1分間English!映画「スリー・ビルボード」のセリフに学ぶパワー英会話




映画「スリー・ビルボード」のセリフで英語の勉強をしよう!

どうも、Kenです。のど飴でも、摂取してます。

 

今日は映画で英語を勉強するシリーズの第一弾ということで、

映画「スリー・ビルボード」のセリフで英会話の勉強をしてみましょう。

なぜ、「スリー・ビルボード」なのかというと、昨日鑑賞してきたからです笑

この映画は娘をレイプで虐殺された母親が、犯人の手がかりがなく捜査が一向に進まない、地元ミズーリ警察に対して、道路の交通広告を使って、彼らの仕事ぶりをなじるというお話です。

詳しくは映画「スリー・ビルボード」を鑑賞していただきたいのですが、この映画では予告編に使われている印象的なシーンがあります。

 

 

映画「スリー・ビルボード」で英会話の勉強しよう

予告編で印象に残るシーンはこちら。

ミルドレッドが掲載した広告が原因で悪いことが起こってしまったということで、ニュースレポートが現場でレポートしています。

そこへ、ミルフレッドと息子が車で通り過ぎるシーン。

娘をレイプ事件で失ったミルドレッドが言い放つこちらの強力な英会話フレーズに注目してください。

 

You can put an end and shit fucking retard. This is just a fucking start.

Why don’t you put that on your good morning Missouri fucking waking up broadcast bitch!

 

「fucking」というfワードがこの短時間の発言で3回も出てきます笑

このフレーズでポイントとなるのは、

Why don’t you put that on your good morning Missouri fucking waking up broadcast bitch!

です。

「Why don’t you ~?」で「〜したらどう?」という提案をしている文章となってます。

主人公のミルドレッドは、ミズーリテレビの朝番組「good morning Missouri fucking waking up broadcast」に「that」をputしたらどう??と言ってますね。

じゃあここでいう「that」は何なのかというと、前文に出てきている「an end(もしくはshit)」をさしています。

つまり、

Why don’t you put that on your good morning Missouri fucking waking up broadcast bitch!

は、

Why don’t you put an end on your good morning Missouri fucking waking up broadcast bitch!

という意味なのですね。

これを日本語訳にしてみると、

あんたのクソミズーリ朝番組の放送を終わりにしたらどうなんだよ?びっち!

と言ってるのですね笑 字幕では

とぼけたレポートしてないで目を覚ましな

とうまい感じに意訳していますが、とんでもないパワーのある発言を主人公のミルドレッドがしていたのでした。

ほんと、この人恐ろしいぐらい強い笑

 

 

最後にリピートアフターMovie

最後に、ミルドレッドの調子に合わせてフレーズをリピートしてみましょう。

You can put an end and shit fucking retard. This is just a fucking start.

Why don’t you put that on your good morning Missouri fucking waking up broadcast bitch!

 

恐ろしい感じを醸し出しつつ英会話の練習ができましたでしょうか?

映画「スリー・ビルボード」にはこの他にも学べる英会話フレーズが登場するのでよかったら鑑賞してみてくださいね。

 

それでは!

Ken




無料でe-Bookをプレゼント!
TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す