【徹底検証】スリランカで英語はどのくらい通じるのか??




スリランカって英語通じるの??

どうも、Kenです。ゴキジェット、稼動しました。

 

スリランカ旅行で気になるのが、

スリランカでどれくらい英語が通じるのか??

ですよね。

スリランカ 英語 通じる

英語が役に立てば、スリランカ旅行は楽しくなりそうですし、逆に、英語が通じなければ苦戦を覚悟して入国しなければなりません。

 

今日はスリランカ旅行してきた僕が

スリランカで英語は通じるのか??

を紹介します。

 

 

スリランカの言語事情

まず「スリランカの言語事情」を振り返ってみましょう。

「スリランカの歩き方」によると、スリランカの言語は、

インド・アーリア系のシンハラ語、ドラヴィダ系のタミル語が公用語。都市部では英語もかなり通用する

と書かれています。

民族構成比率を見てみると、

  • シンハラ人:72.9%
  • タミル人:18%
  • ムスリム:8%

で、マジョリティがシンハラ語を話す「シンハラ人」、その次にタミル語を話す「タミル人」ですね。

 

したがって、「シンハラ語」と「タミル語」が公用語といっても過言ではないでしょう。

ただ、スリランカでは英語が「第3の公用語」として使われているためか、街の看板は

  • シンハラ語
  • タミル語
  • 英語

の3言語表記になっています。

スリランカ 英語 通じる

 

実際に、スリランカではほとんどの人が英語に堪能でした。

英語が話せなかったのは警備員のおじいさんとかで、たまに見かける程度でしたからね。

英語で喋りかけても拒否感などは全くなく、当たり前のように受けいれてくれます。

 

スリランカで英語はどのくらい通じたのか??

ただし、スリランカで話されている英語は「スリランカ訛り」があります。

アメリカ英語を勉強した人がスリランカで英語を使うと、

一方通行のコミュニケーションになることが多いかもしれません。

 

これはどういうことかというと、

自分が言っていることは理解してもらえるけど、相手の発言内容はちょっとよくわからない

という状況。

 

スリランカの英語は独特のアクセントを持ち、なおかつ、日本語と同じように母音を強く発音する傾向にあります。

そのため、スリランカの英語は、

日本語のように聞こえることがあります。

 

例えば、僕が入ったコーヒーショップ店でのこと。

アメリカンコーヒーを注文した時に店員さんが

「おっとこ?」

とつぶやいたように聞こえました。

 

母音をはっきりと発音し、アクセントが強くなかったので、まさに日本語のよう。

日本語の「男」と聞こえてしまいました。

日本人だと見破られ、さらに、ぼくに男を紹介しようとしているのではないか??

とよくわからないシチュエーションに笑

 

いや、しかし、そんな闇取引は街中のコーヒーショップでおこなわれるはずなかったので

「Sorry??」

と聞き返してみると、どうやら

「Hot or Cold?」

とドリンクの温度をきいているようでした。

確かに、母音を強めに発音すると「おっとこ」のように聞こえるな・・・

 

このように、スリランカ旅行中は

ぼくの発言に理解を示してくれるものの、相手の言っていることがわからない

というケースが多々ありました。

 

おそらく、スリランカの人々は、ありとあらゆるEnglish でコミュニケーションしてきたので、日本人の英語にも対応できたのかと思います。

一方、ぼくは初めてスリランカ英語に触れたので、聞き取るのがなかなか困難。

もちろん、ぼくのリスニング力不足もありますけどね。

 

また、英語での数字表記はほぼすべてのスリランカ人が知っていたので

買い物での価格交渉、移動手段の確保は楽でした。

このようにスリランカでは英語が通じますので、常日頃から英語力を鍛えてスリランカ旅行に備えておきましょう。

 

それでは!

Ken




無料でe-Bookをプレゼント!
TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す