TOEICスコアを上げたい大学生は組織人を経験しよう




TOEICスコアを上げたい大学生向けの勉強法は??

どうも、Kenです。コーン、リピートしてます。

 

大学生が受験する英語能力テストして様々なものがありますが、中でも TOEIC は人気ですよね。

知名度が高く、就職の採用試験の面接でもハイスコアならばアピールポイントになり得るからです。

そのため、いい企業に就職したいという大学生は TOEIC でハイスコアをマークしておくことに越したことはないでしょう。

 

 

TOEICスコアを上げたい大学生は組織人になれ!

そんな TOEIC のスコアを上げたい大学生におすすめなのは、

大学生のうちに組織人を経験してしまう

ということです。

組織人とは、つまり会社で一度働いてみるということ。

なぜかと言いますと、

TOEIC は普通の英語テストというよりは、

会社人として英語でビジネスできるかどうか??

というビジネスにおける英語能力を測定するものなので、当然、問題のシチュエーションはビジネス現場の一場面が題材となっているからです。

つまり、このテストは会社人として英語を使って一人立ち出来るのか??

をテストしているわけです。

 

そのため、会社人を経験していない大学生や高校生にとっては TOEIC を受験することはかなり不利。

だって、大学生や高校生は会社人を経験したことがなく、未経験だからですね。

そのため、まだ会社人を経験したことがない大学生たちは、

TOEIC で使われる英語の場面を想像しづらい

というハンデを背負っていることになります。

 

これは例えるならば寿司を握ったことがない素人が、英語で寿司を語らされているようなもの。

英語能力が低くても、寿司を握ったことがある寿司職人に語らせた方がいいに決まってます。

 

そのため、まず大学生は

インターンシップなどを駆使して、どんな手段を使ってもいいので、会社人・組織人としての経験を積むことが TOEIC のスコア向上に繋がると思います。

これにより 、TOEIC で使われる英語の画面がはっきりとイメージしながらテストを受験できるようになるでしょう。

 

 

僕もそうだった

これは僕自身もそうでした。

大学生の時から英語のテストを受験するのが好きでした。

高校生の時に初受験した TOEIC では490点で悔しい思いをしたので、大学に入ってからは TOEIC の問題集などをしこしこ解き続けて、730〜880点ぐらいまで取れるようになりました。

しかし、その先がなかなか越えられませんでした。

いくらTOEIC の問題集解きまくっても、テクニックを学んでも900点の壁を越えられずくすぶり続けていたのです。

 

というわけで、900点の壁を越えられず就職することになり、ぼくは 会社員を1年半経験し(死にそうになったので辞めた笑)、いまはフリーランスになってから再び TOEIC を受験していました。

学生の時のように TOEIC 対策の勉強をしていないにもかかわらず、900点を超えることができ、今では940点のスコアを持つまでに至りました。

 

このように長年来られなかったこえられなかった900点の壁を突破できたのは、

会社人・組織人として一年半働いた経験が生きていると思います。

会社人の経験があったおかげで、TOEICにおけるありとあらゆる状況をイメージして理解できますので、使われる英語たちがとても身近に感じられるようになりました。

JohnとかJonnyとかMr. McGwireなどが目の前にいるかのような感覚で、 TOEIC を受験して、むしろテスト自体を楽しめるようになっていました。

 

このように組織人としての経験を得るだけでも、TOEIC のテストに対するハードルが下がります。

スコアが伸び悩んでいる大学生は一度インターンシップなどを駆使して、組織人を経験し、再びTOEICの世界に戻ってくると、違った目でTOEICを受験できると思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す