳以上です。

なんと、

希望受検地によって日程が異なる

という複雑さを持っています。

 

つまり「どこで受検するか」で日程が変化するのです。

ここでいう「希望受検地」とは、一次試験のマークシートで記載する「希望受検地」のこと。

一次試験と二次試験の受検地は異なっても構いません。

21歳以上でC日程で受けたいならば、希望受検地を下記14都市にしましょう。

  • 0101(札幌)
  • 1501(仙台)
  • 2601(横浜市)
  • 3101(千代田)
  • 3102(新宿・豊島)
  • 3104(世田谷)
  • 4101(新潟)
  • 5201(名古屋)
  • 6201(京都)
  • 6301(梅田)
  • 6302(天王寺)
  • 7401(広島)
  • 9101(福岡)
  • 9801(本島南部)

さもなくば強制的にA日程になります。

 

一方で、これは逆のことも言えます。

一次試験が上記「14都市」でしたら、このままだと二次試験はC日程。

A日程を希望する21歳以上は、14都市以外の受検地を希望せねばなりません。

 

このルールをよく考えみると、二次試験の日程を最も気にすべくは、

「英検準1級」を受検する「21歳以上」の方

だと判明。

希望受検地を変更することで「A日程」「C日程」のいずれかを選ぶ権利を有しています。

ある意味で「最も融通が利く」優位な立場ともいえますね。

上記の日程ルールを確認し、二次試験も受けられると判断してから申し込んでみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す