TOEIC問題冊子のテープを最速で切る方法




 

TOEICリスニングをスコアにじわじわと効いてくるのが、

問題冊子のテープの切り方

です。

ご存知の通り、TOEICの問題冊子はテープでくっついて、テープを切らないと問題冊子を開けないように仕上がっています。

問題冊子のテープを切ってください

という合図の後に、テープを切り、そして、TOEICのリスニングPart 1 の説明が始まります。

 

 

テープを切る速度が速いほど、Part 1 の説明を多く聞けることになります。

前回紹介しましたが「Part 1 の説明時間」は後々くるPart3の先読みに割り当てられますので、決して無駄な時間ではありません。

 

 

とどのつまり、これは、

TOEICのテープを切る速度が早いほど、Part 3を先読みできる時間が増加することを意味しています。

もちろん、先読み時間は長いほどをたくさん質問の情報を取得できますよね?

いってしまえば、

いち早くTOEIC問題冊子のテープを切り開き、Part 3の先読みを始めたものがTOEICのリスニングを制するのです。

 

 

それじゃあ、どうやって問題冊子のテープを切るのがいいのでしょうか?

実TOEICの問題冊子についているテープは、冊子がめくれないように

  • オモテ表紙
  • ウラ表紙

をつなぎ合わせていて、はなかなかの剛性を持っている硬いテープです。

 

普通に真ん中で切りに行ってしまうと、なかなか切れずに苦戦して時間をロスする可能性もあります。

感覚値としてはセロテープより、いや、ガムテープよりも強固で切りにくいテープです。

何やら「厚紙」でできたテープを切らされているような硬さがあります。

 

そこで、僕がオススメするのは、

テープを切らずにテープの周囲の紙を破くという方法です。

図で表すとこんな感じですね。

テープが付いている問題冊子の表紙をテープの周りに合わせて切っていきます。

多少、ページが破けてしまう範囲は広がりますが、テープ事態を切らずに問題冊子の表紙の紙を破くことになり、

テープを切るよりも破きやすいのです。

結果的に、テープに着手するよりも短時間で問題冊子を開封できるんですね。

 

何も考えずにTOEICを受験してしまうと、漫然とやりがちなこのテープを切るという儀式。

しかし、TOEIC熟練者から見ると、テープを切る段階からすでに戦いは始まっているのです。

どのテープの切り方がいいのかは最終的には個人の好みにもよりますので、本番での経験を積みながら、自分に最適なTOEICの問題冊子を開く方法を模索してみてください。

 

それでは!

Ken




TOEIC L&Rリスニング満点ガイドブック

TOEICのリスニングを苦手としている方におすすめです。リスニング265点だった著者が満点495点をとれるようになった勉強法を紹介します。




コメントを残す