TOEICに最適なシャーペン!ぺんてるの「マークシートシャープ」がおすすめ




 TOEICで使えるシャーペンってあるの??

どうも、Kenです。わかめ、泳がせてます。

 

ビジネスパーソン向けの英語テストTOEIC。

マークシート式テストなので、点数を稼ぐためにマークを塗りつぶさなければなりません。

したがって、すべての受験者は

鉛筆もしくはシャープペン

を持参するのですね。

>>詳しくは「TOEICの持ち物リスト」へ

 

しかしながら、TOEICでシャープペンシルを使うのは不便きわまりないです。

普通のシャープ芯(0.5mm)は色ぬりに適していないのです。

ほとんどの受験者は鉛筆を使っているでしょう。

 

ただ、「鉛筆」は最近使わなくなってきているのも事実。

僕自身、もはや TOEIC ために鉛筆を保持しているようなものです。

なんとかして、シャーペンでTOEIC受験できないかと模索してみました。

 

そこで発見したのがマークシート専門のシャープペンシル、

マークシートシャープ

です。

toeic シャープペン おすすめ

マークシート専門のシャープペンシルなので、もちろんTOEICにも使えます。

マークシャープには

  • HB
  • B

の2タイプありますが、TOEICは「HB」を推奨しているので「HBタイプ」を購入してみました。

 

 

TOEICで大活躍!マークシートシャープの基本スペック

まずは基本スペックから見ていきましょう。

toeic シャープペン おすすめ

ぺんてるのマークシートシャープは

長さ14 cm、幅1 cm弱。

toeic シャープペン おすすめ

質量を測ってみたところ、

8.8 g

ありました。

toeic シャープペン おすすめ

鉛筆と同じぐらいで軽く、手に負担をかけずに握り続けられるでしょう。

 

グリップあり

またグリップも標準装備。

長方形の突起が1列6箇所あり、それが1周360度ぐるっとついています。

toeic シャープペン おすすめ

これなら滑らさずに握られるでしょう。

 

芯は13mm

気になるシャープペンの芯の太さは、

13 mm。

toeic シャープペン おすすめ

通常は0.5mm 芯なので、マークシート用シャーペンは2倍以上太い芯を利用しています。

13mmの芯をお持ちでない方は、マークシートシャープと一緒に太い芯も購入しましょう。

また、ありがたいことに

  • 本体
  • 替え芯
  • 消しゴム

の3点セットも販売されています。

一発でテストキットをそろえたいならセットのほうがおすすめですね。

 

 

消しゴムも付いている

消しゴムも標準装備。

キャップを外せば誰でも消しゴムを使えます。

toeic シャープペン おすすめ

消しゴムがペンについているので、ぶっちゃけマークシートシャープさあればTOEIC受験できますね。

ぼくは念のためにマークシャープの他に普通の消しゴムを持参していますが。

 

マークシートシャープを使ってみた感想

以上、マークシートシャープの基本スペックでした。

最後に、このシャープペンシルがTOEICのマークシートで使えるのか検証してみることに。

TOEICのサンプルマークシートにマークしてみました。

toeic マークシート マークシートシャープ

実際にマークしてみたところ、

鉛筆よりもすべすべ感がありました。

toeic シャープペン おすすめ

鉛筆でマークする時は、鉛筆独特の「カリカリ感」がありました。

なんというか、カサカサする感触があったのですが、マークシートシャープは一味違ったのです。

 

氷上を木棒が滑るごとく、

スーーーーっ

といった書き心地。

滑らかなこともあって、少ない労力でマークできる気がします。

toeic マークシート マークシートシャープ

鉛筆のかわりにマークシートシャープを使うメリットは、書き心地の他に、

芯を複数本忍ばせられる

という点でしょう。

マークシートシャープに芯を複数本仕込んでおけますので、芯が折れても大丈夫。

まだ次の芯がありますからね。

 

鉛筆を使っていた時は、

ぜんぶの鉛筆が折れたらどうしよう・・・・

という「鉛筆ロスト」の恐怖がありました。

鉛筆削りはテストで持ち込めないので、すべて折れたらゲームセットなわけです。

一方、マークシートシャープを使えば、芯が全滅する恐れはありません。

TOEICに臨む時の安心感が違いますね。

 

TOEIC用のシャープペンを探している方は、マークシートシャープを使ってみてくださいね。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す