目指せ文法マスター!中学英語の文法参考書ランキングTOP10




中学英文法の参考書のおすすめランキングって??

こんにちは!この記事を書いてるKenです。移動最高。

 

中学英語の文法の参考書は世の中にいっぱいあって困りますよね??

どれを選んだらいいかわからないし、選び方は誰も教えてくれません。

そこで今日は、勉強の記事を500記事以上書き、8000人の中高生をラインで学習指導してきたぼくが、

中学生向けの英語の文法参考書おすすめランキング TOP10

を書いてみました。

 

 

中学生向けの英語文法の参考書おすすめランキングTOP10

ランキング形式で紹介していきますよ。

 

第10位「くもんの中学英文法 」

レベル
ボリューム
価格

中学英文法の要点を180ステップでまとめています。

例文が多く、文法事項を理解しやすいように設計されているのが特徴。

各単元でポイントを2つにしぼって解説しているのでわかりやすいです。

 

第9位「Z会 中学英文法Fine 」

レベル
ボリューム
価格

ストーリー風の例文で英文法を解説してくれています。

CDが付属されており、例文で英語の発音を練習できますね。

また、文法の要点の解説が明快で仔細。

ユニットの最後に設置されている章末問題で理解度を試せる構造になっています。

 

第8位「英文法123+ 」

レベル
ボリューム
価格

大手学習塾のサピックスが作成した英語参考書。

入試問題にでてくる問題を紹介し、そのあとに文法を解説するスタイルで英文法を勉強していきます。

難関校の入試対策になるのはもちろん、中高一貫に通う中学生にも対応しています。

 

第7位「やさしい中学英語」

レベル
ボリューム
価格

とにかく、わかりやすい英語参考書。

解説の表現がユニークで、先生と生徒の対話から文法を学べます。

文法の要点をおさえたあとに、すぐに問題をとけるので基礎と実践の反復がしやすいでしょう。

中学3年分の基礎だけじゃなく、入試レベルにもチャレンジできる問題集です。

 

第6位「たのしい英文法 」

レベル
ボリューム
価格

中学3年分の英文法を一冊で学べる参考書。

単元の構成がユニークで、英語の勉強で「疑問に感じそうな点」をもとに編成されています。

詳細な解説、例文が魅力ですが、演習問題の少なさが残念。

 

第5位「やさしくまるごと中学英語 」

レベル
ボリューム
価格

マンガのストーリー仕立てになっている英語文法参考書。

「ナシゴレン」というやつが路上でぶっ倒れていて、そいつを助けた「えいご」といっしょ英語を勉強する物語。

QRコードでユーチューブ動画を見られるので、テキストでわからなかった単元を動画で補強できます。

付属されているDVDで、先生がおすすめする勉強法の閲覧も可能と来てます。

 

第4位「魔法の中学英語 」

レベル
ボリューム
価格

中学の英文法を101セクションにわけて解説。

例文の多さが魅力で、付属CDに例文の音声が収録されています。

音読、シャドーイングの練習にも利用できちゃいますね。

 

第3位「東大生が書いたつながる英文法 」

レベル
ボリューム
価格

東大卒の著者がわかりやすく英文法を解説してくれている参考書。

中学英語をマッピングで体系化することで、知識を吸収しやすいように設計されているのが特徴。

学校では習えない「ユニークな切り口」で英語の文法を解説しています。

 

第2位「中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本 」

レベル
ボリューム
価格

中学英語の文法が17パートに分けてまとめられています。

例文がとにかくシンプルでわかりやすく、吸収しやすいです。

文法だけにとどまらず、4技能(きく、かく、話す)も鍛えられるでしょう。

QRコード読み取って音読練習できるようになってます。

 

第1位「塾よりわかる中学英語 」

レベル
ボリューム
価格

学年別に英文法の要点がまとめられています。

赤シートが付いており、文法の要点を隠しながら覚えられますね。

文体が語りかけるやさしい口調で読みやすいのが特徴で、対話風になっているので英文法の世界に入り込みやすいです。

 

 

中学英語文法の参考書は「レベル」と「スタイル」で選ぼう!

中学英語文法の参考書を選ぶときの基準は、

  • レベル
  • 解説のわかりやすさ

の2点。

その英文法の参考書が、

「取り組みやすくて、挫折しなさそうなのか??」

をジャッジして選びましょう。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す