難易度・レベルはいかほど?ぼくがTOEIC L&Rで950点を取った勉強法




TOEIC L&Rでベストスコア950点を取った!

どうも、Kenです。プッシュアップ、5回です。

 

ビジネスパーソン向けの英語テストTOEIC L&R。

TOEICにハマりだして1年経ちますが、ついに、

950点の壁を突破できました!

2019年1月13日に950点を記録できたのです。

 

 

リスニングが満点の495点、リーディングが455点。

前回の940点よりも10点アップです!

 

今回のテストはリスニングが難しく、満点は無理かと思っていたのですが、なんとか死守。

リーディングは修行を積んだので、それがスコアに反映されていて嬉しいです。

今日は、ぼくがTOEIC L&Rで950点を獲得するためにした勉強方法をまとめてみました。

 

TOEIC 950点を取るための勉強法

ぼくの場合、前回リスニングは満点だったので、リスニング対策はまったくせず、リーディングだけ修行を積みました。

取り組んだのは1つで、

「TOEIC L & R テスト文法問題でる1000問」を解きまくった

です。

文法問題練習を積むことで、テスト本番で文法問題を瞬殺できるようにしました。

 

「TOEIC L & R テスト文法問題でる1000問」は TOEIC の世界で権威的な存在。

英語教材完全ガイドで紹介されていたので試してみました。

やはり問題数が半端ないです。

TOEICの文法問題が1000問収録されています。

好きなだけ、飽きるほど文法問題に取り組めるわけですよ。

 

この問題集でトレーニングを積むと、

問題を見ただけで解答がわかる境地に達します。

 

26~82ページに掲載されていた144問を本番3日前に解いてみました。

トレーニング成果が出たためか、 TOEIC本番では条件反射で文法問題を解けるまで成長していたのです。

 

特に力を発揮したのが、

品詞の問題

です。

同じ意味の名詞・副詞・形容詞が選択肢になっている問題ですね。

この手の問題はすぐに解けるようになりました。

 

品詞系の問題を瞬殺できるようになったので、他のリーディング問題にかける時間を増やせました。

いつもは時間ギリギリか制限時間オーバーでゲームセットでしたが、今回は5分ぐらい余裕がありました。

TOEICの文法問題のトレーニングを積むことは、文法問題の正答率を上げられることはもちろんです。

それに加え、他の読解問題にかける時間を増やせるメリットもあったのです。

 

追記:アビメが届く

いや〜アビメ届きましたね。

950点の内訳が見えてきました。

 

まずリスニングから。

今回のテストでは、

短い会話の情報をもとに基本的な文脈を推測できる

が100%ではありませんでした。

おそらくPart 2で 1問ミスと推測できます。

 

さらに、

長めの会話アナウンスナレーションなどにおいて詳細が理解できる

フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる

という Part 3 、Part 4の関連項目も100%ではありませんでした。

Part 3・4で2問ぐらいミスがあったのでしょう。

 

TOEIC は絶対的に点数を決める仕組みではありません。

あくまでも他の受験者との相対的な評価で決まります。

今回は辛うじて満点を維持できましたが、まだまだ改善の余地ありです。

Part 2のミスを減らすところから対策していく予定です。

 

続いてはリーディング。

どの項目もミスが目立ったのは残念。

 

対策して臨んだボキャブラリーとグラマーは100%に近づいてきましたが、まだ100%ではありません。

語彙と文法の対策を続け、どんな問題がでても100%正答できるようにしたいです。

グラマーとボキャブラリーで余裕が出れば、Part 7の長文に当てられる時間が増えるでしょう。

 

という感じで、TOEIC満点まであと40点と近づいてきましたが、やることは山のようにありますね・・・

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す