もう混乱しない!TOEIC L&RリスニングPart3・4で先読み方法




TOEIC L&RリスニングPart3・4で先読みってどうやるの??

どうも、Kenです。木の棒、処理します。

 

TOEIC のリスニングの山場として知られる Part 3と4。

この Part 3と Part 4の設問は英会話文やらナレーションが流れてきてて、それに関する設問を3問答えるという問題になっております。

この問題を解くにはリスニング力がもちろんのこと、設問文を素早く読んで理解するリーディング力も要求される大変タフなテストになっています。

そんな TOEIC リスニング Part 3と Part 4を攻略するための必勝法としてたら知られるのが

先読み

という技。

つまり、会話文やナレーションが流れてくる前に質問文と選択肢を先に読んでしまい、それをもとに音源を聞きながら答えていくという方法ですね。

ぼく自身、TOEIC L&Rのリスニングで満点取れるようになったのはこの「先読み」という技をマスターしたからと言っても過言ではありません。

Part 3と Part 4を攻略するためには間違いなく先読みが必須になってきます。

今日はぼくが編み出したTOEIC L&RのPart3、4で使える先読み方法を忘れないうちにメモしておきます。

 

TOEIC L&RのPart3、4で使える先読み方法

TOEIC L&RのPart3、4で使える先読みは次の5つの手順でやってみてください。

 

1. 先読みの「貯め」を作る

まず最初にやるべきことはリスニングの最初に流れる Part 1のディレクションの時間を使って先読みの「貯め」を作るということです。

リスニングの一番最初にPart1の説明の音声が3分ぐらい流れることになりますが、この時間をぼーっとしてはいけません。

この時間をPart 3の先読みに当てましょう。

toeic 先読み コツ

Part 3の一番最初の設問である「32〜34」と「35〜37」の2つの大問の質問と選択肢に目を通しておくのです。

この先読みの貯めを作ることにより、リスニングでPart3にさしかかったときに先読みが若干楽になるでしょう。

ただ、Part1Part2の後にやってくる Part 3なので、それほど気合を入れて先読みをする必要なく、質問文と選択肢を読んで、大まかな会話の流れを想像して楽しむぐらいの気概でいいと思います。

とにかく、Part1のディレクションの時間を無駄にせず、先読みを行っておくことが後に Part 3 Part 4の先読みに効いてきます。

 

2. まず質問文を読む

先読みする対象として、

質問文と選択肢

の2箇所があると思いますが、まず1回目の先読みでは「質問文」を読むようにしましょう。

例えば、問32の質問文を読んで選択肢を読まず、問33の質問文を読んで選択肢を読まず、問34の質問文をよむというように、一つの会話文ナレーションに対する質問文のみ目を通すようにしましょう。

たとえば、

33. What does the man say is in the brochures?

A. Customer service desk location

B. Town maps

C. City tour timetables

D. Information on prices

(TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 990点制覇より)

という質問文と選択肢があったら、

「What does the man say is in the brochures?」

だけとりあえず読むということです。

全部で3つの文なのでそれほど時間をかからずに先読みできますので、時間がなくて先読みが間に合わなそうな時にまずは質問文を読むようにするといいです。

 

3. 余裕があったら選択肢を読む

質問文を読み終わってまだ時間のに余裕がありましたら、2回目に

質問文と選択肢を両方読んでいきます。

選択肢には具体的な情報が含まれていますので、問題文が読まれる問題文の状況を想像しやすくなります。

例えば

33. What does the man say is in the brochures?

A. Customer service desk location

B. Town maps

C. City tour timetables

D. Information on prices

(TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 990点制覇より)

という質問文と選択肢だったら、

  • Customer service desk
  • Town maps
  • tour timetables
  • brouchures

という英単語たちを眺めると、

ふ〜ん、これ、観光系の話なんじゃね?しかも、男が観光で飯食ってそうだな

と会話文が行われるだいたいのシチュエーションに検討をつけることができます。

 

4. 聴きながら問題を解く

会話文やナレーションが流れてきましたら、その英語を聴きながら問題を解いていきましょう。

先読みしているので、答えるべき必要な情報というのはあらかじめわかっています。なんとなく。

そのため、質問文に答えるために必要な情報が出たら、その瞬間にマークシートにマーク。

ここでポイントになってくるのは、

必ず答える順番は守ってくれている

ということです。

つまり、1問目の質問の答えがまだ聞こえてきていないにもかかわらず、3つ目の質問のヒントが出てるということはありえなくて、設問の順番に答えの情報が出されていきます。

上から順番に見ながらといていて、全く問題ありませんね。

この点はやはりテスト作成側のETSとしてを先読みを想定しているので、このように順番守ってくれているのではないかと思います。

 

5. 質問の読み上げ時に次の先読みを行う

会話文、ナレーションの読み上げ終わると、次はご丁寧にも先読みした質問文を英語で読み上げてくれます。

先の例ですと、

33. What does the man say is in the brochures?

 

(TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 990点制覇より)

だけ読んでくれるというわけです。

 

この時にぼーっとしていてはダメで、次にやるべきこととしては

次の問題の先読みです。

ひとつ前の質問文が読み上げられている時間に、次の3つの問いの文の先読みを行うようにしましょう。

toeic 先読み コツ

そして、会話文・ナレーションが流れてきたら先読みした情報をもとに、聞きながら回答し、音源が終わったらまた、次の問題を先読みするというリズムになります。

このリズムを崩さないようにすればPart3Part4話簡単になるはずですよ。

 

 

TOEICの先読みはテクでありソリューションではない

以上がTOEIC L&RのPart 3 Part 4で使える先読み方法でした。

TOEIC のリスニング満点を取るためには先読みは必須ですが、ぶっちゃけ、

ベースとなる英語基礎力がなければ先読みというテクニックは機能しないと思います。

先読みにはリーディング力が必要ですし、音源を聞きながら先読みした情報をもとに問題文に答えていくことになるので、リスニングの基礎力も必要です。

そのため、先読みしたからといって高得点にはなりませんが、高得点を取るためには先読みが必要になります。

つまり、先読みはTOEICの高スコアのための十分条件のようになっているとは思っていいですね。

 

僕自身、不十分な英語力だったときはこの先読みをやるときやると、かえって混乱してしまうことがありました。TOEIC攻略本に「先読みするといい」と書いてあったので真似してみたんですけどね。

「いやいや、先読みしても、先読みした情報をもとにリスニングするとか無理だから笑」

思っていましたし

「ふざけんな先読み論者」

と、先読みをおすすめする人を逆恨みしたりしてしまいました。

 

しかしながら、英語の基礎力がついてきて、リスニング満点を取れるようになった今と思えば、

この先読みは必須と思います。

 

先ほども言いましたが、先読みしなければ満点を取れませんが、先読みしたからといっても満点が取れるわけではありません。

めげずに英語の基礎力の鍛錬を続けていけば、いつの日かこの先読みがずっとできる日が来ます。

日頃から英語基礎力を上げ続け、テストでは先読みを試してみてください。

この先読みができてくると、 Part 3と Part 4は簡単になります。

ヒントが多い問題となるので、むしろ難しいのはPart2になってきます。

あいつらは一瞬の情報をもとに正しい選択肢を選ばないといけませんからね。

是非 TOEIC のリスニングで点数を上げたいと思っている方はぜひ先読みをトライしてみてください。

 

それでは!

Ken

Ken Sawai

KENGLISHにて編集・執筆担当。
TOEIC L&R 940点、TOEFL iBT94点ぐらいの英語オタク。中高大学で10年英語を勉強しても何も英語が話せなかった経験からアメリカ留学を1年経験

コメントを残す