英会話で言い直すときに便利!「I mean〜」の使い方




 

英会話しているとたまに、

意図が相手に伝わらない時

があるでしょう。

自信満々に英語をしゃべっていて、「あー気持ちいい。英語最高」と思っていても、です。

しかし、相手の顔をよく見てみると、どう見てもクエスチョンマークが何個も浮かんでいるではありませんか。

 

そういったときは、相手のクエスチョンマークを放置するのではなく、

もう一度、自分の発言を言い直す

という「切り返し」が必要になってきます。

 

そういう時に便利なのが

I mean〜.

という表現。

うまく使えば、過去の発言を別のフレーズで言い直せるのです。

 

I mean の使い方・意味

使い方はものすごく Very Simple。

I mean + 言い直しのフレーズ.

です。

 

 

「言い直しのフレーズ」の部分には、言いたかった「本当の意図」をぶち込むだけ。

すぐに使えるでしょう。

 

I mean を使う具体例

例えば、I mean〜. は次の状況で活躍します。

DavidとKenがハンバーガーを食べにいったシチュエーションを想像してください。

 

Ken
I like that hamburger very much.

Daivid
Really!? That tastes super bad.
Ken
(うっわ、やっべ、誤解されとるよ・・・!俺は色が好きなだけなのに・・・)
Ken
I mean, I like its color.
Daivid
Hahaha, Okay.

 

 

このように、自分の意図が相手に伝わらない時は度々出てきます。

自分の発言で、相手にはてなマークが浮かんでいるときはそのまま放置せずに、

I meanで「自分の言いたかったこと」を別のフレーズで言い直すのです。

英語は日本語とは異なり、みんなが共有している共通の情報は少ないです。

みんなそれぞれ異なるバックグラウンドで育っています。

空気を読んでもらう、とかは不可能に等しいのです。

 

そういう説明不足で誤解が生まれるからこそ、I meanを使って、

自分が本当に言いたかったことをちゃんと伝えること

が会話で重要になります。

ガンガンI meanを使いましょう。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す