英会話で調子をきかれたら「Good! You?」の2単語で切り返せ!




英会話で調子をきかれたらなんて答えらればいい??

どうも、Kenです。復活、です。

 

英会話では序盤に

「相手の調子を尋ねる」

という表現が出てきますよね。

例えば、How are you?だったりHow’s it going?だったりするわけですが、どこの国に行っても十中八九英語を使って会話するとこの「調子を尋ねる表現」が出てきます。

英語の教科書では、この調子を尋ねる表現に対しては、

I’m fine, thank you. And you?

という長ったらしい表現が紹介されていますが、実際に使える英会話の表現にはもっと便利なものがあります。

それは、

Good! You?

の2単語です。

 

 

ポイントは次の2つ。

 

ポイント1. Good!で無難なポジティブな切り返し

まずはグッドで相手に自分の調子がよいということをポジティブな表現で伝えます。

仕事や部活で疲れていようが嫌なことがあろうが彼氏や彼女に振られようがなんだろうが、ポジティブな表現を使って

Good

と返しましょう。

 

 

ここで表現のチョイスを考えるより無条件にポジティブ形容詞で返した方が楽です、楽。

それに加えて、場も盛りさげないですみますからね。

 

ポイント2. 相手の調子も気にする

そして忘れてはいけないのが、相手の調子も尋ねてやるということです。

自分の調子を答えて終わってもいいのですが、それだとコミュニケーションが一方通行になってしまいますよね。

ここで自分の調子をポジティブ答えたら、相手の調子も聞いてあげましょう。

きき方としては簡単で、

You + ?(イントネーションをあげる)

だけでオッケーです。

これだけで英会話の始めの調子を聞かれた表現への返しとしては十分ですので、

Good! You?

というだけで2単語だけ覚えとけばいいですね。

 

 

今度調子を聞かれた時にぜひ使ってみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す