【徹底検証】中国の上海では英語が通じるのか??




中国の上海で英語は通じるのか試してみた

先日、中国の上海に数日間旅行に行ってみたんですが、その時にせっかくなので

上海では英語で英語が通じるのか??

を現地で検証してみました。

中国 上海 英語 通じる

結論から言ってしまいますと、

中国の上海では全く英語は通じませんでした。

英語を使うのがためらわれるほどでした。たぶん、中国上海の英語環境は日本の英語環境と同じと思っておけばいいでしょう。

みんな、英語を話さないし、英語で話しかけられたくないと思っています笑

中国 上海 英語 通じる

むしろ、多くの日本人の方は東アジア系の風貌をしているので、中国にいると、

中国の現地人として見られます。

中国語を話すのが当然というスタイルでコミュニケーションがスタートしますので、中国上海の現地人に見える僕がいきなり英語を話し出すと、さあ大変。

現地の人々は瞬時に顔を強張らせ、怖い顔になります。

「ああああ?!」

とか

「はあ?!」

とか言われることになります。いやあ、怖い。

中国 上海 英語 通じる

上海に到着してから英語を話そうと頑張っていたんですが、このような経験があまりにも多かったので、

上海滞在中は英語を封印すると誓うことにしました笑

英語の代わりに頑張って中国語を話さざるを得ませんでしたね。

 

英語しか話せない人がいっぱい泊まっているホテルのフロントの方ですら、英語はNG。

英語で話しかけたら

「あっ、えっと」

となったので、ぼくらは翻訳アプリで意思疎通をせざるを得ませんでした。

 

上海と言うか、中国では英語が全く通じないと思っていた方がいいでしょう。

むしろ、人種的に近いので、

中国語を話すことを求められる

と覚悟しておいた方がいいです笑

 

中国で英語を話すのは流暢に話すのは英語教育を受けてきた若い層、もしくは大学卒などのエリート層になります。

そのため、旅行中に出会う一般の中国の人々はまず英語が通じないと思っていた方がいいでしょう。

まずこちらが頑張って中国語でコミュニケーションを取ろうとし、こちらの拙さが伝わって、あっちから英語を話してくれる状況であれば、英語を話すというスタンスで良いと思います。

英語後出し戦略というやつですね。

 

むしろ英語が全く通じないので、英語よりも漢字を書いた方が意思疎通が簡単だと思います。

そのため、スマホで漢字をタイプして伝えたり、Google翻訳アプリで意思疎通を取った方がスマートに上海で旅行できると思います。

 

 

日本旅行している中国・韓国の観光客に思いを馳せる

という感じで、僕が実際に中国の上海に行って英語を使ってみましたが、全く通じなくて泣きそうになりました。

英語を封印して中国語で頑張るしか道は残されてないのです。

 

しかしながら、この状況は

日本旅行している中国・韓国からの観光客の方も同じ。

彼ら・彼女らも外見は東アジア系で、日本人と大差ありませんので、日本にいると日本人として扱われることになります。

そのため、日本語で話しかけられたりするということが日常茶飯時でしょうね。

上海に行って初めて気がつきました。

 

逆に言うと、英語が通じない日本で英語を話せるということは、海外から来ている観光客の方にとっては割と救いになるんだなと思いました。

上海で英語は通じるか試してみる予定だったのですが、中国でもがき苦しんだ結果、日本に来ている中国や韓国の観光客の方に共感するという結果に落ち着きました笑

やはり、中華圏では英語だけではなく中国語を勉強しておかないとまずコミュニケーションは十分にとれないと思っておいたほうがいいでしょう。

この上海旅行を経て、英語だけでなく中国語も勉強してみたいと思ったのは僕だけでないはずです。

 

それでは!

Ken

コメントを残す