ぼくが TOEIC L&Rで940点を取れた2つの理由




TOEIC L&Rでハイスコア940点に更新!

どうも、Kenです。夢、観察してます。

 

先月の2018年10月28日の TOEIC L & R テストで、940点の自己ベストを更新することができました。

 

toeic 940点

 

リスニングが495点で満点をキープし、さらに点リーディングが445点の自己ベスト。

これまで伸び悩んできたリーディングの点数が伸びたので、総合得点でもれまでの自己ベストだった915点から+25点アップすることができ、TOEIC 満点という夢に近づくことができました。

10月のテストはそんなに手応えがなく自信がなかったので、この結果に見た途端思わずガッツポーズ。

ここ10年間ぐらいで最もハッピーだって最高の瞬間だったと思います笑

まだアビメが出ていないので詳細な要因などは分析できませんが、なぜ915点から940点への25点のジャンプアップができたのかということを改めて考えてみると、やはり次の二つの要因に思い当たりました。

それは、

  1. テストの慣れ
  2. 気候のコンディション

です。

 

TOEIC L&Rテストの慣れ

今年に入ってからほぼ毎月TOEIC L&Rを受験していますので、徐々にテストの問題やテスト会場の雰囲気、進行に慣れてきました。

特に大きいのがリーディングの読解問題における慣れ。

情報のスキニング能力が上がってきていて、ダブルパッセージだろうがトリプルパッセージだろうが、設問に答えるために必要な情報がどこにありそうなのか、ということわかるようになりました。

それゆえか、リーディングを解くスピードが上がったような気がし、自己ベストを更新した10月のテストではリーディングの問題をぎりぎりですが時間内に全て解くことができたのです。

ただ、やはりリーディングはまだまだ完璧でなく、回答に迷うところがあったりに、「はあ、知らねえよ」と投げやりにといてしまう問題があったりしますのでまだ改善のしどころがあると思っています。

ただ、やはり TOEIC テスト対策を自宅でちまちま勉強するよりも、このように本番を何回も受ける方がよっぽど勉強になる、というかスコアアップに繋がります。

本番では2時間みっちり集中してTOEIC L&Rの問題と向き合うことになるので、

テスト本番がいい練習になります笑

TOEIC L&Rのスコア改善したい??

そんなときはTOEIC L&Rを受けまくるといいです。

 

ベストな気候のコンディションだった

10月28日といえば秋のど真ん中。

暑くもなく寒くもなく、まだコートを羽織っていなかった時期だと思いますので、この絶好の秋のコンディションの中 TOEIC を受験できたのは幸運だったと思います。

前々回の9月18日のテストでは残暑の中での TOEIC テストですのでスコアも下がってしまい、散々たる結果でした。

今回の10月28日のテストはこの秋の気候もあってか一気にジャンプアップすることができました。

やはりスコアが出やすい TOEIC の回というものは存在しているのでしょうね。

一発勝負、もしくはあまり少ない受験回数で高スコアを叩き出したい

という方は、僕が点数が良かった

  • 6月
  • 10月

のテスト受験をおすすめしますね笑

やはり夏や冬ではなく、その中間の春や秋のテストがそれほど気候が激しくないので高スコアが出やすいかもしれません。

 

まだまだTOEIC L&R満点への道は遠い

と、以上が僕がTOEIC L&Rで940点を取れた理由でした。

紙のスコアシートが来ていないので詳細な分析はできませんが、もうとりあえず、よい、そして嬉しい。

940点取れたので後 TOEIC の満点まで50点まで迫ってきました。

まだまだリーディングに関しては改善の見込みがありますので、この調子でTOEIC 道を突き進んで行きたいと思います。

 

追記:アビメの分析

ということで、TOEICテストから1か月後に詳細のスコアの結果が載っているアビメが自宅に届きましたのでこいつも 詳細に分析して行こうと思います。

 

まずパーセンタイルランクから。

パーセンタイルランクとは、TOEIC の全受験者のうち、リスニング・リーディングのそれぞれのスコアが上位何パーセントでやるかということを示した数値になりますね。

僕は940点を取った時はリスニングが満点で97%、リーディングに関しては94%という数字でしたね。

そのため、だいたいですがそれぞれのスコアが94から97%の上位に入っていれば940点の TOEIC のスコアを取得できることになります。

 

また各セクションの正答率を見ていきましょう。

まずリスニング。

  1. 短い会話文脈を推測できる
  2. 長めの会話において詳細が理解できる
  3. フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる

という3項目が100%ではなかったので、おそらく3問間違えて3問ミスの可能性がありますね。

詳細はどこのパートで間違ったのかわかりませんが、おそらく

  • Part 2で2問
  • Part 4で1問

間違ったんではないかと思いますね。

僕自身、情報が少ないPart 2を苦手としていて、時々正解がわからない問題に出くわすことがあります。

今後はリスニングの満点を盤石するためにもPart2の対策はおこなって行こうと思います。

 

続いてはリーディングに関して。

アビメを見ると結構ボロボロの状態になっていて、特にミスが目立ったのが

文章の中の情報をもとに推測できる

というところですね。

これはおそらく。Part 6と7の 問題で、

文章に書かれていない事柄を推測する類の問題の正答率だと思いますね。

 

また、ダブルパッセージ・トリプルパッセージの正答率である

一つの文章の中ではまたは複数の文章間で散りばめた情報を関連付けることができる

という正答率も低かったので、パート7の中でも特にダブルパッセージ・トリプルパッセージのパターンもトレーニングする必要があると思いました。

あと気になったのが、本来ならば得点源になるはずの文法・語彙セクションに関しても正答率は100%ではないということ。

これらの基本的な問題も100%の正答率を瞬時に出すようにするために、まずはここから対策を始めてみようかなと思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す