聞き返しは2回まで!英会話で相手の英語を聞きとれないときの対処法




 

英会話しているとたまに、

相手の言っていることがわからない

という「やばい瞬間」がありますよね?

(ごめん、ほっんと言ってることがわからない)

 

そんな時は最強のツール「Sorry?」を使って、相手にもう1回言い直してもらうといいです。

しかしながら、聞き返す回数にも限度があります。

ぶっちゃけ肌感覚で、

2回まで。

 

2回言ってもらってわからなかったら諦めたほうが無難です。

3回目は聞き返すと気まずくなり、相手との関係を壊す可能性もあります。

そういう時は素直に、コミュニケーションが成立しなかったと認めましょう。

串カツのソースが二度漬け禁止と同じく、Sorryは三度漬けが禁止されているのです。

 

そんな、英語の聞き取りをあきらめる時に使えるのが、

Sorry, I don’t understand.

という表現。

 

(ごめん、ほっんと言ってることがわからない)
Sorry, I don’t understand.

 

これは

「すいません、わかりません」

と自分の英語力の至らなさを認める表現です。

一見、マイナスのイメージがありますがそんなことはありません。

わかったふりをするのではなく、わからないことをきちんと伝えるのも大事。

ちゃんとコミュニケーションをとっていきたいという「真摯な姿勢」を示せます。

 

わかったふりで相手を不快にさせるより100倍マシですね。

わかったふりをしていても、相手には伝わってしまうものです。

 

Sorry? を2回発動しても聞き取れないようだったら、自分の英語力が至らなかったことを素直に認めましょう。

そして、

Sorry, I don’t understand.

で場を丸く収めていきましょう。

 

それでは!

Ken




無料でe-Bookをプレゼント!
TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す