英会話で調子をきかれたら「Good! You?」の2単語で切り返せ!




英会話で調子をきかれたらなんて答える??

 

英会話では序盤に

「相手の調子を尋ねる表現」

が出てきますね。

例えば、How are you?だったりHow’s it going?だったりするわけですが、どこの国に行っても英会話すると「調子を尋ねる表現」は避けて通れません。

学校では、調子を尋ねられたら

I’m fine, thank you. And you?

と答えろ、と教えられましたね。

 

しかし、実際の現場では「もっと便利な表現」があるのです。

それは、

Good! You?

の2単語です。

 

 

ポイントは次の2つ。

 

1. Good!で無難なポジティブな切り返し

まずはGood!で相手に「自分の調子がよい」とポジティブに伝えます。

仕事や部活で疲れてようが、嫌なことがあろうが、彼氏や彼女に振られようがなんだろうが、関係ありません。

とりあえずポジティブに

Good

と返しましょう。

 

 

無条件にポジティブ形容詞で返したほうが楽です、楽。

場を盛り下げずにすみますからね。

 

ポイント2. 相手の調子も気にする

そして忘れてはいけないのが、相手の調子も尋ねることです。

自分の調子を答えて終わってもいいのですが、これだとコミュニケーションが一方通行になりますよね。

 

自分の調子を答えたら、相手にも調子をきいてみましょう。

きき方は簡単で、

You + ?(イントネーションをあげる)

です。

 

 

これだけで十分。

つまり、How are you?の切り返しは、

Good! You?

だけ覚えとけばいいのですね。

 

 

英会話で調子を聞かれたら使ってみてくださいね。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す