【徹底検証】TOEIC対策は一夜漬けでなんとかなるのか?




TOEICテスト本番は意外にもすぐにやってくる

どうも、Kenです。アイロン、オフです。

 

TOEICテストを申し込むと意外にも、

テスト本番は早くやってきます。

本番2週間前ぐらいに受験票が届き、受験地を確認し、

「ふう・・・」

と息をついているとあっという間にTOEIC本番。気づいたら、

「あれ、TOEIC明日じゃね?」

という状況に追い込まれていることがあります。

 

これまで、TOEIC対策を具体的にしてきませんでしたが、前回スコアが落ちてしまったので勉強をしようと思っていました。

 

TOEIC対策 一夜漬け

900点を超えるためだったらなんだってする。そんな心意気でした。

 

しかし、やはり人間は怠惰な生き物で、

気づいたらTOEIC前日

ということは起こり得るのです。

 

何としても900点を突破したかったのでテスト前日に急いで近所の本屋に直行。

TOEIC対策 一夜漬け

「TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 990点制覇」という書籍を購入し、家に持ち帰ってみました。

TOEIC対策 一夜漬け

 

TOEIC対策を一夜漬けでやってみた

前回、リーディングのスコアを落としてしまったので、もちろん対策はリーディングに絞りました。

1日10分で取り組める分を24日分収録した問題集で、1日ごとの問題がリーディングとリスニングに綺麗にわかれていました。

そこで、リーディングの問題が収録されたDAY 14から勉強を開始。

TOEIC対策 一夜漬け

すでに時刻は22:20を回っていましたが、そんなの知ったこっちゃありません。

明日がTOEICなので、一夜漬けでリーディング力をつけねばなりません。

TOEIC対策 一夜漬け

ぼくが取り組んだDAY14はリーディングの問題の種類をすべて網羅しており、

PART5・6の穴埋めから、PART 7の長文問題まで10問(1日分)取り組めました。

 

がしかし、あろうことかぼくはここで息切れ。

時刻は22:50を回っており、睡魔と日中の疲れが襲ってきたのです。

TOEIC対策 一夜漬け

「TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 990点制覇」のリーディングの問題に全て取り組み、990点を取る気満々だったのですが、ここで挫折。

結局、1日分のリーディング問題を10問解いて終了しました笑

 

 

結論:TOEIC対策は一夜漬けでは無理w

以上、TOEIC対策を一夜漬けでやってみた体験談でした。

やはり、

TOEIC対策は一夜漬けでは無理だった。

いや、頑張ればいけるのかもしませんが、前日に徹夜して、ボロボロで本番を迎えるのは望ましくないです。

なぜなら、TOEICテストは2時間にも及ぶ長時間テストだからです

リスニングでは聞き逃しがないように集中する必要があり、ほんの一瞬の睡魔が命取りとなる厳しい世界です。

一夜漬けでテスト本番を迎えるよりも、ぼくのように

ちょっとTOEICに触れて(30分ぐらい)寝る

のが一番です。

TOEICの感覚を前日に呼び覚ます程度でいいでしょう。

 

TOEIC対策というか、

英語は一夜にしてならず

という側面があるので、日頃からコツコツと取り組むようにしましょう。

 

後日談

結局、30分しか一夜漬けの勉強ができませんでしたが、一夜漬け対策したTOEICで念願の900点を越えられました。

前回落としたリーディングを25点アップできたのが大きかったですね。

もしかしたら今回のように少しだけTOEIC対策して寝るのが効くのかもしれませんね。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す