ミスしても大丈夫なの?TOEIC リスニング満点とるための正答率はどれくらいか




TOEIC リスニング満点をとるためにミスをしても大丈夫なの??

どうも、Kenです。四方から、追い込まれています。

 

TOEIC L & R を受験するにあたって成し遂げたかったのが、

満点を取るということです。

リーディングとリスニングのスコアで満点を取ることができませんでしたが、2018年の7月のテストでリスニングの満点495点を獲得することができました。

toeic リスニング 満点 正答率

念願のリスニング満点を獲得できたのでかなり心身ともに歓喜していたのですが、スコアシートを確認してみると、

正答率は100%ではない

ということに気がつきました。

TOEIC スコアシートのアビリティメジャー(アビメ)を確認してみたところ、

  • 短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる:93%
  • 長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる:96%

という2つのアビリティにおいて100%ではなかったのです。

toeic リスニング 満点 正答率

たぶん、2~3問ミスしていた可能性がありますね。

このように、正答率が100%ではなくてミスがあっても、リスニングの満点がとれるのはなぜなのでしょうか??

 

その答えは TOEIC のスコアの計算方法にありました。

じつは、 TOEIC のスコアの算出方法は次のようなプロセスを踏むようになっています。

  1. パーセンタイルランクを算出
  2. 「パーセンタイルとスコアの換算表」に基づいてスコアを算出

 

パーセンタイルランクを算出

まずはパーセンタイルランクを計算していくのですが、これは何かと言うと、

過去2年度において世界中で実施したTOEIC L&R の公開テストの全受験者の中において、自分のスコアに満たない受験者が何パーセントいるか??

ということを示した指標になっています。

例えば、パーセンタイルランクが50%だった場合、自分のスコアに満たない受験者が過去2年度における受験者の中で50%が満たなく、そのもう半分の受験者たちは自分よりも高いスコアを とっているということになるんですね。

過去2年度とは、テストが実施された前年、前々年度をさします。

例えば、2018年のTOEIC試験でしたら、2016年1月〜2017年12月までの受験者がパーセンタイルランクの母集団になります

 

 

換算表に基づいてスコアを算出

続いて、このパーセンタイルランクに基づいてスコアを弾き出して行きます。

スコアの算出の仕方は簡単で、こちらのパーセンタイルランクとスコアの対応の表を元に、自分のパーセンタイルに当てはまるスコアをみていけばいいことになります。

それでリスニングの満点を取るためには、

パーセンタイルランクが97である必要があります。

 

つまり、過去2年度分のテストにおいて全受験者の中で、

上位97%に位置していればいいわけです。

 

つまり、97%の受験者よりも正答数が高ければ97%のパーセンタイルランクがゲットできるわけですね。

具体的にこの「過去2年度分のテストで上位97%に入るための正答数」は公開されていないので定かではありませんが、僕は確実に2問は今回間違えていたので、この過去2年度では、

2問(もしくは3問)まで間違えても満点がとれる

と言えそうです笑

 

 

結論:TOEIC リスニング満点を取るためには2~3問(できれば2問ミス)まで

以上がTOEIC リスニング満点を取るための正答率についての考察でした。

リスニング満点をとるためにはパーセンタイルランクで97%叩き出す必要があり、これはおそらくミスの数でいうと2~3問。

やはりTOEICで満点をとるためには気を抜いてられず、一度リスニング満点をとったからと行って継続できる保証はどこにもありません。

 

現に、先ほどリスニング満点をとった試験の次に受けたTOEICの結果(2018年9月9日)が返ってきたのですが、

  • リスニング:475
  • リーディング:385
  • 合計:860

という感じで、リスニング満点を逃し、さらにリーディングでもスコアを落とすという無残な結果に終わりました笑

ぐ・・・・・TOEIC総合スコアの満点の道は遠い・・・・

 

それでは!

Ken

Ken Sawai

KENGLISHにて編集・執筆担当。
TOEIC L&R 940点、TOEFL iBT94点ぐらいの英語オタク。中高大学で10年英語を勉強しても何も英語が話せなかった経験からアメリカ留学を1年経験

コメントを残す