【徹底検証】中国の深センでは英語が通じるのか??




中国の深センで英語は通じる??

中国の深センといえば、広東省の経済特区。

中国の新興IT企業がひしめく最先端の地域です。

こう聞くと深センはハイテク化が進んでいて、グローバルなイメージがあり、英語が通じそうな気もします。

果たして、中国の深センでは英語が通じるのでしょうか?

深セン 英語 通じる

 

結論からいってしまうと、

中国の深センでは英語はまず通じない

と思っておくといいでしょう。

 

上海で英語が通じない具合と大体同じです。

 

中国の深センでは、まず英語は通じないので、英語は封印したほうがいいですね。

なぜなら、日本人は現地人と大差ない風貌なので、現地人からすると、

中国語(北京語)を話すもの、と思われます。

 

現地人と思わしき人物が英語を話し始めると、さあ大変。

不機嫌な顔をされたり、困った顔をされたりします。

中国の深センでも、

英語は使わずに中国語で頑張りましょう。

 

中国の深センで英語が使えるタイミングは??

とはいえ、です。

そんな深センでも英語を使えるタイミングは「0」ではありません。

それはズバリ、

「英語がしゃべれる中国人」としゃべる時だけですね。

ただ、中国には中国人がいっぱいいて、誰が英語をしゃべるかわかりません。

したがって、入口は中国語でコミュニケーションをスタートせざるをえません。

 

もし、こちらの中国語が拙いことがわかると、英語が話せる中国人ならば、

Do you speak English?

と、英会話を提案してくれます。

いや、相手が英語を話せるとわかった時の開放感と言ったら何の。

 

こちらから英会話カードを切るのではなく、あちらからの提案を待つのが無難です。

経験上、

大学生のような現地人

は英語が通じる場合が多いです。

場所的にいうと、大学の教育機関周辺ですね。

 

ただ、深センでは英語が使えませんが、英語が話せないでいい、というわけではありません。

「英語ができない状態」で乗り込んでしまうと、余計に詰むでしょう。

いや、中国語がしゃべれればいいんですけどね

英語は「言語が通じない者同士」の最終兵器として便利なので、日頃から鍛錬しておきましょう。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す