【試験レポート】中国でTOEICを受験してみた体験談




 

中国の深センに住み始めてから早2ヶ月が経とうとしていますが、やってみたかったのがTOEICの受験です。

TOEICといえば日中韓の東アジア圏で支持されている英語テストで、僕はもはや趣味のごとくTOIEICを愛していたので受けにいってきました。

今日はその体験談をまとめてみます。

 

 

TOEICを中国で受けるために必要な準備

まずは準備からですね。

ここからは中国でのTOEIC申し込みが完了していることを前提に進めていくので、申し込みが完了していない方はこちらを参考にしてみてください↓

 

受験票印刷する

中国では日本のTOEICのように受験票が郵送されないシステムになっています。

じゃあどうやって受験票をゲットするのかと、

オンライン上でPDFファイルを出力してそれを印刷するのです。

そしてその印刷した用紙を現地に持っていきますよ。

 

中国のTOEICでは受験票は「托业考试准考证」という名称になっていて、試験本番1週間前から印刷が可能です。

印刷の方法も簡単で、TOEICのページにログインして、

「查看」、

「下载准考证」と進むと、

次のような3つの選択肢がでできます。

  • 预览(プレビュー)
  • 在线打印(印刷)
  • 下载(ダウンロード)

 

どれか好きなものを選んでPDFファイルを出力して印刷すればいいですね。

この紙には、

  • 試験の詳細
  • 座席
  • 自分の個人情報

が書かれています。

カラーでもモノクロでも大丈夫みたいなので印刷したら、下の「Your Signature」にサインして試験会場に持っていきましょう。

アップロードした写真が既に印字されていますので、写真の現物を用意しなくても大丈夫です。

 

鉛筆と消しゴムを用意する

  • この受験票によると、
  • 2Bの鉛筆2本
  • 消しゴム

を用意するべし、と書いてありますね。

僕自身、中国で鉛筆を持っていませんでしたので、現地購入。確か合計で6件ぐらいだったと思います。

 

TOEICの試験当日の流れ

さて、いよいよテスト当日です。

 

試験会場に行く

中国のTOEICは日本とは異なり、早朝から試験が開始されます。

今回は

  • 受付開始 8:30
  • 試験開始 9:00

というスケジュールでした。

試験会場は「深圳」を希望したら「深圳大学継続教育学院」という場所に決定。

僕は深圳大学の近くに住んでいるので

「やった、徒歩で行ける」

と喜んでいたら、これがまさかの大誤算。

この教育学院は大人向けの社会人コースの大学で、大学生向けの深圳大学とはかなり離れたところにありました。

「大刷」という駅の近くにあるところでした。

遠すぎて地下鉄だと何分かかるかわかりませんでしたので、タクシーアプリ の滴滴出行で現地に乗り込んでみました。

 

教室に行く

建物の中に入ってみると、教室番号が書かれた張り紙を発見。

この紙によると、

1教室あたり30人ぐらいで、それが3教室。

合計98名の受験者が集まっていることが判明しました。

日本の東京だと1会場あたり2,000人を超えるのが当たり前だったので、日中のTOEICに対する熱量の違いを感じされましたね。

「もしかしたら中国ではTOEIC人気ないのかもな・・・・」

確かに、試験会場についてもそれほど受験者が見当たらなかったのは気のせいではなかったようです。

 

受付スタートまでは1Fでふらふら。

自動販売機がありましたし、近くに小さなパンショップがあったので水を購入して待機していました。

満を持して受付開始8:30ぐらいに教室に行ってみると、そこには長蛇の列が!!

