英検の二次試験は早めの試験会場入りをオススメする理由




 

先日、英検準一級の二次試験を受けてきました。

中学三年生で受けた「英検準二級以来」の二次試験だったのでくそ緊張しましたが、無事に生きて帰ってこれました。

 

さて。

そんな英検の二次試験を経験した結果、ある1つの知見が生まれたのです。

それは、

英検の二次試験では早めに会場入りすべし

ということ。

 

なぜなら、

面接の順番が先着順だったからです。

そうです。受験番号は全く関係なく、先に会場に着いた人から面接を受けられるシステムになっていたんです。

会場入りして受付を済ませると、受験者心得という紙をもらえます。

その上に、先着順の番号が割り当てられ、これがいわば面接の順番。

僕は(いつも通り)ギリギリに現地入りしすぎ、なんと、

14人中13番目だったのです。

 

つまり、僕の前の12人の面接終了を待たなければ、僕の番が来ないことを意味していました。

幸い、僕が試験を受けた会場では2教室で2人の試験官が受験者をさばいていました。

それゆえ、12人の半分6人待ちで済みました。

 

ただし、一人当たり10分の面接とすると、単純計算

6×10分

= 60分

の待ち時間が発生するではありませんか。

 

実際、9時15分集合で、僕が最終的に面接を受けられたのはそこから1時間20分後の

10時35分頃

だったのです。

もし、早めに会場入りして整理番号「1」をゲットしていたらどうなっていたでしょうか?

観察していたところ、集合9時15分で、第一陣の移動が9時25分ぐらいから始まりましたので、

9時30分頃には面接を受けられていたことになります。

いやあ、整理番号1の受験者はクッソ羨ましいですね。

 

という感じで、英検の二次試験は

ファーストインファーストゴー

という圧倒的な先着順社会。

早めに試験会場入りし、早めに面接を受けて帰還することをオススメします。

 

それでは!

Ken

 




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す