ためしてガッテン!TOEIC テスト当日の過ごし方




TOEIC テスト当日はどう過ごす??

どうも、Kenです。こめかみ、つけてみました。

 

日本で TOEIC テストは日曜日のお昼から始まることになっていますよね??

  • 12時半集合
  • 13時にテスト開始
  • 15時10分頃に解散

という流れになります。

そのため、TOEIC テストにベストコンディションで臨むためには、

集合時間までの午前中をどう過ごすか??

ということがトイックのテスト当日の過ごし方というものがものすごく重要になってきます。

スポーツ選手でいうところの、試合直前のコンディショニングに相当するもの。

 

どのような過ごし方をすれば本番の試験で最善のパフォーマンスを発揮できる??

を試行錯誤して見つけていかなければなりません。

 

実際に試してみた!TOEIC テスト当日の過ごし方

今日は何回か TOEIC のテストを受けて色々な過ごし方のパターンを試して、最も良いものTOEICテスト前の過ごし方を探っていこうと思います。

 

過ごし方1. 筋トレ(80点)

TOEIC のテスト前の午前中に筋トレをしてみました。

だいたい8時頃に起床し、ジムに行き、ベンチプレスを上げたり、腹筋をしたり、カールレッグなどをしたりしていました。

筋トレをするとテストステロンという男性ホルモンが分泌されますので、スカッとしますしなぜか気持ちい。

ぼーっとしがちな日曜の朝も目が覚めてシャキッとすることができました。

この筋トレ後の状態で TOEIC テストの会場に入ったところ、若干テスト中に上半身の筋肉の張りを感じてしまうことがありました笑

シャキッと目が覚めて覚醒するものの、このように筋肉に疲れが残ってしまいますので、リーディングのの後半には筋肉の疲れが出てきてしまうかもしれません。

 

過ごし方2. 朝寝坊する(47点)

日曜日の朝といえば朝寝坊です。

試しに前回の TOEIC テストで、くっそ朝寝坊してみました。

目覚ましをかけずに眠りについて、 SMAP のシェイクの歌のように

明日は休みだ、仕事もない、早起きなんか、しなくてもいい〜

という心境で眠りにつきました。

 

夜の12時ぐらいに眠りについたのですが、だいたい目覚ましをかけないと朝9時ぐらいに目が覚めました。

たっぷり寝たためか目覚めが最高で、ここ1ヶ月で最も体調が良いと感じていました。

ただ、朝寝坊してしまったので午前中にできることが減り、なかなか頭が覚醒しないまま TOEIC 会場に現地入り。

テスト本番を迎えたものの、起きるのが遅かったので若干心身共に準備体操できないままテストを受けねばなりませんでした。

また、いつもと違う時間に起きることになるので、習慣が破壊されて若干リズムが狂ってしまう可能性もあります。

この朝寝坊パターンは、最近疲労を感じていて、ぶっちゃけTOEIC どころではないと思っている方はこの方法がすすめですね。

 

 

過ごし方3. ちょっと寝坊して1時間ぐらい仕事する(98点)

今回は若干普段よりも多めに睡眠を取って、なおかつ、午前中に仕事をしてからTOEIC の本番テストを迎えてみました。

仕事と言っても、僕の場合はブログ記事の編集とかだったんですが、これを一時間半ほどテスト前に行うことにしました。

普段は6時半に起きていますが、TOEIC当日は9時ぐらいまでちょっと寝坊して起きて、10時ぐらいから一時間半ほどで作業することにしました。

そして、11時半頃に TOEIC の会場に移動し始めて、12時に到着してテスト受けてきました。

その結果、これが一番良い過ごし方だったと自負しています。

体は疲れていませんし、午前中にちょっと仕事することで脳が目覚めて、これまでにないベストコンディションで TOEIC を受験できました。

まだ結果出てないんですが、多分ハイスコアが出てるような気がします笑

 

コメントを残す