How are you?は深く考えるな!会話の入り口に過ぎない




英会話のHow are you?とかなんなん?

どうも、Kenです。偶然の、一致ですね。

 

英会話と日本語の会話が異なるのは、

英会話には会話の初めに鉄板フレーズがデフォルトで用意されている

ということです。

そのデフォルトフレーズとは、皆さんご存知の通り、

相手の調子を尋ねる表現

であります。

例えば How are you とかHow’s it going?とかになりますね。

これらの表現は日本の会話ではまずあり得ないことで、

「こんにちは、調子いかがですか?」

「いいです。あなたは?」

「ぼくもいいですよ。ところで・・・・」

という感じで調子を聞いてから会は始まりませんよね。

これは英会話の特徴と言ってもいい表現なのです。

 

 

なぜ、英会話では最初に調子を尋ねるのか??

日本語にはないけど、英会話の最初に相手の調子を尋ねれるのはなぜなのでしょうか?

それはおそらく、

違う背景を持った者同士がコミュニケーションするために用いられる言語だからだと思います。

日本語は日本育ちの人を相手にする言語で、共通の暗黙の常識というものがありますので、何から話していいかわからないという状態はあまりおきません。

しかしながら、人種のるつぼといわれるアメリカを見てみると、アジアもインドもユーロなどどんなバックグラウンドを持っているかわからない人たちが集まって暮らしているのです。

そのため、それらの人々が会話をスタートする際には、誰でも共通で使える鉄板の英会話フレーズが必要になったのです。

そこで出てきたのが相手の調子を尋ねる How are you とかHow’s it going?とかになるわけです。

つまり、これらの表現は、ただの会話のきっかけに過ぎないわけですね。

英会話で相手の調子を訪ねること自体には特に意味はなく、意味よりも

言葉をまず交わす

こと自体が大事なのです。

そのため、疲れていようが、泣きそうだろうが、とりあえずポジティブな形容詞でGoodと答えておけば良いのです。

また、ポジティブに自分の調子を伝えるだけでなく、相手に体調を訪ねてやる余裕を見せてやれば英会話を円滑にすすめることができるでしょうね。

詳しくは「調子をきかれたらグッドと切り返す」という記事を読んでみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す