〜right? で念を押して疑問文を作る方法




簡単に英語の疑問文を作ってみたい

どうも、Kenです。歯茎、磨いてます。

 

英語の疑問文を作るのは若干面倒ですよね。

be動詞を文頭に持ってきたり、doやdoesを使ったり、クエスチョンマークをつけたりしなければなりません。

そんなめんどくさい英語の疑問文を簡単にする方法のうち、前回紹介したのが「文末のイントネーションをあげて肯定文を疑問文にする」という方法も紹介しました。

 

これはこれで緊急時を切り抜ける時に使えるので良いのですが、もっと強力で英語話せる感を醸し出せるフレーズがあります。

それは、

right?

を文末につけるという方法ですね。

これは単なる肯定文にクエスチョンマークをつけてイントネーションを上げる方法よりも、「念を押す意味」が加わり、その疑問の答えに対して60~70%ぐらいの確信を得ている状態で質問したいときに使えるフレーズになっています。

今日はこのright?の使い方を解説していきますね。

 

 

right?を使った疑問文の作り方

使い方は簡単で、

肯定文 + right + ?(イントネーションを上げる)

で大丈夫です。

 

 

これで、

(肯定文の意味)だよね?

という念を押した疑問文がいとも簡単に作り出すことができるのです。

 

イメージとしては、普通に肯定文の文を喋って、その後にright?をつけて文末を上げるだけ。

これなら一般動詞だろうが be動詞だろうが過去形だろうが関係なしに、すぐに疑問文を作り出せるのです。

 

right?の使い方具体例

例を出しましょう。

「君は中国出身だよね」

ということを若干確信を持って相手に尋ねたいときは

You are from China

という肯定文にright?と?をつけて最後のイントネーションあれば、

You are from China, right?

の出来上がり。

これで、

君は中国出身だよね?

という若干確信を帯びた念を押した疑問文の出来上がりです。

このようにright?を文末につけてイントネーションあげるだけで簡単に疑問文を作れるようになります。

英会話の要所要所で使ってみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す