〜right? で念を押して疑問文を作る方法




簡単に英語の疑問文を作ってみたい

正直、英語の疑問文を作るのは面倒ですよね。

be動詞を文頭に持ってきたり、doやdoesを使ったり、クエスチョンマークが必要になったりします。

前回、英語の疑問文を簡単にする方法で、

文末のイントネーションをあげる

を紹介しました。

 

これはこれで良いのですが、もっと「英語を話せる感」を醸し出せるフレーズはないのでしょうか?

じつはそのような便利なフレーズが存在しています。

それは、

right?を文末につける

です。

肯定文のイントネーションを上げるより「念を押す意味」が加わりますね。

疑問に対して「60~70%ぐらいの確信」を得ている状態で使えるのです。

 

right?を使った疑問文の作り方

使い方は簡単で、

肯定文 + right + ?(イントネーションを上げる)

です。

 

 

これで、

(肯定文の意味)だよね?

と「念を押した疑問文」を作り出せますよ。

 

イメージとしては、普通に肯定文をしゃべって、その後に「right?」をつけて、文末を上げるだけ。

一般動詞だろうが be動詞だろうが、すぐに疑問文を作り出せるのです。

 

right?の使い方具体例

例を出しましょう。

「君は中国出身だよね」

と、若干確信を持って相手に尋ねたいときは

You are from China

という肯定文に「right」と「?」をつけるのです。

そして、最後のイントネーションあげてみます。

 

すると、

You are from China, right?

という英文が誕生しますね。

これで、

君は中国出身だよね?

という若干確信を帯びた疑問文ができるのです。

英会話の要所要所で使ってみてくださいね。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す