映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」に学ぶ英語よりも大切なもの




映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」には英語学習のエッセンスが詰まっている

どうも、Kenです。道すがら、です。

 

先日「パッドマン 5億人の女性を救った男」という映画を観てきました。

女性用パットを安く作れる機械を発明した男性の物語。

どうやらこれは実話で、本物の「パッドマン」が存在しているようです。

パッドを作り始めたきっかけは、妻がパッドではなく、代わりに「汚い布」を使っていると知ったためでした。

このままでは不衛生。

医者によると、感染症を引き起こして病気、最悪の場合、死に至る可能性もあるときいて危機感を持つように。

妻のためを思って、清潔なパットを探してみたのですが、パットが高すぎると気づきます。

高すぎるがゆえに、インドの女性にパットが行き届いていない現状を知ったのでした。

そこで、自作で安いパットを作ろうと試行錯誤するわけです。

 

 

パッドマンで学んだ英語よりも大切なもの

この映画をみて思ったのは、

英語はただのツールであって、英語よりも大切なものがあること。

 

英語の勉強はもちろん大切ですが、それよりも何か、

パッションや情熱を持てる仕事に打ち込むこと

が重要だと思い知らされました。

 

パッドマンは教育を受けていないので、なかなか英語が喋れません。

しかしそんな彼が、インド工科大学での発明のコンテストに参加して優勝したのです。

 

インド工科大学での発明コンテストでのプレゼンテーションでは、

パッドマンはほとんど英語を使っていませんでした。

ほとんどがボディーランゲージと擬態語で、あとは大事な英単語を数語のみ。

英語ほぼなしの状態で、発明をプレゼンテーションしていたのです。

ブーン

とか

どーん

とか、擬音語を混ぜつつ、ボディーランゲージで伝えるプレゼンテーションでした。

 

英語なしのプレゼンにもかかわらず、発明コンテストで大統領賞を受賞。

賞金をゲットして事業をスタートできました。

英語が話せなくても、情熱さえあれば想いを伝えられるのです。

 

国際連合に招かれた時は、自分の英語を「Linguish」と自虐した上で、文法の間違いや発音などを気にせず、国際連合で大衆に語りかけていました。


それでも想いは伝わり、最後にスタンディングオベーションを引き出せていました。

 

英語はただのツール。

それよりも誰かに伝えたい大事なもの、情熱、愛があればいいのです。

英語なんて二の次なのです。

 

KENGLISHは英語学習サイトなので、英語の使い方の記事を書いていきます。

ただ、やはり英語を学ぶ上で、

自分は英語で何を伝えたいのか?

という1つ上の「目的」を踏まえて勉強していくと効果があがるかもしれません。

それでは!

Ken




無料でe-Bookをプレゼント!
TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す