【TOEIC L&R 】ベルサール渋谷ファーストで受験してきた体験談




ベルサール渋谷ファーストでTOEICを受験してきた

どうも、Kenです。もやしで、粘ってます。

 

TOEIC L&Rの受験地を「東京」へ希望したところ、今回のテストでは

ベルサール渋谷ファースト

で受験になりました。

ベルサール渋谷ファースト toeic

2時間にも及ぶTOEICの死闘をへて、無事に生還できたので

「ベルサール渋谷ファースト」というTOEIC試験会場をレポートしておきますね。

 

ベルサール渋谷ファーストへのアクセス

最寄り駅は「渋谷駅」。

どこの出口から出ても、だいたい徒歩8〜10分ぐらい。

渋谷の歩道橋から放射線状に道が伸びているので、その先にあるのがベルサール渋谷ファースト。

このルートでは「伸びる道を取り違えるミス」に注意です。

僕は渋谷に降り立つたびに道を取り違えていて、しばらく進んでから過ちに気づくことがしばしば。

スマホのGPSを駆使していきましょう。

また、

ベルサール渋谷違い

にも要注意です。

 

どうやら渋谷には「ベルサール渋谷ファースト」だけではなく「ベルサール渋谷ガーデン」が存在しているようです。

「ベルサール渋谷ガーデン」は渋谷にあるっちゃあるのですが、「ベルサール渋谷ファースト」とはまったく逆方向。

「ベルサール違い」を引き起こして、テンパっている受験生をちらほら見かけるのでほんと注意です。

 

会場周辺はどんな感じ??

渋谷ということもあり、会場周辺はすこぶる便利でした。

まずコンビニが複数ございます。

道中に食料調達、水分補給はお手の物。

ベルサール渋谷ファースト toeic

もちろん、ご飯処も多く存在しています。

テスト前に気合を入れたり、テスト後にご褒美として立ち寄れます。

ぼくはテスト後に「渋谷カレー」を食べてきました。

ベルサール渋谷ファースト toeic

パクチーが載っていて異国気分を味わえる一品でした。

 

会場の収容人数

はい、テストに関係ない情報はこのぐらいにしておいて、そろそろ本題に入っていきます。

いったいぜんたい、ベルサール渋谷ファーストには何人のライバルが集結していたのでしょうか??

現地調査の結果、最初の受験番号が「1350001」、最後が「1351520」だったので、

1,520人の受験者

がひしめいていたことになります。

ベルサール渋谷ファースト toeic

東京の受験会場では「2000人越え」が当たり前なので、東京では「中規模の受験会場」という位置づけですね。

 

ベルサール渋谷ファースト内での受験地は2カ所。

まず1つは「B1F」で、こちらにはそのうちの「882人」が。

さらに残りの「638人」が「2F」で受けるようになっていました。

 

僕は幸か不幸か、マジョリティのB1Fに配属され、こちらでテスト受けることになりました。

下りエスカレーターに乗り、

ベルサール渋谷ファースト toeic ベルサール渋谷ファースト toeic

 

B1Fに到着すると、受験番号ごとに受付の列ができています。

該当する列にならびましょう。

 

会場の様子

B1Fはめちゃくちゃでかい会場でした。

教室というよりは「イベント会場」。

著名人の講演会や、就活のイベントが開催されそうな雰囲気でした。

ぼくが通っていた小学校の体育館でいうと、10倍ぐらいの規模でしたね。

 

座席表を受付でもらえますが、とにかく細かい!!

ベルサール渋谷ファースト toeic

広すぎる受験会場のため、リスニングは天井についているスピーカーから流れるようになっていました。

 

ラジカセではなくスピーカーでリスニング音声が流されていたので、

前の席だから聞き取りやすいことはありませんでした。

「全員同じ条件でリスニングできる」点は評価できますね。

 

会場の外には自動販売機が設置されていて、現地で水分を補給できるでしょう。

ベルサール渋谷ファースト toeic

 

机、椅子、時計の様子

長い机があり、そこに2人がけ。

 

椅子には適度なクッション性があり、2時間のテストにも耐えられるでしょう。

B1Fだけで試験官が10人以上にされていてアサインされていて、かなり警備を強化していました。

「800人以上受験者がいるから管理体制ガバガバだろう・・・・」

油断しないほうがいいですね。

また、時計は設置されていないので、TOEICでも使える腕時計を持ち込みましょう。

トイレは??

さて、TOEIC成否の鍵を握る「トイレ」についても触れておきましょう。

ベルサール渋谷ファースト toeic

会場を出て右へ行くと、男女のトイレがあります。

が、しかし、このトイレはそんなに大きくないのが特徴。

男性用でいうと、明らかに便器数が不足していて、試験直前には長蛇の列ができていました。

現地入りする前に便を出しておくことをおすすめしますね。

 

帰りの混雑は??

帰り道はさすがに900人弱が一斉外に放たれるので、混雑していました。

ただ、僕は幸運なことに出口に近い席。

すぐに脱出できて混雑に巻き込まれませんでした。

ベルサール渋谷ファースト toeic

また、渋谷ということもあり、

TOEIC受験者たちが目立ちにくい!

TOEICerたちの流れが街にできるものの、渋谷はもともと人が多いので、風景に溶け込んでいました。

しかも、渋谷なので、カフェや食事処などが多数あり、タイムラグを作って混雑を避けやすいときてます。

どうしてもTOEIC帰り道の混雑を避けたい方はこちらの記事を読んでみてください。

 

こんな感じで、ベルサール渋谷ファーストは良質な受験会場です。

当選したら喜んでテスト受けていいでしょう。おめでとうございます。

 

追記:ベルサール渋谷ファーストで2回目の受験

受験地を東京で申し込んでみたところ、2回目のベルサール渋谷ファーストに当選しました。

今回は前回とは異なり、2階での受験に。

B1Fのときとだいたい受験環境は同じ。

会場前に長机が用意されていて、そこに受験番号ごとに並ぶ列ができているので、該当する番号の列で待ちます。

会場もだいたい同じだったのですが、スピーカーの位置が違うことに気づきました。

 

2階のスペースでは「左サイド」にスピーカーが用意されておらず、

  • 前方に2箇所
  • 右サイド1箇所

という配置。

 

左サイド、もしくは後方に配属されると、若干リスニングが聞き取りづらいかもしれません。

僕は左サイドだったので、音声的には不利なポジションでしたが、特に支障はありませんでした。

 

あとは前回よりも脱出するタイミングが遅れてしまい、帰りは大混雑。

さすがに渋谷でも異常といえる人口密度でしょうよ。

ベルサール渋谷ファーストは運営もしっかりしていて、会場も広いし、スピーカーは一箇所でないですし、いい受験会場でしたね〜

 

それでは、良いTOEICを。

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す