英語で「もう一度」と聞き返すときはとりあえず「Sorry?」で攻めよう




英語で聞き返すときはなんていえばいいのか?

どうも、Kenです。骨盤、開きました。

 

英会話初心者が最も恐れるのが、

相手の言っていることはわからなかった時

ではないでしょうか??

相手が言っていることがわからないまま英会話を続けるのははっきりいって地獄ですし、相手に失礼ですし、むしろそのままにせず、

「なんていったの?もう一度いってもらえる?」

と自分のリスニング力の低さを認め、相手の言っていることを英語で聞き返す必要が出てくるわけです。

僕も初めてアメリカ留学に行ったときはそれこそしょっちゅう聞き返していて嫌になっていたこともありましたが、わからないをそのままにしなかったことがリスニング力向上につながったのではないかと思います。

 

 

学校で勉強した相手の言ってることを聞き返す表現としては、

  • Pardon?
  • I beg your pardon?
  • Please say it again

などいろいろありますが、 最も一般的で、簡単で、何回も、誰に対しても使えるのが

Sorry?

です。

 

「Sorry」という英単語は中学1年生の時に習う基本的なもので、英語を勉強すると3秒に一回ぐらい出てくる単語ではあると思います。

そのSorryを謝罪の意味ではなく、

相手の言っていることがわからないのでもう一度いって欲しい

という文脈でも使えるのです。

 

ポイントは

語尾を疑問文風にあげる

ということ。

 

英語で もう一度 聞き返す

 

そのままSorryを発音するとの謝罪の意味になってしまうので、疑問文の時のように語尾を上げるのを忘れないようにしましょう。

 

英語で もう一度 聞き返す

 

聞き返す表現「Sorry?」が生きてくるシーン

ってことで、実際にSorry?が使われる英会話のシーンを見てみましょう。

 

David
Hi Ken. How’s it goin?

◎$♪×△¥○&?#$?

Ken
Sorry?
David
Did you take break fast?
Ken
Noo not yet.
David
Okay then.

◎$♪×△¥○&?#$!

Ken
Sorry?
David
Let’s go to cafeteria and ◎$♪×△¥○&?#$!
Ken
Sorry?

 

 

ボディランゲージを加えるとなおよし

という感じで、聞き返す表現のSorry?が使われるシーンもなんとなく想像できたと思います。

あとは、Sorry?自体がうまく相手に伝わらない時は ボディランゲージを加えてみると完璧ですね。

具体的に言うと、

Sorry?の語尾を上げるタイミングで、

手を当てながら耳を相手に向ける

という手法です。

 

英語で もう一度 聞き返す

 

これなら自分のSorry?が相手に理解されずとも、相手にはボディランゲージで伝わっていないことがわかるはずです。

 

このようにSorry?は非常に便利で、1単語で語尾を上げるだけで相手のいっていることを「もう一度」と聞き返せるので非常におすすめの英語表現です。

相手のいってることがわからない状態が怖くて英会話が億劫・・・・

という方はSorry?を駆使してみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す