TOEIC問題冊子のテープを最速で切る方法




 

TOEICリスニングでじわじわ効いてくるのが、

問題冊子のテープの切り方

です。

ご存知の通り、冊子はテープで閉じられており、開けられぬよう工夫されております。

問題冊子のテープを切ってください

という合図後、テープを切り、リスニングPart 1 の説明が始まります。

 

 

この特性を鑑みるに、

テープ切断時間が短いほど、Part 1の説明を多く聞ける、といえます。

前回紹介しましたが「Part 1 の説明時間」は「Part3の先読み」に割り当てられます。

決して無駄な時間ではありません。

 

 

とどのつまり、これは、

テープを切る速度がはやいほど、先読み時間が増加することを意味しています。

いち早く冊子のテープを切り開き、先読みを始めたものがリスニングを制するのです。

 

 

それでは、どの切り方が最善の一手なのでしょうか。

問題冊子は

  • オモテ表紙
  • ウラ表紙

がつなぎ合わせており、テープはなかなかに硬いです。

真ん中で切りに行くと、苦戦して思わぬ時間ロスに繋がります。

 

そこで、オススメなのが

テープを切らずに紙を破く技です。

表紙をテープに合わせて切っていきます。

ページが破ける範囲は広がりますが、テープ自体と戦わないこともあり、

テープを切るより破きやすいのです。

結果的に、短時間で冊子を開封できるでしょう。

 

漫然とやりがちなこの「TOEICテープ開封」という儀式。

熟練者たちはこの段階から動き出しており、じつは戦いは始まっていたのです。

経験を積みながら、最適なやり方を模索してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す