TOEICリスニングPart 1で「ヒト」が写っている問題の解き方




TOEICリスニングPart 1で「ヒト」が写っていたらどうする?

前回、TOEICのリスニングのPart 1の問題は、

  1. ヒトとモノが写っている写真
  2. モノのみが写っている写真

の2種類に分かれると解説してきました。

今回は1つ目の「ヒトとモノが同時に写っている問題」の解き方を紹介します。

 

選択肢のパターン

ヒトとモノが同時に写っている写真の場合、選択肢のパターンは次の2つに大きく分かれます。

  1. ヒトを描写している選択肢
  2. ヒトをスルーしてモノだけを描写している選択肢

 

まずは前者の「ヒトを描写している選択肢」を攻略していきましょう。

もう1つの「ヒトをスルーしてモノを描写している選択肢」は、「モノのみが写っている写真」の問題の選択肢と同じなので、後々解説していきますね。

まずはヒトが写っている写真特有の、

ヒトを描写している選択肢を攻略していきましょう。

 

選択肢の基本形

「ヒトを描写している選択肢」の英文の基本形は十中八九次の基本形になります。

 

ヒトの主語 + be動詞(現在系) + 動詞のing形

 

つまり、これは現在進行形で、

「ヒト」が「〇〇」をしている

ということを表す文章なんです。

写真に写っているヒトが「いま」何をやっているか、という行動を描写した選択肢ばかり。

つまり、

そのヒトの過去については1mmも触れていないわけです。

 

短縮系が頻出

それから知っておきたいのは、選択肢で短縮形がよく用いられること。

どこで短縮されるかというと、

主語 + be動詞

のところを1つにまとめる短縮形。

 

例えば、

She is

だったら

She’s

の一単語に短縮されます。

この短縮系がゆえ、主語とbe動詞が流れるように発音されるのでご注意ください。

 

ヒトに注目する

そして、この基本形が分かった上で意識したいのは、写真内で注目するポイントです。

ずばり、「ヒトとモノが写っている写真」では、

写真の中の「ヒト」に注目しましょう。

 

ヒトが写っている写真が出題されたら、まずモノは一旦置いといて、写真の中のヒトに注目。

そして、ヒトに関する次の4つの情報を探すようにしてください。

  • ヒトは何人いるのか?
  • 性別はどっち?
  • 何をしているのか?(動作)
  • どこら辺にいるのか?(場所)

 

例えば、次のような写真があったとしましょう。

この場合、

  • 人数:1
  • 性別:女性
  • 動作:本を読む
  • 場所:壁際

というように4要素を瞬時に把握できるように修行しましょう。

 

ヒトのパターンを覚えておく

そして、この

ヒトの主語 + be動詞(現在系) + 動詞のing形

という文章のパターンは実に限られています。

なぜなら、ヒトの主語に入る名詞が数パターンに限られているからですね。

詳しくは『「人と物」の写真の選択肢における主語のパターン』に書きましたが、ずばり、

  • 代名詞
  • 男女
  • 人々
  • 特殊名詞

の4パターン。

主語のパターンが限られているので、ヒトが全く写っていないものだけの写真よりも、ヒトが写っている問題の難易度は下がる傾向にあります。

TOEICのリスニングを攻略したいと思い立ったら、まずはPart 1のヒトが写っている写真の問題を100%正答できるようにしましょう。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す