長かったTOEIC 900点超えまでの道のりと勉強法




 

ビジネス英語力を計測するテストTOEIC。

今でこそ安定して900以上をマークできるようになりましたが、900点までの道のりは長かったです

初めて受けたTOEICは本当に「地獄の2時間」でした。

いくら耳に力を入れても聞き取れず、ただ音声が流れていく絶望感を覚えています。

 

今日は大掃除して古いスコアシートが出てきたので、

TOEIC地獄時代からどのような軌跡をたどり、900点以上取れるようになり、そしてTOEICが趣味になったのか?

を書いてみました。

 

圧倒的に苦しかったTOEIC400点時代

最初に受けたのは2006年10月12日で、今からだいたい13年前のこと。

高校で受けた490点でした。

「GTEC」というベネッセの英語テストで点数が良かった者だけ、TOEICを受けられる仕組みになっていました。

GTECの標準点を突破していたのでTOEICに挑戦してみたのです。

 

英語は得意科目で自信はあったのですが、

初めてのTOEICで超ボロボロに。。

リスニングは何を言ってるかわかりません。

英文が耳からスルスルと抜けて、リスニングパートは壊滅状態。

かといってリーディングができるわけでもなく、4分の1ぐらいは塗り絵をしていました。

 

その初めてのTOEICから1年後に受けたテストでも成果は上がらず。

むしろ、455点まで下がっていました。

 

 

TOEICにボコボコにされた経験から、TOEICに苦手意識を持っていました。

ただ、あまりにも悔しかったので「TOEICを攻略してみたい」と思うようになったのもこの頃でしたね。

 

TOEIC 500点代でくすぶった日々

TOEICの問題集を買って勉強するようになりました。

しかしそんな本格的にやらず、リーディングの問題を少しやっただけ。

大学で強制的にTOEICを受けさせられたのですが、高校時から少し伸びて500点代へ。

もう一度大学でTOEICを受けましたが、やはり500点でくすぶったままです。

 

TOEIC 600点の壁を突破する

これはいかんと思い、本格的にTOEICの勉強をスタートしました。

まず「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」を読んで、

そこで紹介されていた「英語耳」に出会うことに。

 

これは

英語の発音を鍛えてリスニング力を上げようぜ

という趣旨の本です。

英語耳の発音メソッドを毎日30分続けて、発音力を強化しました。

嘘のように聞こえるかもしれませんが、発音を訓練したおかげで、英語が急に聞こえるようになったのです。

 

同時にやり始めたのがビジネスの語彙の強化

「TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター」という黒い単語帳を持ち歩き、スキマ時間で覚えていきました。

トイレや風呂にも持ち込んでいましたね。

それと同時に「TOEICの900点の勉強方法」で紹介されていた韓国のテストマスター「キムデギュン」のTOEIC対策本を読み漁りました。

キムデギュンから実践的な解法を学びました。

  • 発音の訓練
  • ビジネスの語彙を増やす
  • 実践形式に慣れる

という勉強法でメキメキと英語力を伸ばし、はじめてTOEICを外部に受けにいったら手応えがありました。

前回の565点から130点アップして、

695点!

 

 

テストを解いてる時に手応えがあったのを覚えています。

TOEICの魅力は勉強すればするほどすぐに点数に反映されること。

「点数が伸びた時の喜び」というか「学習の気持ちよさ」を感じやすいのです。

筋トレでいうと、胸筋が肥大しやすい「ベンチプレス」に近いですね。

 

700点の壁を突破

さらに上のレベルにいくためには、どうしても、

「英語を理解するスピード」をあげる必要がありました。

 

リスニングでいくら聞き取れても意味を理解できないと、正答できませんよね?

加えて、リーディングではそもそも理解スピードが遅いと、最後まで読みきれません。

さらなるスコアアップを狙って「英語の理解スピード」をあげるトレーニングに専念しました。

 

そこでやってみたのが、

英文の多読。

英文をたくさん読むことにしたのです。

 

ただ、いきなりレベルの高い英文では挫折しかねなかったので、僕が選んだのは、

ネイティブ幼児用の本でした。

中でもおすすめなのが「英語耳」でも紹介されていたルイス・サッカーです。

 

僕自身、多読する中で、ルイス・サッカーの著作をすべて読破するほど好きになりました。

入門でオススメなのが「Marvin Redpost」というシリーズ。

 

Marvinという少年が奮闘する日常系の物語。

内容も面白いですが、何より、

本が薄くて簡単なのがいいのです。

初心者でも挫折しにくいのが特徴です。

 

