TOEIC L&Rリスニングで満点を取る4つのコツ




TOEIC L&Rリスニングで満点を取るコツある??

どうも、Kenです。刺激、されてます。

 

2018年7月、 TOEIC L&Rの試験でついに、

リスニングの満点495点

をとれました。

リーディング満点には遠いですが、ようやくリスニングで満点獲得。

今日は満点を獲得するために編み出した「リスニングのコツ」を書いておきますね。

勉強法というよりはテスト当日に実践できるコツです

 

TOEICリスニングで満点を取るために実践した回答のコツ

TOEICリスニングの回答のコツはこちら。

 

コツ1. 「Part1のディレクション時間」を有効活用

TOEIC のリスニングにおいて鍵を握っているのが、

Part1のディレクションの時間です。

ディレクションとは、問題の説明の音声が流れる時間のこと。

TOEICでは、Part1 が始まる前に「お決まり説明文」が流れますが、この時間がすこぶる長いのです。

LISTENING TEST
In the Listening test, you will be asked to demonstrate how well you understand spoken
English. The entire Listening test will last approximately 45 minutes. There are four parts, and
directions are given for each part. You must mark your answers on the separate answer sheet.
Do not write your answers in your test book.

PART 1
Directions:
For each question in this part, you will hear four statements about a picture in your
test book. When you hear the statements, you must select the one statement that best
describes what you see in the picture. Then find the number of the question on your answer
sheet and mark your answer. The statements will not be printed in your test book and will be
spoken only one time.

LISTENING TEST
In the Listening test, you will be asked to demonstrate how well you understand spoken
English. The entire Listening test will last approximately 45 minutes. There are four parts, and
directions are given for each part. You must mark your answers on the separate answer sheet.
Do not write your answers in your test book.
PA RT 1
Directions:
For each question in this part, you will hear four statements about a picture in your
test book. When you hear the statements, you must select the one statement that best
describes what you see in the picture. Then find the number of the question on your answer
sheet and mark your answer. The statements will not be printed in your test book and will be
spoken only one time.

Statement (C), “They’re sitting at a table,” is the best description of the picture, so you should
select answer (C) and mark it on your answer sheet.

TOEIC Sample Testより

時間にしておそらく「2分ぐらい」あると思います。

 

この空白の2分をどう使うか??

そのような「時間に対する貪欲さ」がスコアを左右するといっても過言ではありません。

リスニング中にリーディングを解くのはルール上禁止されているので、

「Part3設問文の先読み」をこの間にしておくといです。

 

Part 3では長めの会話と、それに対する設問に答えていく問題。

ここでは、

問題文を先読みしてリスニングを聞きながら回答する

という「先読み」が必須なのです。

そのため、Part3の先読みを 「Part 1の説明文が流れている空白の時間」にやってしまおうぜ、というわけ。

 

ただ、ここではがっつり設問を読む必要はありません。

さらっと設問と選択肢を読んで、

会話がどういうシチュエーションで行われるのか??

を予想するのです。

 

Part 3はPart1、2のあとにやってくるので、それほど力まずに「かるーくイメージ」しておけばいいですよ。

とにかく、Part 1の説明時間をぼーと座って過ごすのはやめようという提案です。

問題のテープを破った瞬間に、すでにTOEICは始まっているのです。

 

Part1・2におけるマークシート移動術

Part1、Part2では、流れてくる音声に対して正しい回答を選びます。

ここで使えるのが「マークシート移動術」という技。

まず A から順番に英文が流れてくるので、最初は「A」の上に鉛筆の先をおきます。

そこから順番に鉛筆を右に移動させ、正解だと思った選択肢の上で鉛筆を静止。

そして、最後の選択肢を聴き終わってから、鉛筆がおいてあるマークを塗りつぶすようにします。

 

例えば、Part1の問題を考えてみましょう。

まずはAの上に鉛筆の先をおきます。

toeic リスニング 満点

で、Aをきいて「Aじゃない」と思ったらBの上に鉛筆を移動。

toeic リスニング 満点

「Bでもない」と思ったらCに移動。

toeic リスニング 満点

「あっ、Cじゃね?」と思ったらCで鉛筆を止めます。

toeic リスニング 満点

Dを聞いているときもCの上に鉛筆を置いておき、

toeic リスニング 満点

Dを聴き終わってCが正解だと確信したらCを塗りつぶす、

という流れです。

Part1 とPart 2で試してみてください。

 

Part2では「違和感」を察知する

個人的にTOEICのリスニングテストで一番難しいと思っているのが、

2番目の「Part 2」です。

Part 2は、短文に対する答えを3択から選ぶ問題。

一見簡単のように思えますが、

なにせ、

情報量が少ない!少なすぎる。

英文が使われる状況のヒントが少ないので、シチュエーションが想像しにくく、集中力が切れると聞き逃すこともあります。

 

特に、前半と後半で「解答の質」が異なっているのがえぐい。

前半では、疑問詞に対する適切な答えを選べばよいので簡単です。

whenだったら時間、whereだったら場所、whoだったら人、という感じですね。

しかし、後半はレベルアップして、

型にはまらない会話形式になっているのです。

 

このPart2の後半では、

いかに会話の違和感を察知できるか??

が重要になってきます。

どの選択肢がスムーズに会話されているか?

がわからないと答えられません。

When、Where、Whoだけでは決して答えられない質問が続出するのは「Part 2のいやらしいところ」です。

 

そのため、このPart2の後半では、

会話の違和感を察知する能力

が必要なのです。

この力をつけるためには、

ネイティブ同士の会話をききまくるしかありません。

 

一番いいのが「映画鑑賞」。

日本語字幕でもいいので、英語の音声でみると、実際の英会話を2時間ぶっ続けできけますからね。

あとはなんでしょう、実際に留学したりして実践的な英語を聴きまくるしかないです。

このように、英語コミュニケーションにおける地力を試されるのがPart2の後半です。

 

Part 3と Part 4で「先読み」は必須

「長めの会話文・ナレーションを聞いて設問に答える」

というPart3、Part4。

TOEICリスニングで親玉のような存在ですが、このタイプの設問では「先読み」が必須です。

  1. 問題が流れてくる前に質問を読む
  2. 質問と設問を読む
  3. 英語の音声を聴きながら答える

という順番で解くことになります。

先に設問と答えを読んでから英文を聞かないと、正直、これは無理な問題です。

 

設問・解答を事前に読んで、

会話やナレーションでどの情報をおさえるべきなのか?

を事前に把握するようにします。

これができると、リスニング音源が流れてきている間に回答がすべて終了。

音源が設問を読み上げている間に、次の設問の先読みをする、というリズムが生まれてきます。

これができてくると、会場にいる誰よりもページをめくるのが速くなるでしょう。

 

さあ、TOEICのリスニングで満点をとっていこう

以上、 TOEICリスニングで満点を取るためのコツです。

回答術はすぐに実践できるものですが、最終的には

英語リスニングの地力が問われます。

いくら技を知っていても、リスニング力がないと「術」を使えませんからね。

 

リスニングの基礎体力を上げるためには、

  1. 発音の習得
  2. 多読
  3. 英語をきいた絶対時間

がものをいいます。

英語を勉強して、リスニング力を鍛えつつ、回答のコツを実践してみてください。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す