やはり98人といえど大人数ですね。

この列では、

  • 受験票のチェック
  • 身分証の提示
  • 顔写真の撮影

をやっていました。

パスポートと受験票をチェックしてもらったら、左手にパスポート、右手に受験票を持って撮影してもらえます。

これが終わったらいよいよ教室に行きますね。

 

席に座る

教室に入るためには入る時に持ち物を整えなければなりません。

中国のTOEICで持ち込んでいいものは

  • 鉛筆
  • 消しゴム

のみ。聞いてみたらシャーペンも許されているようでしたね。

ただし、腕時計が持ち込み禁止されていますので、腕時計も外して教室に入るようにしましょう。

 

その鉛筆と消しゴムを除いた荷物はカバンの中にイン。

そして、カバンは教室の前に集められることになります。

もちろん、携帯電話の電源も切っておかなければないので、オフにしたらカバンに入れてカバンごと教室の前に置くことになります。

 

マークシートを記入する

9時になると受付が終了。

途中退室できないようになります。

 

そして、この時点で回答用紙のマークシートが配られますね。

日本とは違うタイプのもので、A4の縦書き。少しばかり日本のシートより小さい気がしました。

大体記入項目は同じだったのですが、気をつけるべきことは

  1. 言語コード
  2. 国別コード

の2つ。

 

日本人の受験者は「言語コード」を日本語、「国別コード」を日本にせねばです。

教室のプロジェクターに、日本人のコードが書かれているのでそちらを参考にしてマークするといいでしょう。

 

しかしながら、困ったことに

マークシートの説明は全て中国語で行われていました。

中国語がわからないと、何をどこまでどのようにマークしたらいいか全然わからない状態になると思います笑

まるで、中国語テストHSKを受験している気分になったのは僕だけではなかったはずです。

ただ、スタッフの方は英語を話すので、手を上げて質問すると個別に答えてくれますのでご安心ください。

あとは音声のチェックをして準備完了ですね。

日本のTOIECと違う点は、

英語の宣誓文を書かされる部分があったことです。

だいたい2行ぐらいの英文をサンプルと同じように書き写します。なぜ日本のTOEICにはこの英文を書かなくて済むんだろうなぁと思った次第です笑

 

問題用紙が配られる

9時半頃になると問題用紙が配られます。

問題用紙は白いテープでとまっていて、左上に名前、受験番号を記入する欄がありました。

受験番号は記入せず名前だけで良かったみたいです。

 

試験スタート

問題が配られてから5分後の9時35分ぐらいにTOEICの試験がスタートしました。

この時点でようやく英語の説明が聞こえてきてちょっとホッとしたことを覚えています。

やはり、午前中の早朝に試験を始めただけあってリスニングは絶好調。

日本のTOEICでは昼飯後に受験するのが常だったので、この時間帯の違いによる差はでかいですね。

 

続くリーディングも引き続き好調だったのですが、まさかの終了30分前にエナジー切れを起こしました。

ダブルパッセージを読んでも読んでもなかなか内容が頭に入ってこず失速。

結果的にトリプルパッセージの大問を読み終えないまま終了することになりました。

 

中国語のTOEICでよかったのが残り時間を知らせてくれたことですね。

教室前のプロジェクターには秒単位で残り時間がカウントダウンされていて、一秒単位で残り時間を正確に把握できました。

さらに、試験終了の

  • 15分前
  • 10分前
  • 5分前

には

ピロピロピロン

という音声が流れて、残り時間を気にしながら回答を進められるのが非常に良いなと思いました。

このプロジェクターの存在から、中国のTOEICでは腕時計が持ち込み禁止になっていたんでしょうね。

いやあ、日本のTOEICもこの残り時間のカウントダウンは導入したほうがいいですよ、絶対。

 

試験結果は二週間2週間後に出るみたいだったので、とりあえずテスト後はリラックス。

試験会場の近くにあった公園を散歩して帰宅しました。

 

オンラインで試験結果確認

試験から2週間経つと、オンラインで結果を確認できるようになります。

確認の仕方は簡単で、TOEICの公式ホームページからログインし、

一番右の「成績查询」をクリック。

すると、このような感じで成績表をされますね。

総合成績は「考试成绩」というところに書いてありますね。

今回、僕は

  • リスニング480
  • リーディング430

で合計910点みたいでした。

いやあ、やはりリーディングの後半の失速感がありましたからね・・・・あとリスニングで満点取れてないのもちょっと悔しい・・・・!

ただ、最低限の900点台を取れたのは良かったと思います。

まだまだTOEIC満点の道は長そうです。。。

 

コメントを残す