あとルイス・サッカーでオススメなのは「Holes」や、

「The Cardturner」ですね。

多読教材に迷っている方はルイス・サッカーを読んでみてください。

 

多読トレーニングを続けたこともあって、次のテストで700点の壁を突破。

800点の壁も見えてきました。

 

 

800点の壁を突破する

700点の壁を突破してから、英語の面白さにだんだんハマっていきました。

日本語よりもシンプルで情報伝達力に優れている点が面白く、

英語で何かを勉強すること

にハマりました。

 

例えば、英語で数学や化学の復習をしていました。

洋書の教科書はわかりやすく、英文を読むために目からウロコが落ちてびっくり。

これらの経験からいつしか、

「英語圏で留学して勉強してみてえな」

という気持ちが芽生えてきました。

 

あと、英語好きにもかかわらず、英語を話せないので、

生きた英語力を身につけたい

という思いも芽生えてきました。

 

英語圏の留学に必要なテストはTOEICではなく、

TOEFL iBT

のスコアが必要でした。

「TOEICできたんだからTOEFLも余裕だろうよ」

と軽い気持ちでTOEFLの勉強を始めると、

まさかの大誤算。

 

TOEICとは比べ物ならないほど難しいのです。

留学希望者の間では「punishment(罰)」と恐れられていました。

しかも、TOEFLでは、リーディング・リスニングだけではなく、

  • ライティング
  • スピーキング

というアウトプット力まで計測されるので、一筋縄ではいきません。

(留学前にアウトプット力測るってどういうことや・・・・)

 

しかしながら、留学してみたかったので、

TOEICは忘れ、腐る程TOEFL iBTの勉強を始めました。

勉強の成果もあってか、当初目標としていたTOEFL iBT80点をマークすることに成功。

なんとか奨学金付きの留学プログラムに参加できることになったのです。

ふう、まじTOEFLやばかったな・・・

 

そのTOEFLでの死闘の後、TOEICに戻ってくると、

TOEICが楽勝になっていました!

内容も簡単で短い。

そして何より、アウトプットのセクションがありません。

 

気づいたら800点の壁を突破していて、

895点

と、900点に5点まで迫りました。

 

 

ただ、目標としていた900点には届かなかったのが心残り。

留学前にTOEIC900点を取っておきたかったのでもう一回受けたのですが900点の壁に阻まれることに・・・・!

 

900は超えられずにアメリカに9ヶ月行ってきました。

 

6年後、突如TOEICに目覚める

留学から帰ってきて、「英語はある程度マスターした自負」がありました。

コミュニケーションツールとして使える「生きた英語」を身につけられたので、英語学習はもういいかな、と思っていたのです。

英語学習への関心が薄れ、TOEICの存在も思い出すことはありませんでした。

留学前に受けていた800点越えのスコアもあったので、キャリアのために受験する必要もないですからね。

 

それから6年が過ぎ、社会人を経験し会社員の苦しみを味わい、そして、会社を辞め、このブログを始めるタイミングで

「そういえばTOEIC900点超えてなかったな・・・」

と、高校生から夢だったTOEIC900点に再び挑戦したのです。

久しぶりにTOEICを受けてみたら、

885点、

855点、

と2回900点の壁に阻まれます。

しかし、3回目でやっと

915点

を獲得し、900点を突破しました。

 

 

やっとTOEIC900点プレーヤーになれました。

3回目で900点を突破できたのは「テストへの慣れ」がでかいと思います。

 

それ以降はTOEIC参戦がもはや趣味に。

パズルゲームのような「楽しいアクティビティ」になっていて、月1のペースで受験していました。

その甲斐あってか最善のスコアは

950点をマーク。

もはや何のためにTOEICを受けているのかわからなくなりましたね。

しかしながら、まだまだTOEIC満点には届いていません。

満点を目指して現在も研鑽中です。

 

せっかくなので、僕のスコアの変遷をグラフにしてみました↓

 

僕は帰国子女ではありませんし、ハーフでもないです。

ただ、0ベースから学習を続け、なんとかTOEICで900点以上取れるようになりました。

英語はスポーツのようなもので、

日々の積み重ねで伸びる学問です。

TOEICは英語力を細かく数値化してくれ、スコアが伸びた喜びを実感しやすいのが魅力ですね。

さあ、読者の方もこれからTOEIC900を目指して、勉強してみませんか?

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す