やりたいことがなかったら英語を勉強するべき5つの理由




やりたいことがわからない・・・なら英語を勉強しよう

どうも、Kenです。尿が、近いです。

 

中学生や高校生もしくは大学生の頃は、

「将来やりたいことがわからないからとりあえず公務員になってみようかな」

とか、そんな感じで将来がぼやぼやぼやしていて、自分がどうなりたいのか? 何をしたいのかいまいちわからないで悩んでしまうということがあるかもしれません。

 

そんな時にオススメしたいのが

とりあえず英語を勉強しておく

ということです。

ぼく自身、中学・高校・大学そして大学院に至るまで一体自分が何をやりたいのかわからなくて、フラフラ、ぼやぼやしていました。

確か大学生の時、「君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?」という本で

「とりあえず英語を勉強しておけ」

というようなメッセージを読み、それを頑なに信じて、大学生の頃は理工学部の機械工学科というところに所属 していましたが、機械をそっちのけで英語ばかり勉強していました笑

その甲斐もあって、アメリカに留学することになり、実際に英会話が上達し、留学先で魅力的な人達と出会い、今の自分 があると思っています。

もうぶっちゃけ、

英語がぼくの人生を変えてくれた(良くか悪くか笑)

と言ってもいいでしょう。

 

 

やりたいことがなかったら英語を勉強するべき5つの理由

かつての僕のように、

「生徒・学生だけど、今、何をすべきかわからない・・・・」

と感じていたら、とりあえず英語を勉強すべき理由は次の4つです。

 

母国語が違うもの同士のコミュニケーション最終手段になる

英語が話せるようになると、英語を母国語としている人だけではなく、英語を第二外国語として勉強している人ともコミュニケーションをとることができます。

たしか、僕が中学1年生の頃、英語の教科書の表表紙に

  • 英語の母国語話者:○○人
  • 中国語の母国語話者:○○人

という感じで、ある言語を第一言語としている人数が掲載されていて、

「へ〜英語ってこんなに話す人多いんだあ〜中国語も多いなあ」

と思った気がします。

これは正しいっちゃ正しいのですが、これには第二外国語勉強者の人数が含まれていません。

例えば僕たちと同じように、英語が母国語ではないけれども、英語を勉強して話そうとしている人たちのことですね。

例えば、日本人、韓国、中国、タイ、ベトナム、モンゴル、インド、スリランカ、フランス、オランダ、ポーランド、 などなどですね。

このように世界中には僕らと同じように、

英語を第二外国語として勉強している人がかなりの人数でいます。

そのため、実質、英語が話せるようになると、

英語を勉強してないから話せない人

以外とコミュニケーションをとることができます。しかも世界中で。

 

このように母国語が英語のネイティブスピーカーにくわて、第二外国語話者同士で(例えば日本人とベトナム人など)が出会った時にも生きてくるのです。

その場合、自分の母国語は通じないという事態になるので、そこで出てくるのが英語。

そして英語が通じなかったらその人とは話せないことになります(翻訳アプリでコミュニケーションをとることになる笑)。

いわば英語は、

世界中で共有されているコミュニケーションの最終手段

なので、みんなが知っていていざという時に使える便利な道具だということは覚えておきましょう。

 

情報量が増える

英語がわかるようになると、自分が触れられる情報の量が爆発的に増えます。

こちらの記事によると、

2017年12月31日時点で、インターネットの情報の26%が英語の情報

だと言われていて、日本語の情報はわずか

2.9%

に過ぎません。

そのため、英語を学ぶとインターネット上の日本語に訳されていない最先端のことを勉強できたり、また何らかの関係で日本語に訳されない未知の情報までリーチすることができるようになるのです。

このように日本に生まれ育ちながらも英語ができると、日本の外からの情報を自分から積極的に取りに行けるというのが英語を学ぶ魅力だと思います。

 

新しい言語の思考方法をマスターできる

英語を学ぶと、英語が日本語と違って違う仕組みで情報を伝える言語だということがわかります。

英語は日本語に比べるとロジカルでシンプル。

事実を伝えるのにはものすごく適している言語だということに気づきます。

そのため、何かを勉強したり吸収したりするには日本語よりも英語の方が適していると感じます。

 

日本語は主語がなくても伝わったり、述語が語順がバラバラでもを理解できる言語であり、表現の自由度が高いです。

また、コミュニケーションをとる者同士の「暗黙の理解」というコンテキストが存在していて、

「日本人ならわかるでしょ」

と言ったようなことが省略されたりして、どちらかと言うと情報を受け取る側が頑張って理解しなければならない言語になっています。

 

一方、英語は事実を的確に伝えるのに適していて、もし説明が分からないと説明を伝える方の方がヘタであったということになります。

英語は様々な国から違うバックグラウンドの人が集まって使われることが多かったので、暗黙の了解なしに0から情報を伝えることに特化していったのでしょう。

このように英語を学ぶと、日本語とは違う言語の思考・表現方法を脳にインストールできることになるので、英語を学ぶと日本語での説明が上手くなるという副次的な効果が生まれるでしょう。

 

世界の恋愛市場で勝負できる

日本語しかできないと日本語が喋れる人としかコミュニケーションが取れないので、必然的に恋愛対象は日本語が喋れる人限定になります。

 

しかしながら英語ができると、英語が話せる人が恋愛対象となりますので、英語を母国語としている人はもちろんの事、僕らと同じように英語を第二外国語として学んでいる人も恋愛対象として捉えることができます。

つまり、日本という枠を出て「世界の恋愛市場」で戦うことができるのです。

英語が話せれば英語母国語話者のアメリカ、イギリス、カナダ・・・はもちろんのこと、第二外国語で英語が喋れる全ての世界中の人とコミュニケーション取れるわけです。

このように英語を勉強すると、将来の伴侶の選択肢が広がる事になり、人生の幅も大きく広がると思います。

 

ということで、とりあえず英語を勉強しよう

以上が英語を勉強すべき理由でした。

ぼく自身、大学時代になぜか英語をがむしゃらに勉強してみて、人生が大きく傾いたと言うか、動いた転機になりました。

英語を勉強していると自然と日本の外に出たくなってくると思いますので、英語は例えるならば トランポリン。

このトランポリンを使いこなせば日本の外に出て生きていける可能性もあります。

が、もしこのトランポリンの使い方を練習せずに放置しておくと、狭い範囲に幽閉されたまま一生を終えることになります。

ぼくと同じように

「何をしたらいいかわからない」

という時はとりあえず英語を勉強してみることをおすすめします。

 

それでは!

Ken

Ken Sawai

KENGLISHにて編集・執筆担当。
TOEIC L&R 940点、TOEFL iBT94点ぐらいの英語オタク。中高大学で10年英語を勉強しても何も英語が話せなかった経験からアメリカ留学を1年経験

コメントを残す