受験ごとに溜まっていく!TOEIC スコアシートの処分方法




TOEIC のスコアシートを放置しておくと・・・・

どうも、Kenです。キモ、入れてますね。

 

TOEIC を受験しすぎると溜まってくるのが、

スコアシート

というやつです。

TOEIC のスコアはオンラインでも確認できますが、成績証明書として有効なのが紙バージョンのスコアシート。

テスト受験から1ヶ月後ぐらいにに自宅に送られてきますよね。

1回の受験ごとに

  1. TOEICスコアシート
  2. テスト結果のデータ

という2枚の紙が届くと思います。

そのため、1回の TOEIC の受験で2枚の紙が自宅に届く事になるので、10回 TOEIC を受験したら20枚、100回受験したら200枚のシートが溜まってしまうことになるのです。

TOEICが大好きで毎月受けている方は気づいたらシートまみれになってしまう恐れもあるのです。

 

「だったら普通に捨てたらいいんじゃね?」

と思うかもしれませんが、そうやすやす捨てられないのです。

なぜならこ、TOEIC のスコアシートは公式の成績証明書として使うことになりますので、就活や入試で大活躍するからです。

捨ててしまうとスコアの証明が出来なくなってしまうので、せっかく受けた TOEIC が水のままになってしまいます。

さああ、困った。

 

そこでおすすめしたいのが、

TOEIC のスコアシートをスキャンして PDF データだけ残して原本は処分してしまう

という方法です。

これならいざというTOEIC スコアシートが必要な時に、スキャンしておいた PDF ファイルを印刷し、それを成績の証明書としてのコピーとして提出すればいいからですね。

これなら紙のTOEICスコアシートの保存場所は取りませんし、何枚でもスコアシートのコピーを発行できちゃいます。必要とあらば。

 

 

TOEIC のスコアシートをスキャンして処分する方法

その TOEIC のスコアシートをスキャンして保存するためには次のアイテムが必要になってきます。

  • スキャナー
  • シュレッダー

 

スキャンする

まずは TOEIC のスコアシートをスキャンします。

スキャンにはスキャナーを使うことになるんですけれども、僕が使っているのは 「ScanSnap iX500」というもの。

電子書籍の自炊によく用いられているので、僕自身も電子書籍を作るために購入したものです。

こちらは のスキャナーに電源を入れて、パソコンに無線か有線でつないでやります。

その状態で、スキャナーにスコアシートをセットして青いボタンを押してやると、2秒ぐらいで2枚のスコアシートが PDF ファイルに変換されてパソコンに保存できるのです。

 

原本をシュレッダーにかける

あとはスコア TOEIC スコアシートの原本を処分する方法ですね。

実はこのスコアシートには、

  • 名前
  • 生年月日
  • TOEIC のスコア
  • 住所

などの個人情報が一通り掲載されてしまっていますので、そのままゴミに捨ててしまうと出すのはおすすめしません。

この個人情報が詰まったTOEICスコアシートはシュレッダーにかけて処分するのがいいでしょう。

ぼくはコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」を利用してみました。

最初はもがき苦しんで取得した TOEIC スコアシートを シュレッターにかけて処分するのは心苦しいかもしれませんが、慣れてくるとむしろ気持ちよくなってきます。

この作業により、現物のスコアシートは失われてもデータは半永久的に残ることになるからですね。

 

クラウドに保存

後はスキャンした TOEIC のスコアシートの PDF ファイルのデータを無くさないようにするだけです。

おすすめなのはクラウドストレージサービス上にデータを保存しておくということです。

僕は Dropbox というサービスを使っていて、こちらに TOEIC のスコアシート用のフォルダを作成してそこにどんどん PDF ファイルを入れていくようにしています。

僕は有料の有料会員のDropbox Plusプランに契約しているので、なんと1テラバイトまでファイルをアップデートアップロードできます。

TOEICスコアシートのPDF ファイル 1つあたり2 MBぐらいなので、計算してみると、

50万枚

のスコアシートを Dropbox に頑張れば収納できそうですね。

これなら一生文の TOEIC スコアシートを一元管理できそうです。

興味がある方はこちらのリンクから Dropbox に登録してみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す