聞き返しは2回まで!英会話で相手が言っていることがどうしてもわからない時の対処法




 

英会話しているとたまに、

相手が言っていることがどうしてもわからない

というやばい瞬間があると思います。

(ごめん、ほっんと言ってることがわからない)

そんな時は最強のツールである「Sorry?」 で相手にもう1回同じフレーズを言ってもらうことができますが、

相手の英語を聞き返す回数にも限度があります笑

ぶっちゃけ肌感覚で、

使っても2回まで。

2回言ってもらってわからなかったら諦めた方がいいです笑

3回目はさすがに聞き返すとちょっと気まずくなり、相手との関係を壊す可能性もありますので、聞き取れなくてコミュニケーションが成立しなかったことを素直に認めることにしましょう。

串カツのソースが二度漬け禁止なのと同じく、Sorryにも限界があるというわけですね。

 

 

そんな、相手の英語を聞き取ることをギブアップする時に使えるのが、

Sorry, I don’t understand.

という表現。

 

(ごめん、ほっんと言ってることがわからない)
Sorry, I don’t understand.

 

これは

「すいません、わかりません」

と自分の英語力の非を認めることになる表現で若干、マイナスのイメージがありますがそんなことはありません。

わかったふりをするのではなく、わからないことをきちんと伝え、ちゃんとコミュニケーションをとっていきたいという真摯な姿勢を相手に示すことができます。

 

わかったふりをして無理に会話を不快にさせてしまうよりも100倍マシですね。

わかったふりをしていても、相手には伝わってしまうものです。

無理をすると嘘をついていることにもなりますので、ここは正直になって be honest が一番。

Sorry? を2回発動して、それでも聞き取れないようだったら自分の英語力が至らなかったことを素直に認めて、

Sorry, I don’t understand.

でその場を丸く収めることを丸く収めていきましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す